東京:7/23(土) 7/24(日)、大阪:7/31(日)にて出張相談会を開催!
留学相談会

外国人はLINEを使わない!?何を使ってるの?

Yukikoです~

さて!今日はちょっと「え?そうなの?」的な記事。

よく考えると、外国人ってどんなメッセージアプリを使ってると思います??

不思議ですよね。

 

結構、出発前のオリエンテーションなどでちょっとこの話題を出すと、「え~そうなんだ!」という声を聞くんです。

なので記事にしてみようかなと思いました(´▽`)

 

はっきり結論から言うと。

 

LINEをメインで使うのはほぼ日本人だけです。

 

(でも台湾人や韓国人などのアジア人もちょっと使います。)

 

思っているよりほかの国の人のLINE使用率は低いです!!

 

アカウント持っていない人なんて、カナダ人はザラにいます。ほぼ持ってないんじゃないかな?

ちなみに韓国人だとカカオトークが日本で言うLINEくらいの普及率。日本人でもカカオトークを使っている方はいると思いますが、少数派ですよね。おそらく韓国ではLINEとカカオトークの使用率が反対になるくらいの感覚。

 

じゃあ果たしてカナダ人、アメリカ人は何を使っているのか?

 

一番多いのは、「携帯のショートメール」(現地ではテキストと呼ばれます)だと思います。

これは正しく統計を調べたわけではないですが、ほぼそうだったので経験上のお話です。

でもカナダの携帯屋さんもそう言ってました。

 

あとは、FacebookのMessenger(メッセンジャー)かWhatsAppですね。

WhatsAppはヨーロッパや南米諸国で使用率がもっとも多いアプリだそうです。

使用感はLINEと似ていて、世界的に見るメッセージアプリの中では断トツのシェアを誇っているのがWhatsAppで、近年Facebookに買収されました。

 

LINEに押されて日本では使用率が低いみたいなので、知名度も低いですね。

 

私も留学中、ヨーロッパの友達に「WhatsApp持ってないの?」と言われました。

ダウンロードが面倒だったので、「なにそれ知らない」と答えてFacebookのMessengerを使っていましたが、そのときはじめてWhatsAppの存在を知りました。

当時は有料アプリでしたが、今はどうなんでしょう?

 

ちなみに高校留学している学生さんたちに「こっちでは何使ってるの?」と聞いたら

「テキストか~スナチャ!」と言っていました。

ちょっと私のようなおばはんにはスナチャは分からないですが、スナチャって写真投稿するSNSですよね??

若い子は写真ありきのコミュニケーションが当たり前なの?( ゚Д゚)

 

彼女たちは「留学生活が長くなるとLINEとか見なくなる」と言っていたので、やはりLINEは日本人の間だけのものなのだな~としみじみ思いました。

 

と、国によってメッセージアプリの普及率は異なります。

 

とくに先ほど世界シェアNo.1のWhatsAppのお話が出ましたが、WhatsAppでさえも普及率はカナダとアメリカでは非常に低いのです。

私の勝手な予想ですが、多国籍な国家のカナダやアメリカでは、「いろんな国の人がいて、いろんな国のアプリあって統一されなーい!!!」となって、結局一番スタンダードでユニバーサルで確実な「携帯ショートメール」に落ち着いているのではないでしょうか。

しかもカナダの携帯を契約するとほぼどのキャリアもこのショートメールは使い放題で無料です。

電話番号を知っていればすぐに送れるので、アプリのダウンロードやIDの交換なども必要ありません。

 

シンプル~(*’ω’*)

 

私はこの方がシンプルですきですね。

 

でも結局、メッセージアプリは使っている人が多いものを使わないと不便、ということになるので、日日本に帰ってからはもっぱらLINEを使っていますが。。

韓国人の友人とはカカオトーク使ったり、そのほかはMessengerだったり、すこぶる面倒ですよ。

でも携帯番号でのやりとりは国際間はできないので、国際コミュニケーションを考えると、やっぱりアプリ様様ですね。

 

という、北米のメッセージアプリ事情でした(∩´∀`)∩

よかったら携帯契約に悩んだ時に参考にしてみてくださいね!

メッセージアプリ対応できないカナダ人、アメリカ人も普通にたくさんいるので、携帯契約しないと不便があるかもです。

 

ではまた次回~(‘◇’)ゞ

 

タイトルとURLをコピーしました