\\学生ビザが早く下りているお知らせ//

こんばんは、Yukikoです!

今日とっても寒い。さぶし。昨日鍋やっちゃったから今日はどうしよう。どう温まろう。


さて、今日は留学を計画されている方に朗報、うん、表題の通りです!!

早く下りるようになったんですよ~


一時は27週間かかるなんて噂もありましたが。。

では経緯や詳しいところの情報共有していきますね!

続きを読む

【カナダの私立高校】St.John’s Academy セントジョーンズアカデミーからのお便り


こんにちは!

久しぶりに今日はMinamiのブログです。

ブログはナデシコに加入してしばらくに書いていましたが、あれからもう4年?くらい。


時が経つのは早いですね。。

では今日のブログです。


ブリティッシュコロンビア州にある、私立校セントジョンズアカデミーのご紹介をします。

1992年創立の私立校セントジョンズアカデミーは、現在バンクーバーキャンパスとショーニガンレイクキャンパスの2校があります。


バンクーバーキャンパスは名の通りバンクーバーにあり、電車で通うことができるので非常にアクセスしやすい都会のキャンパスです。


一方ショーニガンレイクキャンパスは、2019年9月にショーニガン湖の自然豊かで美しく、快適な地に創設されました。

(ただ校舎は別の学校の居抜なのでそう新しいわけではありません)


続きを読む

学生ビザ渡航制限の緩和対象校リスト発表


こんにちは!

Yukikoです。


今日はバンクーバーのあるBC州、かなり冷えたようですよ。まだ10月なのに、バンクーバーの気温は4度…

そしてうちの学生さんも多いKelownaはなんと初雪!びくりつ。



もう冬じゃあないですかこれは。


そしてコロナ関連のニュースもひとつ。



SNS用で写真なので記事はググっていただければと思いますが、概要はこんな感じ。


・アルバータ州の2か所のポートオブエントリー(入国ポイント)から入国する外国人にその場でのコロナの検査を行うパイロットプログラムが11月2日~開始

・その場での陰性かつ、1週間後の再度の検査を約束した場合、14日間の自己隔離を免除


これはカルガリー空港と、もう一つ陸路でのポイントで行われるテストのようです。

日本も空港でPCR検査を行い、「罰則のない」14日間の自己隔離をルールとしていますが、カナダは2度検査を行ったら自己隔離を外していきたいんですね。

これは観光ビザの方への大きな一歩となるかも。。


パイロットプログラムなので、成功してほしいなと思います(*’▽’)


さて、本題に行きます!

続きを読む

【速報】カナダの学生ビザ、入国制限緩和のお知らせ

おはようございます🌞

Yukikoです!

今朝、ビッグニュースが飛び込んできたので寝床から飛び出してブログを書いています!!

ついにカナダ政府が「学生ビザを持っている留学生は入国可能」と制限を緩和しましたー888888888(ぱちぱち、拍手)

今色んな学校から情報が入りだしているところで、ビッグニュースなのでカナダの留学を待っていた学生さんたちは、エージェントさんからまた聞くかと思いますが、ハッピーニュースなのでとりあえずここでもお知らせ!!


これにより3月18日縛りのルールは排除され、これから学生ビザが新たに発行されれば渡航できるということになります。


Update on travel restriction exemptions for international students

Learning institutions whose COVID-19 readiness plans have been approved by their provincial or territorial government will soon be able to welcome more international students back to their schools. Amended travel restrictions will take effect on October 20, allowing international students to enter Canada if their designated learning institution (DLI) has an approved COVID-19 readiness plan in place.


現在はこのルールは10月20日より適用となっています。

実際にまだ学生ビザの動きはないですが、審査も再開するのでは?!と期待がかかりますね。

とりあえず本当にビザがおりるのかなどこれから確認することは色々ありますが、留学待ちの生徒さんにとっては朗報なので勢いでお知らせしてます☺️

ただ、おそらくこれからも入国後の14日間は自己隔離、というルールは続くと思います🏠


ちなみにワーホリはまだまだかと思いますが、学生が動くことは大きな前進と言えます!


ずっとこの日を信じて待っていてくれた学生さんたちを思うと涙が出そうにうれしいお知らせでした。

詳細や詳しいタイムラインは分かりませんが、前進に確実に必要だった一つの制限解除が行われたことに感激です。


というわけで、また続報があればお知らせしたいと思います。

今日はあっさり、ですが取り急ぎということで!!


今日はハッピーデーだわー(*’▽’)(*’▽’)(*’▽’)

【カナダ高校留学】無事に入国できました

こんにちは、Yukikoです!


もう24時間テレビの季節ですよ。夏も終わりか、と思う最初のイベント。

24時間テレビは賛否もあるようですが、こんなコロナな年でも、例年の番組が放送されることに私は少し安心もします。


というわけで早朝の24時間テレビを見ながら執筆。

今、朝の5時くらいですが、なぜ起きているかというと。


カナダに入国する学生さんに心を重ねるためです。

おしゃれな言い方しましたが、学生さんが入国なので、カナダ時間で起きているのです。


続きを読む

現在のカナダの様子 – カナダのコロナ対策は大丈夫?


皆様こんにちは!

インターン生のAnnaです♡


日本は40℃に達する都道府県が出てくるというとても暑い季節になって来ましたが、コロナが拡大している以上マスクは欠かせず…。例年より更に蒸し暑い日々を皆さま送られているのではないでしょうか?

中々減少しないコロナの感染者数。留学したい方にとってもコロナは敵の様な存在であると思います…。

いつ頃留学できる様になるのか?気になる方も多いのではないでしょうか?


前回はYukikoさんがカナダの入国情報についての記事を書いていました。

そこで、今回はカナダの現状についてTwitterの声も引用しつつ、日本と比較しながらお届け出来ればと思っております!


