2024年3月9日(土)10日(日)に横浜・東京相談会、3月24日(日)に大阪相談会を開催します
留学相談会

【ご挨拶】2023年もありがとうございました!

こんにちは!Yukikoです。

2023年も残すところわずかとなりましたね。今年はオフィスにたくさんのカナダからの学校関係のゲストを迎えて、たくさんの方にお会いして、「コロナ?あったね、そういうの」くらいの日常を感じさせてもらえた年になりました。海外に比べて少しセンシティブな日本でも、コロナ前のような日常が少しずつ戻ってきて留学を考えるうえでも懸念事項が減った年となったように思います。

個人的には後回しにしてきた大掃除や年始の準備に追われてバタバタとしてしまいますが、ゆっくりと振り返ってみると今年もたくさんの学生さんと関わらせていただきとても充実した(幸せな)1年になったなぁと感じています。

昨年は私の夢をかなえてくれた、ナデシコ初代ガールズとの思い出と、難しい時間から立ち上がった2人の学生さんからもらった勇気をしたためてご挨拶とさせていただきました。

 

今年も思い出はたくさんです!!一人一人の学生さんとの思い出や、それぞれの成長、またナデシコをご利用いただいているご家庭の温かさなどを書いて行ったら大変なことになるくらい、今年もみっちみちの1年でした。

少しだけ私の思い出を写真を挟んでダイジェストに…

こちらは日本で大学生になった元ナデシコ学生さんとのお食事!朝早くからアルバイトがある学生さん(とくに飲まない)に私がせがんで「2軒目行こう!!」と言って行った磯丸水産です。「はしご酒って本当にこの世に存在するんですね」と言われたのを覚えています。のんべいの世界にしか存在しないと思います。

ここで何がスペシャルだったかというと、なんと私がおごってもらったのです!!そんなことありますか!?!?

思い出してすごい興奮してきてしまいましたが、おごってもらうということは、なんというか、もうかつてのお客さんとサービス会社という関係を越えたものな気がして、なんだかすごくうれしかったんですよね。そしてこの学生さんには、ナデシコ現役高校生さんで苦労している子がいたので、外部チューターとしても協力してもらい、本当に今年いっぱい、とてもお世話になりました。きっとこれからもお世話になるのでしょう。

この学生さんも、いろいろとあってのここまでですが、一つとても印象的だった出来事でした。

次にこちら、卒業生ナデシコと飲もうシリーズが続いてしまっていますが、卒業後、インターンをしてくれていたモエコちゃんとも大阪でお好み焼きディナーをしました!

モエコちゃんは、今年からあの日本を代表するメーカーのファストリで働きだしたのですが、なんと今年婚約をしたそうで、そのお祝いもお渡ししました。インターンはオンラインだったので、実は会うのはカナダで高校生をしていた時ぶり!Youtube撮影で協力してもらったとき以来だったので、不思議な感覚で、より一層感動でした。

婚約について「失敗するにしても早いほうがいいかなと思って~(笑)」と茶化していましたが、相変わらずおっとりとした中に芯の強さも感じて、頼もしい日本の女子だなと感じました。高校生から結婚くらいまで(中には出産した子もいます)見届けられるって本当に幸せです。

長くやっててよかったなってしみじみ思います。

 

続きましてはつい最近のこと!

東京にお住いの元ナデシコ学生さんが、今年6月にカナダの高校を卒業して名古屋に遊びに来てくれました!彼女はすごく優秀な学生さんで、ICUに進学する予定なのですが、上智や法政の理系学部からも合格が出たそうです。これから大学に進学して、たくさん新しいことを学んで、またいくつもレベルアップするんだろうなと思います。

もともと深く考え、お話をするのが大好きという学生さんで、たくさんたくさん名古屋でお話ししました!帰国生受験のコツや経験談も教えてくれて、今後セミナーなどでも協力します、と言ってくれました。別れ際に「働きすぎないで体に気を付けてください!」と笑顔で見送ってくれたのが、すごくうれしかったです。

次に会えるときは恋の話とかちょっと大人な話も期待している私です。ていうかもう次を決めつけている私。

 

 

そして最後はよくおしゃべりをするTちゃんのクリスマスのお写真。こちら、LINEに今朝「Merry Christmas!」と届いたほやほやの新作です。

Tちゃんはよく悩みよく考えよく行動もする魅力的な女の子で、大人とお話しするのが好きということで、大したお話もできない私にもよく電話してくれます。コイバナもするので、一度電話すると2~3時間は話してしまう…なので最近は仕事がお休みの定休日にあえて電話します(笑)。

まだ現地の高校に通っていて、サポート中なのですが、お客さんということも忘れて「いやそれはないでしょー!!!ガハハハ!!!!」みたいなコミュニケーションしてしまっているので反省です。。

ただ最初の1年目は進路についても勉強についても、いろいろ悩むことが多かったのが、経験を思考にして、自分で決められることが多くなってきたように思います。自然に決断ができるというのは、その人が「行動」をしてきた証拠だと思います。

行動や経験から新しい思考が生まれて、決断に昇華するのだと思うので、彼女の成長はこういうところからも見てとれ、すごく心を打たれます。

ちなみに最近はキャップストーンという卒業プロジェクトのお話しで、キャリアをテーマに絞った彼女は私に留学エージェントという仕事について、20くらいも質問をぶつけてくれたのですが、3つの回答だけで1時間も電話してしまって、時間を見て二人でめちゃくちゃに爆笑しました。(残りはメールで回答しました)

 

どの学生さんからも、それぞれの人生のステップアップを感じ、それに併走とまではおこがましいですが、一緒に見せてもらっているそんな気持ちで、すべての近況報告に心が本当に温まり、励まされます。きっと私に直接は報告はない学生さんそれぞれにも、こうしたドラマがあるのだと思って、一人一人の時間を折に触れて想います。

なかにはうまくいかないことが多い学生さんも、志半ばで帰国することになった学生さんもいましたが、今ではそれらも落ち着いて、この段階ではそれぞれが前を向いている状態で年を締めくくれることは良かったなぁと思います。

私たちのサポートから離れている学生さんたちには、私たちができることはもう限られてしまっているのかもしれませんが、どうにかこれからも何かの力になれたらと思っています。そう考えると、オフィシャルにサポートさせてもらっている時間こそ、私たちの頼りがいの見せ所で、これからに関わる大切な時間なのだと痛感しますね。

 

写真つきで紹介させていただいた学生さんたちに留まらず、今年も多くの学生さん、ご家庭、また学校関係者の方たちとお会いすることができました。私たちの多大なる至らなさも受け止めていただいたことに、心から感謝申し上げます。

また、ナデシコ留学を応援してくださっている方、こちらのサイトを少しでも見ていただいた方、お問合せいただいた方、すべての方にもお礼お伝えしたいと思っております。

 

引き続き、2024年も手作り感いっぱい、ホームメイドなナデシコ留学で邁進してまいりたいと思います。来年は皆様の飛躍の年となり、引き続きの健康が皆様にあることをお祈り申し上げて、ご挨拶とさせていただきます。

今年もありがとうございました!!!

タイトルとURLをコピーしました