必ず就職に役立つ!実践的に学べるEton Collegeのご紹介!!


先日、大学を一年休学し、ナデシコ留学を通してESLへ留学しているMちゃんが、ESL終了後のステップアップにEton Collegeへの入学を決めて入学しましたー!

日本へ帰国すると就職活動が始まるMちゃん。
その就職活動・また就職後に必ず役立てることと信じています!

本日は、そのEton Collegeの主にMちゃんが入学する“Travel and Tourism Manegement Diploma”について皆さんにプログラムを紹介したいと思います!


バンクーバーは年々観光客が増加しているため、観光業がとっても盛んです。そういったことからバンクーバーでは、特に観光・航空・ホスピタリティーの需要がどんどん増えています。
その需要を満たすべく、主にその3つに特化している政府指定の私立のカレッジ、Eton Collegeはもってこいですね!!


それでは、先日、Mちゃんの付き添い兼、お勉強でEton Collegeへ行ってきたので、写真を入れながら紹介していきます。

Eton Collegeは、キャンパスが二つあり、バンクーバーのメインストリート駅から徒歩5分の位置にある小規模な学校です。

もう一つのキャンパスは、バンクーバー北西に位置する大自然豊かなパウエルリバー市にあります。

因みにパウエルリバーに高校留学しているナデシコたちもいますヾ(*´∀`*)ノ

また、先日は、パウエルリバー学区の高校を卒業してカナダの大学進学へ進むナデシコのサポートもしました!

高校留学は他エージェントさんを通していたそうですが、大学進学のサポートをナデシコでお手伝いさせていただきました。カレッジや大学進学のご相談も随時受付ていますので、お気軽にご相談ください。

↑ちゃっかり実績アピールと宣伝です笑。


話が脱線しましたが、Eton Collegeの紹介に戻ります!


<Eton College>

ビジネスマネジメント、ツーリズムマネジメント、ホスピタリティーマネジメント、フライトアテンダントの準備、コミュニケーショントレーニングに特化している政府認定の私立カレッジ。この分野でプロフェッショナルなスキルと知識を身につけたい学生さんにぴったりの学校です。多数の卒業生がEton Collegeで学んだことを活かし、カナダや海外で、観光、ホスピタリティー、ビジネスの分野でトップ企業への就職を成功させています。留学生が14%と少なく、現地の学生と切磋琢磨しながら学ぶことができる大変いい環境。


◼︎キャンパス:バンクーバー、パウエルリバー

◼︎プログラム:

– Academic Transfers / Dual Credential Program
– Business Management Programs
– Flight Attendant Preparation Programs
– Hospitality Management Programs
– Program Preparation
– Travel & Tourism Management Programs
ほとんどのプログラムに企業研修(Practicum)が必修。
◼︎特色
現地の学生と勉強をしながら企業研修を通して就職に役立つ経験を積める。プログラムによって卒業後も単位を移行でき、提携大学に編入可能。
◼︎国籍比率
現地:86% 留学生:14%(うち日本人9%)


こちらは受付です。



学校はとても綺麗で爽やかな水色を基調とした校舎です。受付にはこのようにフライトアテンダントの制服が展示されています。

制服を見るとなぜか旅行に行きたくなってしまいますね!

(私だけ…?笑)

因みに後から知ったのですが、こちらの受付のお姉さんは完全に白人カナダ人だと思っていたが、実は日本とのハーフで日本語もペラペラとのこと。

ずっと英語で会話していたので全然気づきませんでした。

え?さっきボソボソと「アンケートってたくさん記入する箇所があるから面倒臭いよね」なんてMちゃんと話してなんていませんよ( ̄Д ̄;;


フライトアテンダントを目指している方には下記のようなコースがお勧めです。

●Travel, Tourism and Flight Attendant Preparation

●Hospitality Management and Flight Attendant Preparation


このように機内を再現した教室で実践的に学びながらスキルを磨いていきます。

私はどちらかというとお客さん役を授業ではやりたいです笑。



まず、Mちゃんがどうして”Travel and Tourism Management”に決めたかというと、Mちゃんは、フライトアテンダントには興味がなく、空港勤務のグランドホステスという仕事に興味があるが、本当にそれがやりたいかはまだわからない。

しかし、観光業やホスピタリティーの分野に興味があるとのこと。


日本人の学生さんはMちゃんのような方が多いです。何をしたいかは決まっていないけど、英語を使った仕事をしたい。

日本人はお国柄ホスピタリティー精神に溢れています。東京オリンピックを見据えて日本でもどんどん需要が高まっていますしね。


そういった方にぴったりなのが“Travel and Tourism Management Diploma”のプログラムです。

このプログラムの特色は下記となります。

・現地の生徒が大半のため現地生との勉強・経験が今後の就職に役立つ
・ホテル、航空、観光関連への就職に繋がる
・プレゼンテーションを多くするためプレゼン能力が身につく
・グランドスタッフやフライトアテンダントの必須知識の都市名、空港コードが勉強できる
・様々な目的の観光客に合わせてどんな観光地を紹介できるか提案力がつく
・異文化について学べる
・バンクーバーの利点である移民二世以降の学生が多いため2ヶ国語以上を話す生徒が多く在籍する
・業界の規定やかかるコストについても勉強できる
・就職前から航空券発券技術が身につく


このプログラムの面白いところは、実践的に学べるところです。

例えば、食べ物の持ち寄りパーティーを開催し、食を通じて文化の勉強ができます。そのパーティーについてチラシを作成し学校周辺の一般の人たちを招待をすることでカスタマーサービス力を学びます。

その他にも国や地域を紹介する旅行のプランニングをします。プランニングを通して企画書の作成力、コストの調査等リサーチ力、マネジメント力が養われます。同様に周辺の一般の人たちを招待し、プレゼンテーションをし、参加いただいた人から実際に質問を受けたりとこちらも実践的に学べるカリキュラムです。


知識をつけた後にはこのプログラムの最大の特徴である150時間の企業研修があります。90社と提携のあるEton Collegeはそういったコネクションにも強いです。こういった企業研修を経ての卒業後の就職活動にアピールできる強みになりますね!


