結局いくらかかった?娘の【春休みの短期語学留学&バレエ留学】


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


梅雨が近づいているのでしょうか。

すでに私のくせ毛が反応しております。。。涙


南の娘Yunaのバレエ&語学留学ストーリー、最終回です。今日はいくらかかったかの費用大公開です。


無事4週間の留学を終え、グローバルカレッジで証書をいただきました。

こちらは、担任の先生との記念撮影☆


成績表もあり、英語の4技能においてのコメントが記されていました。

読む力、聞く力はそれなりの評価でしたが、スピーキングの能力は低い評価でした。


これからの学習は、スピーキングに力を入れられると良いと思いました。


さて、今回の留学に掛かった費用です。



(※3月に留学した場合。夏季は割高になります。)

グローバルカレッジ(語学学校) 4週間  1660ドル

ホームステイ 4週間  1150ドル

バレエラウンジ  1か月間 フリーパス  202.69ドル

ダンスコレクティブ (ヴァリエーションレッスン含) 267ドル

帰りの空港送迎  105ドル

ゴーバレエ オーディション費用 25.25ドル

———-

ドルでかかった費用 3049.94ドル(1カナダドル=90円で計算すると306,895円)


+


ナデシコサポート  45000円(税別)

カスタディアンレター  15000円(税別)

————

日本円でかかった費用 64,800円


合計:約371,694円

+航空券と保険費用でおよそ150,000円ほど。



上記費用の他にはお小遣いを持たせました。

学校のアクティビティ、水族館や科学館の入場料、出掛けた際の外食代、交通費、お土産代等が必要でした。


ちなみに、クレジットカードを作れる年齢ではないので、プリペイド式のVISAを持たせました。

洋服を購入するなど、殆どの商業施設で使えたようです。


ホームステイは個室にトイレがついていたので、通常より高めでしたが、とても便利だったようです。


バレエは二つのお教室に通ったので、ちょっと予算オーバーでした。。


バレエラウンジのみにするなど、一つのお教室に絞って通えば費用が抑えられます。

ゴーバレエのオーディションは、日本で受けると1万円ですので、オトクに受けることができました。


Yunaは、7月にゴーバレエのサマーインテンシブに向け、また渡航します。

7月の体験談もまたご紹介したいと思っています。


バレエを含めた語学留学をしたい方は、ぜひ一度ご相談くださいね!実際に手配したMinamiが担当いたします(∩´∀`)∩

カナダのビザ申請が変わる!?バイオメトリクス(指紋)認証が必要に


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

昨日まではお天気がよかった名古屋からYukikoです!でも今日から雨になって18度まで下がるらしいですよ~でも週末はまた29度くらいに上がるとか。。

なんじゃそりゃー(´・ω・`)

お洋服困っちゃいますな。


さて、今日もバンクーバーの語学学校InlinguaのカウンセラーさんIzumiさんがオフィスに学校のご案内をしに来くれたのですが、そこで、表題のお話が出たのです。


実はカナダ大使館からも4月に留学業者宛てにもこの件はシェアがあり、説明会もあったのです。

ただこの時点では、かなり内容が不透明でどうなるのか??という感じだったので、告知などもしていなかったのですが、Izumiさんによると、結構真剣に導入される見込みとのこと。。


導入は2019年1月1日から。それ以降の学生ビザとワーホリビザは、このバイオメトリクス(指紋)認証が必要になるそうです。



英語でいろいろ書いてありますが、概要をまとめます!


【必要になる人】

14歳~79歳までの

-学生ビザ

-ワークビザ

-永住権

-難民

申請をする方。

※観光ビザの方は日本国籍の場合、必要ないようです。尚、すでにカナダ国内にいる方で延長申請等をする方はカナダのオフィスで取得するようです。


【取得場所】

-東京の大門にあるCVAC(カナダビザアプリケーションセンター)のオフィス

※日本は2018年5月現在、この一か所のみ。


【バイオメトリクス認証取得にかかる費用】

85カナダドル


【実際の申請方法】

みなさんに大きくかかわるであろう、ワーホリビザ、学生ビザの方は、オンラインアカウントを作成し、必要な質問に答え、必要な書類をアップロード、そして申請料をクレジットカードで支払うまでは同じです。

ただし、ビザ申請料+上記の85ドルとなる予定。

その後、バイオメトリクス認証の依頼のメールまたはメッセージが届き、そのレターを持ってCVACのオフィスに行き認証を受けます。認証は、レターが届いてから30日以内の制限期間つきになる見込みとのことです。

そのバイオメトリクス認証が終わって、正式なビザの許可証が発行されるという流れになる予定のようです。


【困る点】

85ドル分、ビザ申請費用が高くなる!

