東京:10/15(土) 、大阪:10/2(日)にて出張相談会を開催!
留学相談会

2022年度新入生続々渡航中:メールチェックの大切さ

こんにちは!

お久しぶりのYukikoです。新しいサイトデザインになってから、新しいブログがそんなに表に出ないので、ついついブログを怠りがちになってしまいました。

 

今日は2022年9月に向けた高校留学生についてのアップデートと、留学におけるメールチェックの大切さについて書こうと思います!

 

2022年9月度に向けての渡航

今年の秋インテイクの渡航は、コロナが始まって以来で一番シンプルになりました…!

まず

 

陰性証明が要らない

で、でかい…!!これは余計な費用もかからなくなったし、直前にばたばたせずに済んだし、本当にここがなくなったのは大きいです。

そして学生ビザなしでも入国できるようになったため

 

入国サポートレターなどが要らない

あってもいいしいまだに持たせる学校もありますが、使ったという学生さんを知らない…。日本のエアラインでのチェックイン時点での書類チェックはまだ結構厳重ないようですが、カナダの入国では通常のノリに戻っているそう。

 

あとは地味なところですが、入国アプリArriveCANの登録の時間が離陸時間の48時間前から登録可能だったところ、72時間前になったとか。空港に出迎えの人が入ってこられるようになったとか。

ただし!カナダの空港でのPCR検査はランダムピックアップでオンサイト(空港ですぐやる)んだったのですが、ランダムピックアップで、空港外での検査に変わりました。(2022年8月24日時点では4空港のみ)

 

税関から15分以内ほどでメールアドレスに「検査に選ばれました。」という内容のメールが届き、届いた人は翌日が終わるまでに検査場に自ら出向いて検査をするか、セルフ検査キットをオーダーしてテレビ電話でカナダの方の見る中でセルフ検査をしないといけません。ともに無料です。

これはこれで非常に面倒ですが、これらは空港での混雑を緩和するために考えられたそうで、たしかにこの施策前はとくにトロント空港はニュースになるほどの混雑ぶりで、カオスだったので、仕方ないですね。

ちなみに、嘘かまことか、とある学区から「トロント空港とバンクーバー空港入国の人は結構ピックアップされてて、カルガリーとモントリオール空港入国の人はされないっぽい」という情報が…。どうしてもピックアップされたくない人はカルガリーかモントリオールで入国すればよいのかもしれませんが、定かではありません。

 

相変わらず原則として2回のワクチン接種は必須です。

あと、留学生目線でどうにかなってほしいのは、日本への帰国時のPCR検査ですね。これは日本政府がなかなか解除しないルールで、非常にコストがかかり(フォーマット書いてもらうと検査代3~4万円くらい)、慣れない海外で検査予約をしたり細かい日本政府指定フォーマットを書いてもらったりと、苦労が絶えない部分でした。

こちらもできれば徐々に様子を見て解除の方向になってくれたら留学生的にはハッピーです。もちろん社会全体的にはよく分かりませんが。

 

しかしずいぶん、渡航しやすくなったと思います!!もう3年くらいカナダに行っていませんが、そろそろ出張してもいいころかもしれませんね…!でもやっぱりみんなが卒業する6月に合わせたいなぁというわがまま。

 

新入生よ、メールをこまめにチェックしよう

こちらはカナダの中高大学生、カレッジ生、新入生ならみんなに届けたいメッセージです。

 

メールを…!!メールをチェックして学校からの重要事項に追い付いておくれ…!!!

 

日本の学校や政府機関はまだ大事なことはお手紙に書いて郵送をするという文化があり、郵送されるもの=結構大事なものという意識があると思います。その分、日本ではメールが軽視されがちです。(ビジネスシーンではもはや日本でもメールで重要な連絡も当たり前にしますが、学生はまだそういう意識がなさそう)

しかし北米では重要事項もメールです。そう、北米の学校に入学すると、非常に重要なメールがしれっと、送られてきます。そして結構みんなスルーします。

入学してからびっくり、自分だけマイアカウントの存在を知らず、オリエンテーションや授業スケジュールを知らないということも…!恐怖ですよね。

 

日本人学生さんは出願時点の提出メールアドレスも、日本の携帯キャリアのもの=カナダに渡航したら使えなくなるものしか持っていない場合があるくらいなので、GmailやYahooなどなんでもいいから作ってください、と私たちから懇願します。これはしかも親御さんのメールではいけなくて、本人のメールでないといけません。

大学生以上なら一度言うと追い付いてくれますが、高校生(とくに中学校を卒業した早々くらいの学生さん)だと結構気を付けてもらわないといけなくて、しかも渡航が近くなる&渡航してからは本人にしか来ないメールも多いので、ちゃんとその学生さんがみんなにキャッチアップしているのかも分からない、エージェントにとってはとっても恐ろしいことになります。

 

とか言って、これを一つ一つ手取り足取り先回りしてお手伝いするのも成長を妨げることになるし、やりすぎは禁物。。高校留学サポートの難しいところ。でも一番最初は出鼻をくじかせたくない、ここで心折れてほしくない、と思って、渡航前は「~ちゃんこれやった?!」「~ちゃんはこれ見た?!」とか直前に焦るお母さんみたいになっています。そうまさに今。

 

みんな、ちゃんとメールはチェックしてくださいね!!!

 

ではお久しぶりのブログはこのへんで…

また次回です!今度はインターンMOEKOちゃんの短期留学記事に期待してください~

タイトルとURLをコピーしました