こちらのプログラムはトータルで24週間750時間のプログラムですが、今回日本の大学に戻るMちゃんはプログラムの規定より前に帰国することが決まっていたためEton Collegeのカウンセラーに相談をしました。
すると企業研修の期間を前倒しにすることでなんとか修了できるように柔軟に調整をしてくれました。
規定のプログラム期間があっても特別に対応してくれることもあるのでやはり相談してみるのはとても大事だなと改めて私も学びました。


Mちゃんは無事に入学し、先日Mちゃんから「今のところ授業についていけてます!」と報告がありました!

無事にスタートを切ったようで私も一安心です。

Mちゃんは芯のある頑張り屋さんなのでナデシコ一同これからも応援をしていきますヽ(´∀`*)ノ ゚


留学ってどれくらいの期間行けば就活で使えるの?

こんにちは!

ちょっとお久しぶりのYukikoです。


最近はMinamiやAkimiに「ブログ書いてくださいよ~ブログブログ!」とせがんでいるので、人任せがばれてきたころと思います。

私も書きますぜ!!でも私はリサーチ系はあまり得意でないので、そのあたりはお二人に任せて(結局人任せ)、つれづれ留学トークを。


おせっかいな私は学生さんの留学についての質問を受けることが大好きなので、ときどき学生さんばかりが集まるQ&Aサイトのようなところに出没して時間があればよく回答をしています。

最近は答えすぎててカテゴリの「マスター」的な称号までもらいました。


さて、そこでたまに出る質問なのですが、いい質問だな!と思ったものがあります。

それが今日のお題。

「留学ってどれくらいの期間行けば就活に使えますか?」というもの。これは英語力はおいておいて、です。


確かに!どれくらいなのだろうか、と考えてみました。友人に大手企業の採用などをしている人もいるので、そのあたりにも聞きながら。
ネットで調べた認識で言えば、世間では「履歴書に書くなら1年以上、語学学校ではなく専門学校以上の学校が好ましい」と言われているようです。

私は大学のときに1か月カナダに、2週間オーストラリアに短期留学に行きましたが、さすがに履歴書には書きませんでした。でも面接ではエピソードを出しました。10年ほど前の就活では1か月の短期留学も田舎では結構珍しいほうだったんですよ。。

たぶん今はネットの情報にもあるように、半年~1年くらいが平たく価値を認めてもらえるのかなと思います。1か月なんてザラにみんな行く時代ですよね。


しかし!私は期間は本当はそんなに関係ないと思ってやまないです。もちろん身に付けてきた英語力を除いて、です。英語力は期間関わらず高くてしかるべき。


留学で自分の価値観を変えるようなエピソードがあり、それを面接のときの自己PRに使えると思えば十分話してもいいと思います。その内容によっては評価もしてもらえます。


私は留学で「人の価値観は幾通りもあって、どれも否定することはできないものであることを学んだ」ということを熱く伝えたことをよく覚えています。

大事な価値観同士はぶつかり合いが起きてしまうのは仕方のないことだけれど、それと折り合いをつけてどのように共存し社会で生きていくかを考える、そういうきっかけになった、と話しました。

英語力としては当時はTOEIC600くらいしかなかったので、そこまで評価されたとは思いませんが。。中国への事業展開を見据える会社でしたが、結果的に内定はもらえました。


でも実際、1か月とか2週間の留学でしたのは、楽しく海外生活を過ごすことだけでした。

正直、全然何もやってない留学。今でいう遊学。。そこをどううまく伝えるか、ですよねー。


友人と話しても、今採用を考える立場にいる私から見ても、留学にどれくらい行ったか、ということよりも、そこで何を学び、何を感じ、どのように成長できたかを語れる学生が強いという結論になりました。

結局自己PR力。


もちろん語学学校に行っただけの学生と、専門学校に行った学生、そこでインターンまでした学生、それぞれ経験できる幅や奥行きは全然違い、人と違う経験をした人ほど、語れることにも深みが出ます。

幅や奥行きがよりたくさんある留学の方がいいに決まっているので、私個人は語学学校でわーいという留学よりも、ちょっとハードな専門学校やインターン留学をおすすめします。

(私はわーいわーいという留学をしただけだけど、時代と熱意と表現力(国文科だったので)に助けられてなんとかなったパターンです。)


逆に言えば、どんなにいい留学をしても、語れなければ意味がない!!!

これは本当にそう!!!!


留学中は、感銘を受けたこと、衝撃だったこと、ショックだったこと、泣いたこと笑ったこと、なんでもいいので日記やブログ、ツイッターでもいいので残しておくべきだと思います。

エピソード一つ一つは忘れがちですが、断片でもあれば、それを後から肉付けして語れるエピソードにだったできるんです。


表現力って大事ですよね。


ちなみに友人は

「保守的な大手日本企業はあまりに海外式になって帰ってきた学生はちょっと敬遠するよ。チームワークもできない人が多い。」

と言っていました。


さらに、アメリカ支社に勤務して採用なども担当している某日系大企業の友人も、「英語ができるとか留学上がりってだけだとねー。こっち(アメリカ)で長い人の採用も多いけど、日本人としてどうなのと思う人もいる」と。


やっぱり、マナーや日本式の常識がきちんとしていることは、留学経験よりも英語力よりも問われるのが日本の大手企業。。


私も事務スタッフの募集で何人か面接しましたが、海外の学校を出ている人は信じられないような露出度の高い服装で来たり、メールがまずどうしようもないレベルだったり、言葉遣いがやけにカジュアルだったり、違和感を感じずにはいられませんでした。

どうしても日本での日本顧客と対象としたサービス業なので、厳しいなーと思いました。


とくに大学を海外で卒業した学生は就職難に陥りがちといいますが、これは卒業タイミングが異なり就活ができないということだけではなく、どこか「日本からはるか離れた社会常識」がしみ込んでいるからだとも思いました。

その面接で実感しました。


日本で就職するなら、外資系以外はやっぱり「日本のきちんと感」を演出できないといけないようです。


と、ちょっと話が逸れましたが、今日は就活と留学についてでした!