※ジャスティン・トルドー首相もきちんとマスクをしていますね!😷


続きを読む

コロナウィルス:カナダでのフェーズの変化


本日カナダ時刻3月16日月曜日に首相の会見にて”外国人の入国を一斉封鎖する”という決定がなされました。これにより、入国が許可されるのはカナダ市民、永住権者及び航空会社クルーや政府高官のみとなりました。
16日月曜日の会見では具体的にいつまでの閉鎖なのかという発表はありませんでしたが、現在、公立の学校や施設は4月5日まで閉鎖となっています。もちろん、状況が沈静化するまでの封鎖かとは思いますが、他の施設の封鎖と並行しますと同じく4月 5日ごろまでを一時的な封鎖とする考えもありますが、一部の語学学校、ホームステイプロバイダーからは5月1日からの受け入れを目処としているようです。

無条件に入国できない状況は経済を著しく影響させるため、長期化は見込んでいませんが、近々に入国予定だった方はリスケジュールの対応をしてください。


※以下は日本時間3月16日時点でのブログです。



こんにちは!

日本からYukikoです。


日本では学校の再開のめどが立ち、中国ではかなり人出も出てきたようで、早くからコロナウィルスの影響を受けた国はフェーズ(段階)が変わってきたように、

感染の遅かった国たちのフェーズも変わりつつあります。


今日は真面目に情報をシェアです。

くれぐれもお伝えしますが、3月16日現時点での状況ですので、お間違いなく!

続きを読む

カナダの高校、私立?公立?どっちがいいの?

こんにちは。


またまた登場、Kです。今回は、前回紹介した学区見学の中で、学区の担当者と話に少し上がった公立と私立の違いについてご紹介させていただこうと思います。

カナダの先生事情から公立、私立高校のメリット、デメリットまで詳しく書いていきます。


続きを読む

カナダの高校のシステム徹底解説!!-後編

こんにちは!

最近ちゃんとブログを書くようになったYukikoです。


夏くらいから結構人任せ感が強かったんですが、ちゃんと自分もやるようになりました。

やっぱり何事も愛を持って取り組まなければいけません!


さてさて、以前の前編に続き、後編です。

後編ももちろんKさんが書いてくれましたよ~結構細かい情報をかなり細かく…!!


カナダの高校のシステム徹底解説!!-前編


しかも最初1つの記事でしたからね、前後編に分けたけど。

どんだけ長い記事なんだ!!血のにじむような努力だったことでしょう。

感動。


ちなみに今回は部分的に私が総評を入れているので、厳密にはKさんと私の合作ですね。


さて、後編ではカナダの州別の高校の単位システムの解説です(‘ω’)ノ


続きを読む

2020年度カナダワーキングホリデービザは12月中に受付スタート(予定)!

こんにちは!今日もせっせと日本よりYukikoです。


今、トロントでたまにバレリーナをしている友達とLINEをしているのですが、今度の12月14日トロント公演の「くるみ割り人形」に出るとのことで、「宣伝してよ」と言ってきました。

宣伝しておきます!!

詳しくはライフトロントの以下の記事からどうぞ(´◉◞౪◟◉) ←丸投げ


https://lifetoronto.jp/event/Ballet_TheNUTCRACKER


ちなみに彼女は中高の後輩で、トロントにワーホリに行き、日本でがんばっていたバレエでトロントでも活躍し、時々トロントで公演に出ているようです。ちなみにトロントでの公演は5年目で、自分で「大御所。」と言っていました。テングですね!

しかしもともと才能ある人はどこでも輝くのですねぇ。。しみじみ。

続きを読む

【高校教育】カナダorアメリカor日本 どの国がベスト?

どうも〜。

ナデシコ留学でカナダの高校を卒業し、今はUBCで勉強をしているKです。


今回のテーマは、カナダ、アメリカ、日本の高校教育の比較です。


どの国が一番自分はいいと思うのか?

留学の本当の意味とは?

どこの国に留学しようか悩んでいる方、必見です!!!

続きを読む

インターン生Sakuraがお届け!カナダのライフスタイルに迫る!

こんにちは、初めまして(^▽^)/

インターン生のSakuraです!


私は、今8月19日~8月30日までの二週間カナダのバンクーバーのナデシコ留学現地オフィス、COSでインターンをしています。

普段は、日本の京都で大学生をしています。現在3回生です。現在夏休み期間中です!


実は、今回が初海外なんです( ゚Д゚)慣れない環境で少し緊張しています。

そろそろ就活も考えなければならない時期でもあったこと、また在学中に絶対に海外にはいきたいと考えていたので今回のインターンに参加しました♪


短期間ではありますが、私が感じたことを記事にしていきたいと考えています。どうか温かい目で見守ってください(笑)


よろしくお願いします!


-Sakura


初海外

大学3回生にして初海外。カナダ!バンクーバー!

続きを読む

BC州の高校卒業プログラムの変更:Graduation Literacy Assessmentとは?


こんにちは!

名古屋からYukikoです。

1月らしい寒さに、周りではインフルエンザなどの声も聞きます。みなさんは体調、大丈夫ですか??


さて、私の方はやっと!大学のテストが終わり、自由が訪れました。(定休日だけ大学に通っていた。)

仕事をすでに自由に入れているあたりは突っ込まないでください。


大学の話はまた別でするとしても、1学期大学に戻ってみて、思ったこともいろいろありました。

学費は高いですが、とてもためになりますね。

レポートとテスト地獄はもう御免ですが、やっぱりいいキリがつくまでは大学での勉強は続けたいと思います。来期の授業はなににしようかな!


さて、今日は巷で話題の、Graduation Literacy/Numeracy Assessmentについて書こうと思います(´◉◞౪◟◉)

おそらく地球上のごくわずかな人の間での話題です。

続きを読む

リメンバランスデーって何の日?11月11日はRememberance Day

こんにちは!

まだコートは要らないものの、ちょっと冬っぽくなってきましたね。

名古屋よりYukikoです!