東京のCVACにビザオンライン申請後30日以内に行かなければならない!!←壊滅的に厄介。


と、東京近郊にお住いの方以外はかなり難儀なことになりそうです。。

ただし、この情報は2018年5月現在のもので、観光ビザeTAの導入の際もかなりもたつき、トラブルが多く出たことから、果たして予定通り2019年1月1日からきれいな形で施行されるかどうかは、はなはだ怪しいところです。

ちなみにeTAのときはかなり当初の予定からずれ込み、開始まで数か月遅れました。


渡航そのもののタイミングには関わらず、ビザ申請を2018年以内に済ませていればこれには引っかからないので、もし現在、留学の予定を来年以降に控えている方は、ぜひ今年中にビザを取ってしまいたいものです。


この制度を導入して、混乱が大きければおそらく東京のオフィス以外でも認証が取れることになるのでは、という業界の希望的観測もありますが、始動段階ではあまり期待はできません。。

できるだけ、今年2018年中に…というのが現時点でのベストな選択肢ですね。


というわけで、ちょっと今日は留学会社っぽい情報のシェアでした(∩´∀`)∩

カナダ留学も山あり谷ありですな~


でも6か月以下の通学(観光ビザでOKのかた)は従来通りeTAの申請だけで関係ないので、ご安心を!

ではまた次回~(*´▽`*)


ホームステイで喜ばれる、ウケのいいお土産と注意点とは?


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

今日も元気に名古屋からYukikoです(∩´∀`)∩


桜ももう散って、今週からもう夏日ですって!!びびりますね。夏早くないか。


今日は、夏休みの留学がそろそろ動き出し、さもすると多くなるであろうこの質問に対して答えるブログです!


「ホームステイにお土産って何持って行けばいい?」


はいこれよくありすぎる質問です(=゚ω゚)ノ


しかし!!

答えなどないのです。なぜならたいていなんでも喜んでもらえるのです。気持ちが大事なのですよ。

もし外国から留学生をあなたがホームステイとして受け入れるとき、持ってきてくれたものが何だったとしても、その気持ちがうれしくないですか?


お土産やプレゼントの鉄則は「相手を思い選ぶこと」を、どれだけしたかです。

何がいいのか、悩んでググってこうしてこのブログにたどり着いた方がいたとしたら、もうその「ググってまでいいものを探そうとしている」その気持ちこそが、受け入れるホームステイ側はうれしいのですよ。


と、でもこれで終わったらググってくれた方の気持ちも台無しになるので、きれいごとで終わらせず、これまでの評判の良かったと聞く品を発表します!!


ちなみに、今回はいかにもな「お箸」「扇子」「手ぬぐい」など日本的なものは除外します。普通にウケると思いますが、正直すでに持っている可能性も高いので、値段=質勝負になりがちなのがこのあたりのものです。。「着物」「浴衣」を持って行った学生さんもいますが、ホストは喜んでいたものの、けっこうお値段はりますよね。


ではおすすめを3つ並べていきます!


続きを読む

外国人はLINEを使わない!?何を使ってるの?


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

名古屋から毎度毎度のYukikoです~


今日は立て続けに2作書いているので、私の仕事はブログ執筆なのかも、と留学業としての役割を疑いつつあります。

相談会やってるときはもっとイキイキしてるんですけどね!!ブログは孤独との戦い。正味独り言だしね。


(・ω・)


さて!今日はちょっと「え?そうなの?」的な記事。

よく考えると、外国人ってどんなメッセージアプリを使ってると思います??