結論、「期間よりも表現力と日本人力!!」です。


ではまた次回~(=゚ω゚)ノ

国際バカロレア(IB)とは、どんなプログラム?

こんにちは、日本のオフィスからMinamiです!


英語を身に付け、海外の大学へ進学する…今や珍しい話ではありませんが、私が高校を卒業した頃は(うん十年前ですが…)、とても珍しかったのは間違いありません。

私が留学している間、私の母は知人たちに「青い目の人連れて帰ってくるんじゃない?」と散々言われたそうです。笑

今は留学が身近になり、英会話教室が街の至る所にあり、自宅でオンライン英会話のレッスンが受けられる時代になりました。

最近、「グローバル教育」という言葉をよく耳にしますね。

「国際バカロレア International Baccalaureate」という言葉はどうでしょうか?

グローバル教育のひとつである国際バカロレア(IB)は、スイス発祥の教育プログラムで、このプログラムを修了することで海外の一流大学へも進学出来る道が開けるという、なんとも魅力的なプログラムです。

続きを読む

現地オフィスでナデシコ高校留学生が懇親会!

こんにちは!

今日はバンクーバーからAkimiが初めてブログに挑戦します!

よろしくお願いします(*’ω’*)


ナデシコ留学では、9月から高校留学を開始する高校生の方が高校入学前に準備期間としてバンクーバーのESLに通う子達もいます。先日、そのナデシコたちと急遽、懇親会なるものを開きました〜ヽ(*^^*)ノ

決して私が個人的に”ワイワイするのが好き”で開いた訳ではないですよ…。きっと…笑。


まず始めに私が懇親会をやろうと思ったきっかけについて簡単に話します。


到着オリエンテーションで、ある二人の生徒さんが、ESL終了後に行く高校の学区は違うけど、同じ高校生ということで仲良くなっていたのに時間があまりかからなかったのを見て仲良くなるきっかけがあるといいのかな〜と思っていました。

大半のナデシコが、違う日にバンクーバーに到着し、違うESLに通い、違う高校に通います。

せっかく同じ留学エージェント“ナデシコ留学”を通して留学しているのにタイミングが違えば、生徒さんお互いが会うことはあまりありません。

また、既に留学を開始しているナデシコたちのレポートとして一年を振り返ってのお話を聞いていた時「現地の友達を作るのがなかなか難しかったが、なんでも自分次第。積極的になることが大事」と言っていたのを思い出しました。


ナデシコには、毎月カウンセラーによる生徒の様子をまとめたレポートを親御様にご報告するサービスがあります。

詳細はこちらをご覧ください。


まずは、ナデシコたちが各高校へ移動する前のレポート作成で、同じ学区に移動するナデシコたちをまとめて一緒にレポートの話をしたら顔合わせができるんじゃないかと思い、一緒にやってみました!

すると…


「あー!!Σ(=∇=ノノ」


と、顔を合わせた生徒さんのテンションが同時に上昇!!

お互い顔見知りのよう。同じESLに通っているが、クラスが違うため話す機会がなかったみたいです。

“ナデシコ留学”を通してこういった出会いをするなんて素敵ですよね!!

カナダの留学生の間では意外とこういうことがよくあります。ある日、Facebook上で自分の友達と友達が知り合いだってことが発覚したり。パーティーで知り合った人と共通の友達がいることがわかったり。

そういったことからも話が広がっていき「じゃあ、今度みんなで遊ぼうよ!」てな感じで友達の輪が広がっていきます。留学生あるあるですね♪


また、別の機会にあるナデシコのレポートの話を聞いていたら学校のクラスには大人の人たちが多く放課後や週末一緒に遊べる友達が少ないという話もありました。大人の生徒たちはお酒を飲みに行ったりナイトクラブに行ったりと。たしかにそういう遊びはまだまだナデシコたちにはできないですよね。

そのナデシコに「他の高校に行くナデシコたちに会ってみたい?」と聞いてみると

「会ってみたい」とのお返事。


それなら人肌脱ぐかー!!と勝手にはりきって(笑)懇親会を開くことにしました。

こんなことがきっかけなんですが、”ナデシコ留学”を通して出会った仲間がいるって素敵じゃないですか(♡´ω`♡)?

留学する学校は違えど同じ留学を通して一緒に夢に向かってモチベーションを高め合える、壁にぶつかった時には励まし合える、そんな仲間になって欲しいなという私の想いがあります。そうやって人と人が繋がることって素晴らしいですよね!


前置きが長くなってしまいましたが、懇親会の様子をレポートしていきます!!