最近ブログの存在をほぼ忘れかけていました。

というのも、また別記事にしようと思うのですが、実はワタクシYukiko、大学に通っているのです。

でも定休日の週一だけです!


このお仕事をしていると、普段、学生さんの進路とか、教育について深く考えることが多くて、またきちんと教育について勉強したい、と思ったんです。学生さんと触れ合うにあたって、根本を勉強したいなと。教育的指導はできるだけしないようにと思っているので、そんなに外向きには変わらないかもしれないですが…少なくとも正しく知識のもと、導きたいと常に思ってます。

大学では教育学をメインとしていて、教職免許も取れるのですが(しかし実習に行けないのでいつまでもコンプ不可能)、先生たちから「その年からでも遅くないから!!」とめっちゃ励まされます。

33歳、遅咲きの教師を目指すドリーマーだと思われているんでしょうね。。


と、学校の課題も多く、結構いっぱいいっぱいでブログというルーティンを忘れかけてました。ごめんねナデシコ留学。


続きを読む

カナダのスタバはこんなにも充実している!!〜プログラム内容編〜

starbucks001

みなさん、こんにちは〜!

バンクーバーからAkimiです( ´ ▽ ` )


サンクスギビングも終わり、もうすぐハロウィンですね〜。

こちらの仮装は顔に血糊をつけたり、家の飾り付けをホーンテッドハウスのようにしたりとかなり本格的です。


さてさて、Yukikoが以前、「カナダのスタバと日本のスタバはこうも違う」について記事を書きましたが、あれから数年経ち、スタバのプログラムも大幅にアップデートされたので、


スタバについて記事を書こう!と思った次第ですᕦ(ò_óˇ)ᕤ ←はりきってるけど、誰も求めてない!?


カナダのスタバと日本のスタバはこうも違う


カナダのスタバと日本のスタバはこうも違う2


カナダのスタバは、会員登録することで日本のスタバ会員と比べて、お得な特典がいっっっっっぱい!!

カナダのコーヒー文化は日本以上なので、特典内容もそこから来ているのではないかと思いますね〜。


本日は、その特典を一挙大公開!!

スタバの回し者ではないですよw


Starbucksrewards


購入金額に応じてスター(ポイント)を貯められる


$1 に付き、2スター獲得!


因みに一年前半くらい前は、購入金額に関わらず、一回の購入で1スターが貯まるプログラムでした。


125スターで無料特典がもらえる


125スターが貯まり次第、好きなドリンク、または、食べ物一つを無料で注文できます。


この最大の魅力は、料金に関係なく、一品無料で注文ができるのです。

つまり、おそらく最安値のコーヒー、トールサイズ$1.85を注文しても$15くらいの食べ物を注文しても無料です。

ガメツイ私は(笑)こういう時に高い商品を注文します( ̄∇ ̄) ←なぜにドヤ顔…。


因みにトールサイズは、350 mlで、カナダではトールサイズからしかメニューにありません。

ショートも言えば、店舗によっては注文できますが。


単純に計算すると$62.50分購入すると、125スターが貯まります。


誕生日には一品無料で注文できる


こちらは125スター特典と同じように誕生日当日のみ有効で上限なしに好きな物を一品無料で注文できます。


以前は、前後一日あったので当日でなくてもよかったんですが、当日のみとなってしまいました。

私は残念ながら今年の誕生日当日はこの特典をすっかり忘れてしまい、逃してしまいました。。


一回の滞在中にコーヒー、または紅茶のおかわりが自由


通常のコーヒーと紅茶に限りますが、滞在中は何度でもおかわりが自由なんです。

つまり、滞在中に一回コーヒー・紅茶を購入し、その後、おしゃべり・読書・仕事・勉強などで長時間滞在する場合、おかわりを何度でもできます。


日本で長居したら周りに白い目で見られそうですが…、カナダはカフェ文化が浸透していて、カフェで勉強や仕事を長時間する人がたくさんいます!


高校生、大学生も日本の学生に比べ、日頃からたくさん勉強しなければならないのも理由ですね。

スタバを出る時に再度おかわりをして、並々のコーヒー・紅茶を持って帰宅〜なんてこともできちゃいます( ^-^)_旦””


カフェもそこら中にあり、日本で言うセブ◯とローソ◯が隣合わせのようにたくさんのカフェが競合しています。

ちなみに日本のコンビニは、全国に約55,000店舗あるそうです。

カナダのカフェがカナダ全土に何店舗あるかはわからなかったのですが、面白いデータがありました。


2015年には世界でのコーヒー消費量ナンバー3!!

1位はオランダ、2位はフィンランドです。


2017年のデータでは、62億ドルの市場があり、カフェでは16万以上の求人が発生しているそうです。

ワーホリの学生さんにとっては、それだけカフェで働くチャンスもありますね。


本日はスタバプログラムの基本内容をご紹介しました〜。

留学しているとアンチスタバでない限り行く機会が多いと思うので、せっかくならメンバーシップになった方が何かとお得ですね!!


メンバーシップにはどうやってなるか?


それはとても簡単です。


スタバのウェブサイトやアプリから個人情報などを登録して会員になります。

その時にスタバのギフトカードを登録するかデジタルカードを注文します。

ギフトカードは店頭に売っているのでそれを事前に購入する必要がありますね。


このギフトカードはお誕生日やありがとうを伝えるシーン別用、季節限定、カナダ限定などたくさん売っています。


starbucksgiftcard


はい、これで完了です。


以前、ナデシコの子がスタバのドリンクを持ってオフィスに来ていたので、それを教えるとすぐに会員になり利用していました。

やっぱり私スタバの回し者!?笑


次はお得なプログラム利用方法をシリーズ化してご紹介したいと思います。

きっと。。頑張ります笑。


スタバのPSLから始まる北米の秋


ストライキ、大迷惑!!

こんにちは!

