セントジョンズ インターナショナルスクール St.John’s International School

カナダのBC(ブリティッシュコロンビア)州の私立高校、セントジョンズインターナショナルスクールのご紹介です。

特徴

1992年に創立したセントジョンズは、バンクーバーにあり、電車で通うことができるので非常にアクセスしやすい都会の私立校です。
受け入れ学年は、Gr10(高1)〜Gr12(高3)です。
寮はなくホームステイを案内してくれます。インターナショナルスクールなのでネイティブは少なく、50~60%が中国または韓国系の留学生で日本人は10%ほどということです。
3学期制を取っているため、夏休みが短い分、1年間でより多くの単位を履修することができます。入学に関してはほかの私立校よりもだいぶ柔軟で、成績や英語力が心配な学生も受け入れてくれる学校です。
クラスの人数は10~15名程度と少人数なので、きめ細かい先生からのサポートも期待できます。放課後には無料のチューターサービスも提供されています。
2018年9月より制服が導入されました。

詳細

日本人学生の多さ アジア系留学生多め(インターナショナルスクールなのでネイティブは少ない)
入学時期 9月、1月、5月
入学条件 -現在の学年と過去2年分の英文成績証明書
-パスポートのコピー
-英語、数学、理科(レベル分けテストのため、合否を判断するテストではない)
費用 http://stjohnsis.com/admission/fees-schedule/

留学生プログラムについて

3学期制を取っているため、通常公立校では1年8科目を履修しますが、セントジョンズでは1年で12科目を履修可能です。最初から英語力が高ければ2年での卒業も可能ですが、英語力が低い場合はやはり2年+1学期または2学期ほどは時間がかかります。
インターナショナルスクールのため、IELTSを教えてくれる授業があるのは非常に魅力的で、しっかりと留学生の進路や取る科目などを考えてサポートしてくれる環境です。公立校で単位を取れないまま卒業してしまった場合など、高校卒業資格をもらうためにいくつかの科目だけを短期間で補うような受講することも可能です。

視察コメント

最寄駅から徒歩2分でダウンタウンにも近く便利な所にあり、立地がとても良いと感じました。4つのうち上2つのELLレベルも単位として認められますが、インターナショナル学校ということもありカナダ人生徒は少なめです。母国語を話す学生もいますが、見つけたら英語を話させるようにしているとのことです。
3学期制のため、単位を早く取り、早く卒業することが可能だが、担当者は無理せずに時間をかけて卒業して欲しいと言っていました。担当者の韓国人の方が明るくいい印象でした。
学校に体育館はなく、体育は近くのコミュニティーセンターに移動して受けます。色々と柔軟に対応してくれそうな学校です。
ただし素行に不安のある他国の学生もいるようなので、そういった学生を見過ごせない真面目なかただとやきもきするかもしれません。。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容(必須)