続々とナデシコたちが集まり、ここにも顔見知りがいました。

同じESLだけど、別学区へ行くナデシコも「えー!ここ(ナデシコ留学)だったのー!?」とお互いがびっくりしつつ、そういったのをきっかけに話始めていました。




今回のナデシコたちは5名。一年間の留学やGrade 11から始めて卒業を目指すナデシコたちです。

ナデシコは女の子がほとんどだけど、紹介等で男の子も時々います。男の子を含めみんなとーってもかわいい生徒さんです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。



始める前に「美味しいおやつを買ってきたよ〜。でもあとでね〜」と後のお楽しみにし、懇親会を開始。

私から少しこれからの高校留学のこと、進学のことについてお話をして、みんな真剣に聞いてくれました。

その後は、英語でグループワークをしてもらいました。みんなやはりESLでやり慣れているため、とてもすんなりとグループワークを始めてくれました。普段は日本語でナデシコたちと会話をするため英語を聞く機会がないのでみんなの英語を聞くのはとても新鮮でした(*´∀`*)ノ

みんなきちんと聞きたいことを文章にして英語で言えていました!!高校留学の前にESLでたくさん練習したためか、よくある日本人同士で英語で話す恥ずかしさというのはなく、また、私が思ってたよりしっかり英語でコミュニケーションが取れていて感心しました!!私が高校生の頃はこんなに喋れなかったなぁ。。。


相手に質問をするというグループワークをしていたのですが、よくある「家族は何人?」「好きな食べ物は?」など簡単な質問以外に「ドナルドトランプは好きか?」「ジャスティンビーバーの何の曲が好きか?」といったもうちょっと突っ込んだ質問をしていて、みんな真剣に取り組んでいました!!



グループワーク後は、美味しいデザートを食べながらみんなで楽しく談笑しました(≧ڡ≦*)

それぞれの学区のこと、高校入学前の大量の課題のこと、出身地の話などなど話は尽きずナデシコたちの仲も深まったようで、終わった後もSNSの交換など積極的にしてくれていました。ナデシコたちの笑顔もたくさん見れて私も嬉しいです!!ナデシコたちだけで話す様子を見ていて、私と話す時とは少し違ったようにもっとリラックスしているようにも見えました。そこはやはり”Teenager”同士話が合うようで私おば…お姉さんには気を使っていたのかな(ノ◇≦。)笑。

懇親会終了後もナデシコたちの話は尽きず…。最終的には「ホームステイファミリーも心配するから。。」と半ば無理矢理帰すくらいの感じでした(笑)



最後には「懇親会やって良かった?」と聞くと、

「良かったです!!!!」と元気いっぱいのお返事をいただきました!!

言わせたかもしれないというのは置いといて…こういった声をいただけると企画した甲斐がありました!!こんな調子でまた何かできるといいな〜。


ナデシコたちは各学区へ移動し無事にホームステイに着いたようです。これから今までのESLとは違う現地の高校に通学することで少なからず何か問題が立ちはだかるとは思いますが、こういった懇親会をきっかけに繋がったナデシコ同士で励ましつつ、新しい場所でそれぞれがんばってもらえればと思います。ナデシコたちの英語力はもちろん、立派に成長した姿を見れるのが楽しみです!!

みんな、がんばれー(*^▽^*)!!


高校留学生、Kちゃんからの手紙

こんにちは!

はっきりしない天気の夏が続く名古屋からYukikoです~。


本当、今年ははっきりしないですね!!

さて、そんなこんなで告知。

大阪9月18日と東京23~24日にて留学個別相談会を開催します。個別制なので相談内容は中学高校留学、語学留学、ワーホリ、専門学校留学などなんでもOKです。ゼロからお話いたします!ご参加ご希望の方はコチラのリンクからご予約下さい。


現状、午前中の枠と夕方の枠がちらほら空いている感じですよ。お早めにお申し込みくださいね(∩´∀`)∩


さて、カナダのとある学区に高校留学に行きこの夏に1年を終えて帰国したKちゃんから、LINEをいただき、その内容がいい意味で生々しくリアルだったのでKちゃんにブログでご紹介してもよいかと許可をもらいました!

カナダ留学を通して学び感じたことを、赤裸々に綴ってくれています。



こんばんは😃

カナダに出発した日から今日でちょうど1年になります。

帰国したらまたすぐに報告のLINEをしようと思っていたのですが、中々時間が取れず、だいぶ時間がたってしまいました。。。

最近ようやく落ち着いてきたような気がします。
前回報告できたのは、クリスマスの頃でしたよね?

そう考えると随分時間が経って、その間に自分の英語だけでなく、考え方や自分の将来についての考えもかなり変わったと思います。

一番大きいのが、その前までは、自分の英語ばかり気にして、何か不都合なことがあっても「あたし英語下手だから…」で片付いたのが、英語が上達するにつれ、それが少しずつ無くなっていったということです。

続きを読む

【予約制!】9月の留学無料相談会 in 東京&大阪

こんにちは~!

もう夏も終わりなのか、あんまり暑くないですよね。とくに夜。

今年ははっきりしない日が多く、雨も多かったしちょっといまいちーな夏でしたね。今年はプールのお客さんの入りも少なそう。。


そうこうしてるともう秋ですよ!

秋と言えば!!留学検討シーズン!!←勝手に決めた


勝手に決めたんですが、理に適っていなくもないですよ。

冬からは高校留学の本格的な出願が始まりますし、秋からおよそ半年すると春になり、日本人学生さんがもっとも好む留学出発シーズンです。

留学準備は半年くらいがいつも目安になるので、そう考えると秋くらいに検討し始める方は多いかと思います!


というわけで。。


カナダ留学無料相談会を行います!!


完全個別相談ですのでご希望される方は、お早めにご予約くださいね。

高校留学、親子留学、大学・カレッジ留学、語学留学なんでも相談を受け付けます!

しかも今回は、東京と大阪の2会場での実施です。


①東京・新宿

9月18日(祝) 10:00~18:00

JR新宿駅より徒歩圏内


②大阪・心斎橋

9月23,24日(土、日) 10:00~18:00

心斎橋周辺

相談会への参加をご希望される方は、こちらからお申込みくださいませ!時間指定などができる専用フォームがあります。


・・2017年9月の大阪東京相談会のご予約はこちら・・


ぜひこのゆるさを直接会って見て体感してください!!