最近は結構爽やかな名古屋からYukikoが今日もお届けです。


今日はちょっと役に立つかもしれない記事。

カナダのストライキについてです。


というのも、先日こんな記事を目にしました。


カナダの郵便局「カナダポスト」がストライキするかも。知っておきたいこと5つ

http://lifevancouver.jp/2018/09/news/145665.html


ちょうど高校留学で学生さんに日本からPCを送ろうとされていた親御さんがいらっしゃったので、すぐに要注意!とメールしました。

今は議論を続ける、という状態が続いていて、ストライキはとりあえず現時点(2018年10月10日現在)で回避できているようです。


それにしても、カナダではストライキがなにかと起こります。


日本も高度経済成長期だったころ、どんどん物価が上がって労働者のお給料がついていかなかった時代には、結構ストライキが起こったんですよね。

でも近年はデフレが続き、物価はそんなに上がらないのでストライキも起きない(というか起こしにくい)ようです。


カナダは場所によっては地価もぐんぐん上がっているし、そういう理由もあるのかもですが、カナダポストは男女差や地域差の問題のようで、理由は様々です。言いたいことは言わせてもらう、という国民性もあるのかなと思ったりします。性差別は日本よりも厳しいですしね。


ちなみに、これまでカナダで起きた迷惑かつ驚きのストライキ、気になりませんか?

特に留学生が迷惑した最近のものを挙げてみました。


2014年 BC州公立学校の先生のストライキ

…バンクーバーのあるBC州の公立の小学校~高校の先生たちが学校に来なくなりました。この件で、高校留学をしていて、受験のために成績が早くほしかった学生たちは大変困りました。


2013年 カナダ国内のCIC(移民局)のスタッフのストライキ

…ビザに関わる審査官たちがストライキに入り、審査がおいつかず、普段審査をしないスタッフも駆り出されたようで審査のミスも多発。ビザが下りるのにもいつも以上に時間がかかる、出たと思ったらミスがある、など留学生泣かせのストライキでした。

ちなみに日本から申請する場合はカナダ国内ではなくフィリピンにある査証部で審査がなされるので、問題は少なかったようです。現地申請が大変でした。


2011年 バンクーバーアイランド大学(VIU)の教授たちのストライキ

…大学休講だらけ。高い学費払っている留学生は授業が受けられませんでした。


2001年 バンクーバーエリアの公共交通機関を運営するTranslinkの子会社で、中でもバスを運営するCoast Mountain Bus Companyのストライキ

…4月1日~8月1日まで123日に及ぶストライキで、バス路線や本数は少なくなり通勤や通学が相当大変だったと聞きました。


などなど。


カナダポストは2011年にもカナダ全土でストライキをしていて、ストライキで多いのはエアライン。とくにエアカナダはしょっちゅうストライキして飛行機を遅延させたりしています。。

これらも留学生には大迷惑です(・∀・)


そして地味に迷惑だったのか、現地の代表に聞いて一番に挙げてきたのが、2013年から2014年にかけての家具屋さん、IKEAのストライキ

なんと17か月もの間、バンクーバーのIKEAをクローズしていて、営業がまったくできてなかったのです。


私もこの期間はカナダにいたのですが、ちょうど17か月を経てオープンする!というタイミングにIKEAに行きました。普通のIKEAでしたが、現地の方にとっては地味に迷惑だったのでしょう。

ちなみにCICのストライキのときもカナダにいて現地申請などがあったのですが、私は幸い影響は受けませんでした。学校から「ストライキだから早め早めに申請しておけ!」と言われて、早めにしたのも良かったのかも。


カナダは日本よりも大胆かつ、混乱と迷惑をあまり顧みないストライキが勃発します。

経済のこととかおかまいなし。

でもだからこそ意味のあるストライキであり、主張ということになるんでしょうね。


カナダ人はゆるいので、ストライキでたとえば授業に遅れたり、約束が果たせなかったり、何か都合が悪いことがあったら、大体許してくれます。

でも日本人は許さないので、例えば一番上の成績が出なくて日本の大学受験の書類が間に合わなかった、というのは大変なことです。(まぁそれなりの配慮がなされたとは思いますが…)


ストライキは起きるときは起きてしまうので、その情報をいかに早くつかみ、自分への影響を考え対策が取れるかがポイントです!

現地にいる学生さんは、ニュースはつまらないからYoutube見る、という気持ちも分かりますが、ちょっと世間のことにアンテナを張ってみるのも自己防衛手段として有効です。


平和に過ごせるのが一番ですが、こんなお国の違いも知っておくとよいかなと思います(∩´∀`)∩


今日はまぁまぁ役立ったかしら。

ではまた次回~(*’ω’*)


ここが変だよカナダの銀行

こんにちは、日本からYukikoです~

もうあっという間に9月も後半に差し掛かりましたねー2018年どころか平成もあとわずかですよ!

びっくりします。


時の流れる早さにびっくりと言えば、もう9月に高校留学をスタートした学生たちも現地学生に混じって普通の授業を開始しているんですよ~

現地からレポートがあって、なんだかしみじみ。。


と、そんなナデシコの現地学生から、私のLINEに質問が入りました!

今日はそれをきっかけに書こうと思ったネタなのです。ちなみにタイトルは昔テレビ番組であった「ここが変だよ!日本人」をイメージしたのですが、古すぎてナデシコ世代には通用しないのかもしれません。


さて、その質問とは。。


「カナダで作った銀行口座の残高をオンラインで確認したのですが、LEDGER BALANCEとAVAILABLE BALANCEとの違いが分かりません。。」

続きを読む

スタバのPSLから始まる北米の秋

こんにちは!

最近は日本もちょっと秋めいてきましたね。

さすがにノースリーブで1日過ごすのは厳しくなってきました(・∀・)


カナダももう結構秋なんじゃないでしょうか。

カナダの秋はすぐ寒くなるものの、街路樹のメープルか色づいて本当に美しいですよ。

雨も多くなりますが、それでも道一面に落ちた葉が芸術的だったりします!