不思議ですよね。


結構、出発前のオリエンテーションなどでちょっとこの話題を出すと、「え~そうなんだ!」という声を聞くんです。

なので記事にしてみようかなと思いました(´▽`)


はっきり結論から言うと。


LINEをメインで使うのはほぼ日本人だけです。


続きを読む

カナダVSオーストラリア留学!?合同セミナー@3月31日(土)名古屋


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

日曜な名古屋よりYukikoです(‘ω’)


最近、ブログの仕様でブログトップにお知らせが入るようになったんですよ~

これまで告知は自分でブログ内でやってましたが、自動で過去のブログにもつくように!!

テクノロジ~


ちなみにナデシコ(というかCOS)にはIT担当のスタッフがいて、頼むとなんでもやってくれます。

最近はチラシデザインのできる女性も加入して、販促物をたくさん作ろうと躍起になっております。


と、そんなことはさておき、上記で「もう自分で告知しなくてもいい」と言っておきながら、今日はがっつり告知します(笑)!


以前、アメリカ留学とカナダ留学を比べる記事を書きましたが、今回はVSオーストラリア。

アメリカ留学は実は距離的にはカナダは近いものの、お国柄は結構違うので比べ安いんです。

意外と比べにくいのが実はオーストラリア!

続きを読む

カナダの洗濯事情 ‐洗濯は週一回!?


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

名古屋から今日もせっせとブログを生産するYukikoです。


ちょっとずつ、日本列島も春めいてきましたね。

ピョンチャンオリンピックも閉会して、シーズンが終わった感満載。

私はオリンピックカーリングを実家でテレビ観戦中、「カーリングのどこがスポーツなの?」「カーリングってなんなの?」と父に若干カーリングを馬鹿にされ、「カーリングはカナダの国技だよ!!カナダ人にキレられるよ!」と私がキレかかっていた、そんな今年の冬季オリンピックでした。


今日はホームステイについてのからみでよくある質問、「カナダの洗濯事情」についてのゆるブログ。


日本との大きな違い、それはまず頻度です。


日本→普通の家庭だと毎日。

カナダ→普通の家庭でも3日おき、長いところだと1週間おき。


これはびっくりですよね。


私はカナダで何度かホームステイをしたことがありますが、洗濯は平均して週1か3日に1回くらい。

学生のうちはホストが指定のカゴに入れておくと洗濯してくれるシステムでした。大人になると、なんだか自分が気になって自分の洗濯は自分がすることの方が多かったです。


ホームステイはどちらかというと、自分でやりたいなら自分でやって、という感じが多いかと思います。

あとは学生が複数人いるホームステイだと、ごっちゃになるといけないので、別々で好きな時に洗濯することも多いですね。


カナダ人の洗濯と言えば…

女子トークですが…


カナダ人の女性はそんなにブラジャーを洗わない!?のか「いったいいくつブラを持ってるの!?」と1日1回付け替えることに、とあるホームステイで驚かれた記憶があります。。

いや、そりゃ下の下着ほど汚れないイメージかもだけど、上も結構汚くないですか!?

このあたり、世界一清潔な民族の日本人感が出てしまうところでしょうか。。


あと「日本の下着はなんかヒラヒラしているものが多いわね」とコメントされたこともあります(笑)

過去の日本人留学生の好みの傾向なのでしょうか。。


そして次に違うところは…


日本→外干し自然乾燥が普通。

カナダ→乾燥機が普通。


これは、カナダのとくに都市部(バンクーバーとか)の条例で「洗濯物を外干ししてはならない」というルールがあるところが多いのも理由なのですが、外で干す習慣はあまりないようです。

条例の理由は景観を守るためで、パリなどほかの有名都市も結構海外では普通だと聞いたことがあります。


お天道様のもとで乾かせないので、なんかちょっと日本人としては複雑な気分です。


カナダの家庭はほぼ100%、乾燥機を持っています。

洗濯は正味2時間くらいでたたむところまで持っていけるのがカナダの洗濯。


でも逆に言うと、毎日洗濯すると2時間は帰宅後に洗濯に取られるわけで、それもおっくうだし、1回1回、毎日洗濯乾燥機を回していたら、電気代が結構なことになってしまうのですね。

そういうわけで、頻度も低めということなのだと思っています。


ちなみに、アパートなどでシェア暮らしをすると、アパートには「部屋に洗濯乾燥機がついているパターン」と「部屋にはなく、アパートに共同の洗濯乾燥機室があって数台おいてあるパターン」とあります。

後者は洗濯乾燥機でそれぞれ2ドルくらいなので、洗濯のたびに4ドルくらい使うことになるのです。


しかも住人と数台を共有するので、好きな時に洗濯ができないときもある!