ぜひ留学の情報収集に使ってやってくださいね!!


皆さまにお会いできることを楽しみにしています(∩´∀`)∩

ではまた次回~!


【動画完成しました!】現役留学生が案内するカナダ公立高校

こんにちは(*´▽`*)


こちら名古屋では連日の猛暑日です。。

でも台風過ぎましたね。ゆっくりした台風らしい台風でしたが、これも夏って感じですねー。


カナダ出張した際に撮影した動画が出来上がりました~!!

動画は、現地ナデシコスタッフのAkimiと私でミッション学区を訪問し、撮影したものです。ちなみに撮影は代表のYuya。カメラマンが一番大変だったと思います。。


撮影の際、ナデシコ留学からこのミッション学区へ留学中の3人の生徒さんが学校内を案内してくれました(*’ω’*)!!

ナビゲーターは、もえこちゃん、ももよちゃん、ふみかちゃんの3人と留学生担当のホリーさんです。

続きを読む

バンクーバーでYukikoは見た!!

こんにちは!

猛暑の名古屋からYukikoです~


猛暑すぎてびっくりしますね。

駐車場からオフィスまでの3分ですごく焼けてしまった2017年夏。昨年はちょっと暑さがゆるかったんですよね。今年はその分ぐわっと来ている気がします。


さてさて、たいして忙しかったわけでもなく、そう、理由もなくブログが滞っておりました。

そしてやっと書くブログもくだらない情報になりそうなヨカン(*´Д`)


もう出張も1か月半も前の話になりますが、その出張でのモロモロをせっかくなのでご報告しようかと!

モロモロの第一弾として現地ナデシコたちのレポート、第二弾としてホームステイレポートなどを書いてきましたが、まだ引っ張ります。

ちなみに現地ナデシコのレポートは動画もそろそろ出来上がりますよ~!お楽しみに(=゚ω゚)ノ


さて、では最終回の第三弾です。

続きを読む

【実際にやってみた】カナダ・バンクーバーでホームステイ

こんにちは~名古屋より毎度のYukikoです~


雨ですね台風ですね7月の梅雨ですね!!!

髪の毛がまとまらなくて坊主にしたい今日この頃です。


さて、今日は前回に引き続き、カナダ出張でのレポートをゆるめにしていこうと思います!メインはホームステイについて。

ホームステイはいろいろな家庭を見たり聞いたりするのが、ホームステイなんたるかの理解につながるかと思います(´◉◞౪◟◉)

いやー本当にホームステイっていろいろです。


でもまず先に、ナデシコの新現地スタッフについてご紹介させてくださいませ!

その名もAkimi。

カナダ歴は5年ほど、大人で頼れるお姉さんの佇まいです。


こちらのピンクのシャツのお姉さんです~。

今後、渡航された方はAkimiの対応になることと思いますので、先にご紹介でした!


そして以前ご紹介したNanaと同じく、国際結婚をされたきらきらナデシコ~(*´▽`*)

私の果たせなかった夢を果たしている日本人女性が多くいて嫉…感激しています。

先日の出張の際のスタッフのお食事会で旦那様とのなれそめやプロポーズエピソードまでぐいぐい聞きましたが、なんともラブラブなご夫婦なようで嫉…こっちまで幸せになっちゃいますよ!


私が紹介記事を書くと、ちょっと嫉妬の色が抑えきれなくなりそうなので、ご本人に書いてもらいましょう!


さてさて、では私の出張中のゆるめのバンクーバーレポートに戻ります(^^)/


まずはホームステイに到着したところから。

毎度ながらタクシーの安いカナダではタクシーで空港から移動しています。空港からのタクシー料金って、今一律らしいですよ!!

全然知らなくて、タクシーの運転手のインド人おじさんに「メーター壊れてるからこれ使うの?」とか「いつからこうなったの?」とか聞きまくり迷惑がられました。


私のホームステイはJoyce駅という、ギリギリ1ゾーン(一番交通費が安あがりのエリア)にありましたが、そこまでは35ドルくらいでした。

一律システムだとマップで一目で費用がわかりますし、ぼったくられるなどの心配もない明朗会計で素敵です。


さてさて、到着は夜の9時。

ホストのCherisseが迎えてくれました。


Cherisseはこのお家で妹さんとホームステイ学生を受け入れているそうで、ベースメント(半地下)には学生が4名入れる4つの個別ルームがございました。

めっちゃニコニコしよるお姉さんでした(おそらく私よりいくつか年下、肝っ玉母さんのような風貌でした。)


こちらはリビング。女性所帯とあってかわいらしいですね。

ちなみにこちらのホームステイは女性のみ!!男子禁制(遊びに来るのもダメ)のナデシコホームステイです。



こちらはキッチン。


こちらはセルフサービスの朝ごはん。


毎朝、ちゃんと出してあるのです。

Cherisseはナースなので、夜勤や日勤などスケジュールはいろいろで、あんまり家にいないのかな?と思いましたが、意外といつもリビングにいて、顔を見ると「今日はどこに行くの?」「何か楽しいことはあった?」など、ニコニコして話しかけてくれます。

妹さん(でもこの時は妹不在にて代理でお友達が助っ人に来ていた)の役目は、Cherisseがいないときに、きちんと学生さんのフォローをすることのようでした。


なぜかこの家にはスタジオ的なものが併設されていて、そこで美しいギターの弾き語りを聞くことができました。そのときに話かけるのはめっちゃ気まずかったですが、気にせずお湯の沸かし方を聞きました。

ホームステイも6回のベテランになると、結構ずうずうしくなるものです。



こちらは自分のお部屋。

お部屋にはクローゼットと十分なハンガー、チェストもあり、いい感じでした。快適。


ただ、お隣のお部屋の、まだ到着して3日ほどしかたっていないという韓国人のティーンの女の子がとにかくすごく、何時間も泣いていた夜があり、それが結構聞こえたので胸が痛みました。