こんな感じとか。

歩くだけで本当にため息がでるほど雰囲気があるのが秋のカナダ。


今年の紅葉の様子は現地スタッフがきっとあげてくれる!はず!!


さてさて、表題にあるPSLとは…まさに北米の秋の風物詩なんですが…何かご存じですか??

この前、私の聴きつけのバンクーバーのローカルラジオ「Jonny Holly Nira Amy」(パーソナリティの名前を羅列してるだけで番組名ではないのかもしれない)でも9月1日に発売となったこのPSLについてJonnyさんがエキサイトしておりました。


PSLとは…

続きを読む

現地でナデシコ留学Meetup 2018を開催!!

meetup05


皆さん、こんにちは!

バンクーバーからAkimiです。


先週末に半分以上の新ナデシコたちが学区へ移動し、新しい生活を始めましたー!

そして昨日も二人がそれぞれの学区へ移動し、あと数名これから移動するナデシコ達がいます。


みんなバンクーバーから離れてしまい、当分オフィスに来て顔が見れないと思うと、ちょっぴり寂しい気持ちもありますが、

みんなこれからどんどん新しいことを吸収して、成長していくんだなと思うと嬉しくもあります。


明日は、留学一年目が終わり一時帰国していたサムライが、留学二年目のために戻ってきたタイミングでオフィスに挨拶に来てくれるので、久しぶりに会えるサムライにワクワクしています(*´∇`*)


ナデシコ留学も時々、紹介などで男の子のサポートもしています。

今年は新サムライもいて、年頃の男の子と女の子ってやっぱり違うな〜と感じています。


女の子は始めのうちからたくさんお喋りをしてくれて、懐いてくれます。(と、勝手に思っています笑)

でも、男の子は思春期だからか心を開いてくれるまでに時間がかかり、ちょっぴり寂しい時もありますが、

一度心を開いてくれるようになると、すごく頼ってくれてそれもまた嬉しくも思います。


なんだか勝手にナデシコ、サムライのお母さんの気分ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

↑おいおい、図々しいよ…。


ではでは、本題のナデシコMeetupのレポートをしていきます!!


続きを読む

カナダの田舎の高校留学のオモシロサよ!!


こんにちは(*´▽`*)

猛暑の名古屋よりYukikoです~


夏が早いですね、今年は。早く終わるのかしら。

カナダは28度?とかでもWarningが出るほど涼しいみたいで羨ましい限りです。とにかく湿気がなくてDryなんですよね。いーなーーーー


さて!

今日はちょっと涼しくなるような写真も織り交ぜつつ、現地ナデシコのレポートをしていきます。


現地ナデシコ、この6月にGr12(高3)を終えて卒業したSaraちゃんのお話です。


彼女は高1を日本で終え、高2でビクトリア学区に高校留学しました。

ところが、ビクトリア学区は日本人、留学生もとても多く(数を非公開にしているほど多いという話、、)、また地域そのものの都市感もSaraちゃんの肌には合わず、高3でもっと留学生の少ない田舎に行きたい!とナデシコのドアをたたいてくれました。


Saraちゃんは自分で行きたい学区を見つけてきました。それがVernon学区。その年のカナダの大使館フェアでVernon学区と話をして、改めてエージェント目線からも学区のご紹介をして、親御様ともスカイプで挨拶をさせていただき、ナデシコ留学とVernon学区への移動のお手続きを進めました。

続きを読む

「留学」とカナダでの大麻の合法化

こんにちは!

カナダより舞い戻りました~Yukikoです。

日本は蒸し暑いですね(‘ω’)


さて、私がカナダのトロントの提携オフィスでのんびーりしているころ、こんなニュースが飛び込んできました。

前々から実は言われておりましたが。。


「大麻の娯楽目的での所持使用の合法化」。

今年2018年9月ごろを目処に、成人であればだれでも合法的に購入や所持使用が可能となります。


が、この法律はもちろん成人に対してのみで、未成年の購入や使用は依然禁止です。

以下、ナデシコ留学の運営元のCOSが出している今回の件に対してのアナウンスです。

続きを読む

カナダのビザ申請が変わる!?バイオメトリクス(指紋)認証が必要に

こんにちは!

昨日まではお天気がよかった名古屋からYukikoです!でも今日から雨になって18度まで下がるらしいですよ~でも週末はまた29度くらいに上がるとか。。

なんじゃそりゃー(´・ω・`)

お洋服困っちゃいますな。


さて、今日もバンクーバーの語学学校InlinguaのカウンセラーさんIzumiさんがオフィスに学校のご案内をしに来くれたのですが、そこで、表題のお話が出たのです。


実はカナダ大使館からも4月に留学業者宛てにもこの件はシェアがあり、説明会もあったのです。

ただこの時点では、かなり内容が不透明でどうなるのか??という感じだったので、告知などもしていなかったのですが、Izumiさんによると、結構真剣に導入される見込みとのこと。。


導入は2019年1月1日から。それ以降の学生ビザとワーホリビザは、このバイオメトリクス(指紋)認証が必要になるそうです。

続きを読む

カナダ人の思う「うざい人」とは? – The most annoying people


こんにちは!

今日もYukikoがお届けです。


今日は日曜日なのですが、最近日曜日は夕方から名古屋ランゲージラバーズさんの主催する「ランゲージエクスチェンジ Meet up」に参加させてもらっています!

今はちょっと早く来すぎたので、待機中。先週は大雨で人が少なかったですが、今日は天気もいいのでたくさんの方がきているといいな~と期待しています!


名古屋市伏見駅近くのパブで毎週日曜16時半~、参加費500円+ワンドリンクオーダーでたくさんの外国のかたと方の力を抜いて英語の練習ができるので、おすすめです!