うかつにしていると、知らない住人に勝手に終わった洗濯物を取り出され放置されていることもある!(経験済)


そう考えると、家賃が数十ドル高くても、部屋に洗濯乾燥機がある方が良かったりもします。


ホームステイも、何人か学生が住んでいるホームステイだと、その学生と交代で使うことになったりするので要注意です。


乾燥機というのが結構くせ者で、乾燥機は本当に衣服が傷みます。

とくに日本の衣服はあまり乾燥機にかけられることを想定していないので、ちょっと気を抜いて洗濯指示表示を見落とすと、モーレツに服が縮んでしまうという悲劇も起きます。


下着なんて恐ろしい速度で傷みます。

高い下着は手洗いが鉄則です!!


なお、カナダで買う衣服は乾燥機が当たり前だからか、わりと乾燥機対応している素材の服が多い気がします。


私はいつも傷んで結構な安い服や下着を身に付けている留学生活だったので、さほど苦労したことはありませんが、結構こだわりの物を持っている留学生は洗濯に苦労していました。

一緒にアパートに住んでいた日本人ルームメイトは、毎日バスルームで手洗いして、部屋で干してましたね~。

傷むのが嫌だからか、節約のためかわからないのですが、毎日バスルームから1時間半は出てこなくて、大変そうだなぁと思ってました。


洗濯物にこだわりはないほうが、カナダにいる間は気が楽です。


という、ちょっと日本とは異なるカナダの洗濯事情でした!


これからホームステイ、シェア暮らしなど、留学生活をスタートする方はよかったら参考にしてみてくださいね(∩´∀`)∩


留学保険、どんなのに入ればいい?


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!



こんにちは!

名古屋から、お久しぶりのMinamiです。


名古屋は最近雪が積もりました!年に1回~2回くらいあるのですが、本当に最近寒い!12月くらいには暑く感じたオフィスの空調も、今はちょうどいいくらい。。


さてさて、今日はよくあるご質問でもあり、留学の大事な準備のひとつ!

保険についての記事を書こうと思います。


ただ、保険にはいろいろありすぎるので、今日はあくまで「日系保険」と「カナダ現地保険」のふたつの違いについて書こうと思います!

日系保険のことはみなさんよくご存じで、留学保険といえばこの一択しかないと思っている方も多いのではないでしょうか?じつはカナダ現地にも保険はあるんですよ~

続きを読む

留学についてのよくある質問ランキング


夏休みがスタートしたばかりの7月21日(土)22日(日)に東京にて無料の留学相談会を行います!個別制なので内容はご希望に合わせて行います。詳細が気になる方、ご参加ご希望の方はコチラのリンクをご覧ください。

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!



こんにちは!

毎度、名古屋よりGWを迎えるYukikoです。


でもとくにナデシコはGWはお休みしません。高校留学などのお手続きでお急ぎの方がいらっしゃるので、関係なく稼働中です!!浮かれた世間を横目に、学生さんの華々しい留学スタートに思いを馳せて活動中です。


そして東京出張も終え、やれやれと思いきやもうブログを書かず2週間も経っていました。

焦って、書こう!と思いきやネタがなく、現実逃避していつも顔を出しているQ&Aサイト(もちろん留学カテゴリ)でひたすら答え続けておりました。


ネタの神が降りてきました。


「ここのQ&Aの質問と、いつもナデシコに来る質問、ランキングにしてみたらええがね。きっとみんな待っとらっせるわ。」


と。


というわけでゆるめにランキング!と、回答についてはすでに過去に記事にしたので回答のリンクを大公開です。

では早速。


続きを読む