きっとホームシックですね。。


翌日会話を試みるも、英語がうまく通じず、私の下手な韓国語でコミュニケーションを取りました。私の存在が「こんないい年したオバハンも留学に来るんだ」と、彼女の勇気になってくれたらいいなと思いました。



こちらはホストの飼っている猫ちゃん。

ザディーみたいなエキゾチックな名前でした。気まぐれで、たまに部屋に入ってきたなと思うとすーっと外に出て行ってしまいました。毛がふさふさでかわいかったです。私の部屋よりお隣の若い学生さんの部屋が好きなようでした。


(´・ω・`)


と、おうちのお写真はこんな感じです。

私はいい年なので(しかも留学の仕事してることもご存じ)結構放置プレーでしたが、ほかの若い留学生さんとはリビングで一日のお話をしたり、レストランやセールのお話をしたり、女子トークで盛り上がっていました。

ホームステイのアットホーム感って、女の子2人のホストでも味わうことができるのだなとなんだか関心してしまいました。


年齢も近いので、いろいろ話しやすいのかなとも思いました。お姉さんって感じです。

ちなみにバックグラウンドは東南アジアと中国と言っていましたが、英語はかなりキレイで彼女は2世か3世で英語ネイティブなのだと思います。


今回はホームステイ担当のスタッフにわがままを言って「とにかくどこの国の人でもいいし家が古くても汚くてもいい、ペットもアレルギーもないから、とにかく駅近で!!」と訴えていたので、駅から徒歩7~8分のところにしてもらい、あまりホームステイそのものには期待していませんでした。

でも、きちんとそこにはケアリングなファミリーがいて、温かい笑顔もあって、ホームステイ感をしっかり楽しむことができました(^^)


外食ばかりで全然夕食食べれませんでしたけどね!


ランチはいつもいただきました。

これはホームステイならではのおもしろ弁当だったので、また次回にでもアップします!


思いのほかホームステイネタで長くなったので、もっと出張エピソードはあったのですが、また次回に回します〜


それではまた次回のゆるいレポートもぜひチェケラー(=゚ω゚)ノ


ナデシコ高校留学生たちに会ってきました!

こんにちは!


ご無沙汰です~日本からYukikoです!

カナダからはこの前の火曜日には帰ってきていたのですが、たまっていた仕事を片付けていたらあっという間に時間がすぎました。

というブログを更新しなかった言い訳です。


そして滞在中はやっぱり書けなかったという。


でもご心配なく!この2週間に1回、もはやそれ以下の頻度になっていたブログも、現地のナデシコ担当として新スタッフがすい星のように現れたことで、アップの頻度が劇的に改善されることでしょう!

今回の出張は、その新スタッフと実は回っていました。

続きを読む

名古屋にバンクーバー直行便就航!「エアカナダルージュ」に乗ってみた


こんにちは!

実はカナダからYukikoでーす!!


最近ブログを頻繁には書かないので、年に一度の出張について珍しく触れずにおりました。

というか忙しくて出張を考えている暇がなく、かなりバタバタとした出発でございました。


カナダは今回は10日(土)~19日(月)まで、実は7日(水)~9日(金)はアメリカのシカゴに行きます。

シカゴは半分仕事、半分観光です!

シカゴにはカナダのマーケティング会社のときからの大事なお知り合いがおりまして、かねがね「シカゴに来い」と言われていたのでいざ行きます。

その方がご厚意で、アメリカの高校の見学の手配までしてくれました。

なので、今後の勉強のためにもアメリカの高校視察です!しかも公立!楽しみ~


カナダでは高校留学の学区をめぐり、今がんばっているナデシコ学生たちの様子を見に行きます。

6月で1年が終わるカナダの高校、みんながどれくらい成長できたか実際に見るのがとても楽しみです。


みんなには出発前以来、もちろん一度も会っていません。

毎月のレポートでは様子を垣間見ていたものの、あの不安そうな顔が今どんな風になっているかなと、本当にわくわくしています!!

そして今回もホームステイなので、それもわくわく。


さて、早速飛行機で眠れず時間を持て余しているので、今回利用した飛行機「エアカナダルージュ」について書こうと思います!

出張中もたくさん書けるといいなと思いますが、結構忙しそうでそんな自信がないので、今書いておきます(笑)

続きを読む

大手語学学校ILSCとILAC【夏休みティーンプログラム徹底比較】

こんにちは(∩´∀`)∩

名古屋からYukikoでーす。


雨ですね~ちょっと肌寒い今日明日ですね。

最近夏休みの留学のお話が結構出るので、今日は夏休みプログラムの話を書こう!と思って、ベース記事をMinamiにお願いしたのもつかの間、雨で肌寒いという(・∀・)


でも週末は暑いらしいですよ!!!


では始めまーす!

続きを読む

夏休みのティーン留学に!トロントのQuest Language Studies

こんにちは~!


もうあーだこーだやってたら夏ですね。

いやまだ春ですかね。

最近、夏休みの留学のお問い合わせが多いので、ついつい気分は夏です(・∀・)


つい先日、カナダの大都会トロントから語学学校Questのご紹介でNatsukiさんという美女がオフィスを訪れてくれました!!