概要は以下から見れます。


【祝!!6000人】Nagoya Language Lovers (名古屋市, 日本)

【NEWS】 /////////■2017年4月より言語習得に特化したco-learning space「Language LAB.」を矢場町にオープンしました。URL: http://language-lab.jp//////////////////////////////////【グループ紹介】We are club that organizes events in Nago


私はたまにこちらにこんな感じで参加しています!



多いときは50~80名くらい参加されます。



私も暇していると声をかけてもらえますが、仕事よりがっつり英会話で結構脳が疲れます。。

日本人同士でも英語で話す方が多いという!意識の高さ!!


お暇な方はぜひ参加してみてくださいね!私がいたら、留学相談もその場でできます(=゚ω゚)ノ


さて、今日はさくっとライトな話題。

先ほど、よく聴くカナダバンクーバーのローカルラジオをネットで聴いていたところ、出た話題について。


ちょっとおもしろかったのでシェアです(∩´∀`)∩


カナダ人と日本人、全然違うようでちょっと似ているなって思うときがあるんです。

たとえば、「建前を言う」ところとか、「グイグイいかない」ところとか、「よく気が付いて親切」なところとか。


先日、カナダの語学学校の方が営業でオフィスに来て下さったときにもこの話をしました。

そのスタッフさんは、過去はがっつりアメリカで過ごされた方だったので、カナダとアメリカの違いについて話して盛り上がったんです。

そのときに、カナダ人について上記のようなことを言っていました。


ちょっと日本人っぽいところがある、と。


で、この「うざいと思うやつら」というアンケートリサーチの結果も「なるほど~」と思いました。

ランキング3位までの発表があったので、3位からいきます。


3位: レジで数点しか購入品がない人を先に行かせてあげないやつ


親切すぎないですか?日本人でもやる人少ないと思います。

でもカナダに住んでいたころ、お菓子とかドリンクだけを持っていたら確かに「お先にどうぞ」と譲ってもらったことは何度かありました。

日本では逆にあまりないので、意識してなかったですし、もしされたら恐縮しちゃうかもですが、これ、現地でさらっとできたらかっこいいなと思います。


2位: テキスト(携帯メール)で一言のメッセージを立て続けに連続で送ってくるやつ


「一回で長文で送れよ!!」ってことですよね。

これはこの前、「彼女のするうざい癖」というヤフーか何かのインターネット記事で同様のことが書いてあったのを思い出しました。

カナダ人で大雑把で、悪く言うと雑、良く言うとおおらかなところがあると思っていましたが、意外と細かいんだなーと思いました。ラジオのパーソナリティも「うちの妹がそうなんだよね~確かにやられるととにかく通知音がうざい」と言ってました。


1位: 駐車場で枠内に停めないやつ


これは逆に、枠内に停めないやつがそんなにいるの?とカナダらしさを感じました。

日本ではそんなに見ないですよね。曲がっている人はたまーにいるけど、結構どの車もまっすぐに整然と停めてある印象です。

私はカナダでは車の運転はしなかったのですが、運転する友人とモールなどに行ったときは確かに枠外ギリギリ出てるか出てないか、の車も結構見たかも。。

そもそも車が大きいっていうのもあって、ちょっとずらして停めるだけでうざいことになるのかもしれないですね。この癖のあるらしき別のパーソナリティが「はみ出てなきゃいーじゃない!!下手なのよ!!」とキレていました。


と、ふたを開けると実にくだらないですが、ちょっとカナダ人の「細かいところ」と「おおらかなところ」が結構わかりやすく出たランキングだな!と思ってフィーチャーしてみました。

ちょっとカナダ人を近しく思えるところもあるんじゃないでしょうか。


実はカナダ人も気にするところは気にしている。。ということで、留学したら「この人たちは神経が図太いから」と雑に行動せず、周囲を気遣った行動をしたいところですね(・ω・)

お国は関係なく、人の迷惑になることは先回りして気づきたいものですな(´Д`)


ではさくっとライトな記事でしたが、またおもしろいネタを拾ったらシェアします(^^)/

また次回をお楽しみに~!

ホームステイで喜ばれる、ウケのいいお土産と注意点とは?

こんにちは!

今日も元気に名古屋からYukikoです(∩´∀`)∩


桜ももう散って、今週からもう夏日ですって!!びびりますね。夏早くないか。


今日は、夏休みの留学がそろそろ動き出し、さもすると多くなるであろうこの質問に対して答えるブログです!


「ホームステイにお土産って何持って行けばいい?」


はいこれよくありすぎる質問です(=゚ω゚)ノ


しかし!!

答えなどないのです。なぜならたいていなんでも喜んでもらえるのです。気持ちが大事なのですよ。

もし外国から留学生をあなたがホームステイとして受け入れるとき、持ってきてくれたものが何だったとしても、その気持ちがうれしくないですか?


お土産やプレゼントの鉄則は「相手を思い選ぶこと」を、どれだけしたかです。

何がいいのか、悩んでググってこうしてこのブログにたどり着いた方がいたとしたら、もうその「ググってまでいいものを探そうとしている」その気持ちこそが、受け入れるホームステイ側はうれしいのですよ。


と、でもこれで終わったらググってくれた方の気持ちも台無しになるので、きれいごとで終わらせず、これまでの評判の良かったと聞く品を発表します!!


ちなみに、今回はいかにもな「お箸」「扇子」「手ぬぐい」など日本的なものは除外します。普通にウケると思いますが、正直すでに持っている可能性も高いので、値段=質勝負になりがちなのがこのあたりのものです。。「着物」「浴衣」を持って行った学生さんもいますが、ホストは喜んでいたものの、けっこうお値段はりますよね。


ではおすすめを3つ並べていきます!


続きを読む

外国人はLINEを使わない!?何を使ってるの?

こんにちは!

名古屋から毎度毎度のYukikoです~


今日は立て続けに2作書いているので、私の仕事はブログ執筆なのかも、と留学業としての役割を疑いつつあります。

相談会やってるときはもっとイキイキしてるんですけどね!!ブログは孤独との戦い。正味独り言だしね。


(・ω・)


さて!今日はちょっと「え?そうなの?」的な記事。

よく考えると、外国人ってどんなメッセージアプリを使ってると思います??

不思議ですよね。


結構、出発前のオリエンテーションなどでちょっとこの話題を出すと、「え~そうなんだ!」という声を聞くんです。

なので記事にしてみようかなと思いました(´▽`)


はっきり結論から言うと。


LINEをメインで使うのはほぼ日本人だけです。


続きを読む

カナダVSオーストラリア留学!?合同セミナー@3月31日(土)名古屋

こんにちは!

日曜な名古屋よりYukikoです(‘ω’)


最近、ブログの仕様でブログトップにお知らせが入るようになったんですよ~

これまで告知は自分でブログ内でやってましたが、自動で過去のブログにもつくように!!

テクノロジ~


ちなみにナデシコ(というかCOS)にはIT担当のスタッフがいて、頼むとなんでもやってくれます。

最近はチラシデザインのできる女性も加入して、販促物をたくさん作ろうと躍起になっております。


と、そんなことはさておき、上記で「もう自分で告知しなくてもいい」と言っておきながら、今日はがっつり告知します(笑)!


以前、アメリカ留学とカナダ留学を比べる記事を書きましたが、今回はVSオーストラリア。

アメリカ留学は実は距離的にはカナダは近いものの、お国柄は結構違うので比べ安いんです。

意外と比べにくいのが実はオーストラリア!

続きを読む

留学女子の「おしゃれ」変化あるある

こんにちは!

名古屋よりYukikoです~(*´▽`*)


最近春の嵐とかありながらも、だいぶ暖かくなって、ダウン要らずの季節になりましたね。

桜の開花まであと少し!春がとっても待ち遠しい今日この頃です。

今日は留学あるあるの一つ、「女の子の美意識の変化」について書こうと思います。

これは結構笑えるあるあるですよ。


というのも、このネタを思いついたのはお仕事の関係でとあるカメラマンさんに会ったことから。

カメラマンさんとは、留学に行く前、行った後の学生が集まる交流会のようなところでお話をしたのですが、彼いわく「この中の女の子たち、見た目で「行く前」か「行った後」か分かるよ」ということで。

ためしに言い当てていってもらったところ、9割がた正解!


でもたしかによくよく考えてみると、私たちの学生さんも見た目が女の子は結構変わってるかも!と思います。

私の留学友達も、カナダが結構長い子だとそんな感じになっている子がちらほら。


というわけで、留学するとどんなふうに変わるのか!あるあるをざっとご紹介(∩´∀`)∩

続きを読む

カナダの洗濯事情 ‐洗濯は週一回!?

こんにちは!

名古屋から今日もせっせとブログを生産するYukikoです。


ちょっとずつ、日本列島も春めいてきましたね。

ピョンチャンオリンピックも閉会して、シーズンが終わった感満載。

私はオリンピックカーリングを実家でテレビ観戦中、「カーリングのどこがスポーツなの?」「カーリングってなんなの?」と父に若干カーリングを馬鹿にされ、「カーリングはカナダの国技だよ!!カナダ人にキレられるよ!」と私がキレかかっていた、そんな今年の冬季オリンピックでした。


今日はホームステイについてのからみでよくある質問、「カナダの洗濯事情」についてのゆるブログ。


日本との大きな違い、それはまず頻度です。


日本→普通の家庭だと毎日。

カナダ→普通の家庭でも3日おき、長いところだと1週間おき。


これはびっくりですよね。


私はカナダで何度かホームステイをしたことがありますが、洗濯は平均して週1か3日に1回くらい。

学生のうちはホストが指定のカゴに入れておくと洗濯してくれるシステムでした。大人になると、なんだか自分が気になって自分の洗濯は自分がすることの方が多かったです。


ホームステイはどちらかというと、自分でやりたいなら自分でやって、という感じが多いかと思います。

あとは学生が複数人いるホームステイだと、ごっちゃになるといけないので、別々で好きな時に洗濯することも多いですね。


カナダ人の洗濯と言えば…

女子トークですが…


カナダ人の女性はそんなにブラジャーを洗わない!?のか「いったいいくつブラを持ってるの!?」と1日1回付け替えることに、とあるホームステイで驚かれた記憶があります。。

いや、そりゃ下の下着ほど汚れないイメージかもだけど、上も結構汚くないですか!?

このあたり、世界一清潔な民族の日本人感が出てしまうところでしょうか。。


あと「日本の下着はなんかヒラヒラしているものが多いわね」とコメントされたこともあります(笑)

過去の日本人留学生の好みの傾向なのでしょうか。。


そして次に違うところは…


日本→外干し自然乾燥が普通。

カナダ→乾燥機が普通。


これは、カナダのとくに都市部(バンクーバーとか)の条例で「洗濯物を外干ししてはならない」というルールがあるところが多いのも理由なのですが、外で干す習慣はあまりないようです。

条例の理由は景観を守るためで、パリなどほかの有名都市も結構海外では普通だと聞いたことがあります。


お天道様のもとで乾かせないので、なんかちょっと日本人としては複雑な気分です。


カナダの家庭はほぼ100%、乾燥機を持っています。

洗濯は正味2時間くらいでたたむところまで持っていけるのがカナダの洗濯。

★カナダ留学に興味を持った方はこちらをクリック★

でも逆に言うと、毎日洗濯すると2時間は帰宅後に洗濯に取られるわけで、それもおっくうだし、1回1回、毎日洗濯乾燥機を回していたら、電気代が結構なことになってしまうのですね。

そういうわけで、頻度も低めということなのだと思っています。


ちなみに、アパートなどでシェア暮らしをすると、アパートには「部屋に洗濯乾燥機がついているパターン」と「部屋にはなく、アパートに共同の洗濯乾燥機室があって数台おいてあるパターン」とあります。

後者は洗濯乾燥機でそれぞれ2ドルくらいなので、洗濯のたびに4ドルくらい使うことになるのです。


しかも住人と数台を共有するので、好きな時に洗濯ができないときもある!