いつも写真を撮ろうと思いつつ忘れちゃうのですが、美女でした。


と、今日はそんなNastukiさんの…あ、ちがう、Quest Language Studiesさんのご紹介をしまーす(∩´∀`)∩


まずはトロントのご紹介をざっくりと。。


トロントはカナダ最大級、北米第4規模の都市となるオンタリオ州の州都です。都市の大きさでいうと、日本で言うと東京のような大都市!とは言ってもやっぱり東京のが全然大きいですけどね。


オンタリオ湖の北岸に位置するトロントは世界各地の様々な人種が共存する多民族都ですよ。

世界規模の国際映画祭開催都市、多彩な芸術行事で年中活気に満ちた都市で、また、他都市同様にカナダの壮大な自然ーナイアガラの滝やアルゴンキンパーク等ーへも数時間で簡単にアクセスできます。

↑学校パンフまるうつし。


そんなトロント市内の中心部にあるクエストさんの特徴は、そのプログラムと、個人に行き届く丁寧なケアとサポートです!

クエストでは週に20,24,28,32レッスンのプログラムから希望や目標に合わせて選択することが出来ます。学習効果が表れやすいのは週28または32レッスンになり、選択科目はなんと1週間ごとに切り替えができるので、飽きがこない!

守備範囲の広い留学生になれそうです。


ちなみに入門から上級までのレベル別に11段階に分けて学習します。


時間割はとてもフレキシブル!

午前の授業は英語基礎スキル全般の発達に焦点を当てた総合トレーニングで、午後の授業は先ほども書いた1週間ごとの選択ワークショップと集中コースから選択します。

ワークショップはそれぞれの学習ニーズに応じて選ぶことのできるスキル別、トピック別の集中強化型です。

(ちなみに一番人気はSwearingのコースらしいですよ。。親御さんの印象を悪くしたくないので、Swearingの意味は個々にググってください。)


集中コースは中級以上の方におすすめで、進学に向けた各種検定試験対策講座や特定のエリア(ビジネス、ホスピタリティー、トラベルツーリズム)での英語向上を目指すコースが準備されており、目的別に選ぶことが可能だそうですよ~


と、一般コースの説明が長くなってしまいましたが、今日特にご案内したいのはティーンのためのサマープログラム!



ホームステイや授業、また午後からのアクティビティ費用、空港送迎などがすべて込みになっているパッケージプランです。


アクティビティ例もちょっと載ってますが、楽し気なところに連れて行ってくれますよ。

初めてのティーンの留学だと、一人ではとても遊びに行けないですが、みんなで行くから全然大丈夫です。先生もいます。


トロントではなかなかジュニアのサマープログラムがないようですが、実はトロントはサマープログラムの穴場なんですよ!!

というのも、以前ほかの語学学校さんでバンクーバー校とトロント校のサマープログラムの日本人参加率の表を見せてもらいました。

トロント、めちゃくちゃ日本人率低いです。20%切ってきます。。


バンクーバーでおすすめしているサマープログラムは学校側が日本人率20%とか30%以上にならないようにがんばって定員設定をしているのですが、トロントはそんな必要もないくらい日本人率が低め。

やっぱりトロントは遠いからなのか!?サマープログラムとしては穴場なんです。


ちなみに一般の語学コースだとそれなりに日本人がいます。


というわけで、至れり尽くせりで穴場なプログラムをお探しの方にピターリですよ。

大人の事情でここに直接費用を書いてはいけないようなので、ぜひ直接私に聞いてくださいね!

お問い合わせはこちら


実は…ここだけのお話…お安めです…!!!!


ではでは、今日はすっかり宣伝ブログになってしまいましたが、こんな日もありますよね(*’▽’)!


次回はまたつれづれに書こうと思います!


はばぐでーい!!!


留学についてのよくある質問ランキング


こんにちは!

毎度、名古屋よりGWを迎えるYukikoです。


でもとくにナデシコはGWはお休みしません。高校留学などのお手続きでお急ぎの方がいらっしゃるので、関係なく稼働中です!!浮かれた世間を横目に、学生さんの華々しい留学スタートに思いを馳せて活動中です。


そして東京出張も終え、やれやれと思いきやもうブログを書かず2週間も経っていました。

焦って、書こう!と思いきやネタがなく、現実逃避していつも顔を出しているQ&Aサイト(もちろん留学カテゴリ)でひたすら答え続けておりました。


ネタの神が降りてきました。


「ここのQ&Aの質問と、いつもナデシコに来る質問、ランキングにしてみたらええがね。きっとみんな待っとらっせるわ。」


と。


というわけでゆるめにランキング!と、回答についてはすでに過去に記事にしたので回答のリンクを大公開です。

では早速。


続きを読む

ホームステイのご飯の話。


こんにちは!お久しぶりですね。さりげなく2週間以上ぶりです。


もうネタがなくてなくて死にそうです。。

ふふ、もう3年も書いてるんですものね、なくなって当然ですよね。我ながら毎回よく絞り出してるなぁと感服しますよ。もう月2をペースにしようかな!!いやいや、できる限り頑張ってまいります。


さて、告知です(*’▽’)


4月29日(土)30日(日)に東京池袋での相談会開催!

今回はバンクーバーオフィスからNanaを迎え、一緒に個別相談会を開催します!(29日のみ)相談内容は短期留学からワーホリ、保育留学、高校や大学留学まで、なんでもOK。個別制のカウンセリングなのでじっくりお話することが可能です。

お申し込みは、こちらのリンクからお気軽にどうぞ!



今日は思い付きのネタ。


というのも、現在バンクーバーで短期留学中の学生さんとおしゃべりをしてホームステイのご飯が合わない…というお話を聞いて思いつきました。


そう、ホームステイのご飯事情。

続きを読む

日本で独学で英語ペラペラになれる??

こんにちは!名古屋から春を感じているYukikoです~

もう春ですね!あったかいー!


でも今年は桜はちょっと遅いみたいですねー。寒かったとか。確かにいつもより春を待ち遠しく思っている私です。


さて、告知でーす!


4月29日(土)30日(日)に東京池袋での相談会開催!