うかつにしていると、知らない住人に勝手に終わった洗濯物を取り出され放置されていることもある!(経験済)


そう考えると、家賃が数十ドル高くても、部屋に洗濯乾燥機がある方が良かったりもします。


ホームステイも、何人か学生が住んでいるホームステイだと、その学生と交代で使うことになったりするので要注意です。


乾燥機というのが結構くせ者で、乾燥機は本当に衣服が傷みます。

とくに日本の衣服はあまり乾燥機にかけられることを想定していないので、ちょっと気を抜いて洗濯指示表示を見落とすと、モーレツに服が縮んでしまうという悲劇も起きます。


下着なんて恐ろしい速度で傷みます。

高い下着は手洗いが鉄則です!!


なお、カナダで買う衣服は乾燥機が当たり前だからか、わりと乾燥機対応している素材の服が多い気がします。


私はいつも傷んで結構な安い服や下着を身に付けている留学生活だったので、さほど苦労したことはありませんが、結構こだわりの物を持っている留学生は洗濯に苦労していました。

一緒にアパートに住んでいた日本人ルームメイトは、毎日バスルームで手洗いして、部屋で干してましたね~。

傷むのが嫌だからか、節約のためかわからないのですが、毎日バスルームから1時間半は出てこなくて、大変そうだなぁと思ってました。


洗濯物にこだわりはないほうが、カナダにいる間は気が楽です。


という、ちょっと日本とは異なるカナダの洗濯事情でした!


これからホームステイ、シェア暮らしなど、留学生活をスタートする方はよかったら参考にしてみてくださいね(∩´∀`)∩


カナダの物価 何が高くて何が安いの?

こんにちは!

絶賛風邪ひき中のYukikoが名古屋からお届けします!!


先日は東京で相談会がありました。

1日に多くの方とお話して、乾燥した部屋で休憩なく夕方までしゃべりっぱなしだったので、戻ってきてすぐ体調くずしました。

お会いした方の一人から「インフルエンザになりました。。新美さんに感染していないといいのですが。。」と来て、まさか…!と思って熱を測ったところ、6度9分でした。違いました。


さて、今日はたまーに留学前にいただくご質問、物価についてです!

続きを読む

わたしのNew Resolution(新年の抱負)

明けましておめでとうございます!

2018年も、名古屋からYukikoです!今年もよろしくお願いします!


今年の仕事始めは5日だったのですが、オフィスのポストを開けると年賀状がいくつか入っていました。

ナデシコを始めたころは年賀状なんてどこ吹く風、でしたが、それだけ関わってきた人や学校、会社さんが多くなったってことですな~としみじみ。


昨年、高校留学に行ったTちゃんからもはるばる沖縄から年賀状が来てました~(*´▽`*)!

まさか学生さん(しかも留学を終えた方)からもご丁寧に年賀状をいただけるとは!!感動してすぐ返しました。

でも年賀状はさすがに気が引けたので寒中見舞い。


今は悔いのない進路を選べるように一生懸命日本での学校生活をがんばっているそうです。目に浮かぶわ~


最近、前にナデシコで留学してくれて、帰国された学生さんたちから「また再チャレンジしたいんです!」という相談をよくいただきます。

いわゆるリピーターさんですね…!留学もリピートする時代。


すごくうれしい。年賀状もだけど覚えていてくれることだけでも相当うれしい。


と、自己満な前置きが長くなりましたが、今日は新年の抱負について。


What is your resolution?


resolutionとはfirm decision。

かたい決意。つまり抱負。


よく新年に友人と飲んだり年末のパーリーをすると、カナダではこういう話がよく出ました。


ちなみに目標、というとgoalを使います。どちらでも意味としてはいいのですが、新年の抱負、というときはresolutionを使うことが多いという印象です。

日本語でも、「抱負」って「新年」という言葉と相性がいいですよね。よく見聞きするというか。それに似た感覚。


そう、このTPOに応じた英語の語彙の取捨選択というのは、やはり留学で生の英語に触れていないとわからない!判断できない!

微妙なニュアンスなんですよね。


私たち英語圏から見た外国人は、どうしても細かい「違い」が分からないのです。

want to をwould like to にするのはいつかとか。

It can be をIt could beにするのはどんなときかとか。


日本語でも本当に説明できない!!昨年の夏に英会話教室を開いてビギナー向けの英語を教えましたが、本当にこのあたりの説明は難しいんです。

現地でたくさんのネイティブの会話を聞き、TPOデータを蓄積しニュアンスを体でつかむしかない!!


と、resolutionとgoalから変な方向に話が行ってしまいましたが、留学はそのへんの感覚が身につくという点で今年もおすすめしたい商品です。


ところで私の今年のresolutionは、「英語の会得」です!

上のようなことを偉そうに語っておいて…というツッコミはなしでお願いします。


会得できていたんですが、すっかり忘れてしまっていて最近不自由を感じるので、人脈を作るという意味でも、英会話にでも通おうかなーと。。

留学に行って英語力のベースはできたのですが、やっぱり日常的に使わないと鈍るんですよー英語力も。全身から自信がみなぎっていたあの頃の輝きを取り戻したい。


そしてできれば眉間のシワを取る注射を打ちたい。


みなさんの今年のresolutionは何ですか??

留学をすること!なあなたはぜひ情報収集にでもナデシコを使ってくださいねー(∩´∀`)∩


では、今回はさくっと!新年のご挨拶でした~

今年もよろしくお願いいたします!