今回はバンクーバーオフィスからNanaを迎え、一緒に個別相談会を開催します!(29日のみ)相談内容は短期留学からワーホリ、保育留学、高校や大学留学まで、なんでもOK。個別制のカウンセリングなのでじっくりお話することが可能です。

お申し込みは、こちらのリンクからお気軽にどうぞ!



最近東京出張続きで自分でもびっくりしています。

カナダ現地オフィスから発注(開催要請)があって~という経緯もあるのですが、こうも毎月行くと、東京で暮らすことも考えてしまいますね。でも大都会東京砂漠でタラレバ言いながらひとり生き抜く自信がありません。30過ぎて上京するってある種チャレンジですよね。


と、そんなことはどうでもよくて。


今日もあるある質問シリーズ。

「日本で独学で英語をペラペラになるって無理ですか?」


です。

続きを読む

留学先としてのカナダとアメリカ

こんにちは!

日本は名古屋からYukikoです~毎度です~


土日の東京出張を終え、今回も春のカナダ大使館フェアではがっつり情報収集して参りました。

お初の学校にナップサックを3つももらってしまいました。


もしナップサックがほしい方は、オフィスに遊びに来てくれるともれなくもらえますよ!!

学校からいろいろなグッズをもらうのですが、結局いつもオフィスの棚に埋もれていってしまいます。。

誰か!ほしい方!!!


さて、今日のテーマは留学地としてのカナダとアメリカ。

私が書く記事なので、みなさまうすうすお気づきかとは思いますが…かなりカナダびいきな記事になることでしょう。


そのあたりも大目に見て、ご参考程度に読んでくださいね(・∀・)


私はカナダには5回短期と長期留学をして、あとはオーストラリアに2週間ほど、アメリカにはトータルで2週間くらい滞在した経験があります。

でもアメリカは友人宅に滞在したので、ホームステイなどのことには詳しくないため今日は言及しません。


ただ、英語を勉強するにあたっての国の雰囲気の違いを感じたのは、短期滞在でもあったこと。

よくご質問で、「アメリカとカナダ、どちらがいいのですか?」と聞かれたりしますので、そのヒントにでもなればと思います。


結論から言って、向き不向きの問題だと思います!!!

続きを読む

「留学をさせてもらえる」説得方法とは?


こんにちは!

しれっと先週のブログをすっ飛ばしたYukikoが名古屋からお送りします(^^)/


最近花粉の気配を感じるようになりました。私は軽度な方ですが、今朝からMinamiがひーひー言ってました。東京の方がすごいみたいですね。


さて、東京と言えば来週にせまった留学相談会の告知をさせてくださいませ~(´◉◞౪◟◉)


3月19日(日)新宿にて留学相談会を開催!

上記日程にて、バンクーバーから語学学校Global Collegeのカウンセラーさんを招き、東京の新宿駅近くにて留学相談会を開催します。夏休みの留学、親子留学、カレッジ進学留学、一般語学留学やワーホリがメインです。詳しくはこちらのページからご確認、ご予約くださいね!



では本題。


こちらはよーくいただく質問シリーズです。

ティーンの留学の相談では鉄板と言えるほど鉄板です。


「自分は留学したいけど、親が反対しています。どうしたら説得できますか?」

続きを読む

海外「留学」をすることと「住む」こと

こんにちは(*´▽`*)

すっかり日本から、ちょっと時差ぼけているYukikoです。


最近ちょっとだけ暖かくないですか?

バンクーバーエリアでは週末にまたもや!?雪の予報の話もありましたが。。


毎年春が来るのは日本の方が早いんですよ。すでに待ち遠しい。

バンクーバーは5月くらいからやっと春っぽくなります。


さて、告知です!!


3月19日(日)新宿にて留学相談会を開催!

上記日程にて、バンクーバーから語学学校Global Collegeのカウンセラーさんを招き、留学相談会を開催します。親子留学、カレッジ進学留学、一般語学留学やワーホリがメインです。詳しくはこちらのページからご確認、ご予約くださいね!



今日はちょっとTwitterを眺めてみて思ったつれづれごとです。


留学したい方のTwitter(フォロー絶賛歓迎中)を見ていると、こんなツイートが。


「留学したい、っていうか住みたい。」


ほうほう。これは奥が深い…。と私は思いました。


留学と住むことって、似てるようでちょっと違うんですよね。留学するには住む必要があるのですが、留学っていつも常に「暫時」的なことなんです。

なので、たとえば家具を買ったりはしません。長期的にその場所でのことを考えません。基本的にはビザが出ている期間だけ生き延びれれば大丈夫。なのでニュースも国政も気にならない。

留学は「住む体験」に近いような気がします。

続きを読む

高校留学と大学留学、正規留学はどっちがいい?

こんにちは!ハワイからYukikoです!

とうとう1年ぶりに名古屋ではない地からお届けです。
というのも、先日から弟の結婚式のためにハワイに来ています。


こうして昼間の家族のお世話が終わると仕事に入り、時差の関係でちょうどよく仕事もできてしまうのですね。おぞましいほど幸せです。
さて、ハワイのことはまた別のブログで書くとして、今日は前回予告した「高校VS大学での留学~留学するならどっちがいい!?」をお届けしようと思います!


これはよくある質問です。


がっつり留学されたい方にとっては高校から大学までずっと留学で来ているのがもっとも理想的なのですが、費用もかかりますし結構勇気もいります。
なのでどちらかのみで…と考える方は多いようです。


高校留学と大学留学、ともに正規留学で似たようなイメージを持っている人も多いかもしれませんね。
私も留学素人だったころはあまり考えたこともなかったです。「どっちも難しそう」という漠然としたイメージ。。

でもこうしてカウンセラーになってそれぞれの世界を見ていると、まったく違うことを知りました。
メリットとデメリットがはっきりしているので、留学迷っている方は決めやすいかもしれません。


もう一気に羅列してしまおうと思いマース!!!

続きを読む