北米のシャンプーはどうかしている


こんばんは! TGIF!! Yukikoです!!!

無意味にテンション上げてみました。

今日は妖怪ウォッチの日だったのに、仕事の電話(学生さんじゃなくて業務的なやつ)で見逃しました。 少し残念な金曜日。

さてさて、今日は本当は 「留学のつらい、しんどいところ」というテーマで書こうとしていたんです。 ポジティブなことばかり書いていますが、そうでないことも実は多いんですよね。

それでも最終的には留学は素晴らしい!ってなるんですが、これから行く方、行きたいと思っている方に、ぜひ覚悟しておいて頂きたい、という内容でしっとりキメようかと思っていました。



やめました。 結果、表題にある、そんなこと誰が知りたいんだろうというテーマに大きくシフトチェンジ。 しかも前回のブログタイトルと若干かぶってますね。

今日書こうとしていた真剣なテーマは後日書きます!! たぶん!!

気分も一新してシャンプーのお話をします。

最初に言っておきます…

北米のシャンプーは 恐ろしいほど指通りの悪い洗い上がりになります。

一説には水のせい(北米は硬水のようです。日本は軟水。)とも言われていますが、私はシャンプーのせいだと思ってやみません(‘ω’)

日本のシャンプーって、まだリンスもしていないのに結構泡がふわふわで、指も通るんですよね。 すごく洗いやすいというか、なめらかな洗い心地なんです。

でも、北米のシャンプーはなぜでしょう。 髪の毛がギッシギシになります。

リンスで指通りは取り戻すんですが、無理やり大量のリンスでなめらかにしている感がすごいです。

たとえば、日本でも販売されている パンテーン パンテーン北米

これ、中身は日本のものとまったく異なる成分でできています。 Doveなんかもそうです。 これはメーカーが認めています。

日本ではヴィダルサスーンは少しいいシャンプーになりますが、カナダではかなり安かったです。 そういったことからも、同じ銘柄のシャンプーでも中身は違うのでは、となりますよね。

もちろんそれはその国の人種の髪質を考えてのことですが、もはや異人種がたくさんいる北米はなにを基準にしているのか謎です。 とにかく日本のシャンプーに慣れている私たちとくに女性にとっては、モーレツにやりきれないところです。

排水溝に髪が詰まってよくルームメイトがキレていましたが、それは私のせいではなく、洗っているそばから髪がブチブチ切れてしまうシャンプーのせいなのだ!!!

(・ω・) …マメに掃除しなかった私のせいでした。

ちなみに、日本でも売っているハーバルエッセンスはもともと北米から来たもので、北米では比較的安価です。 herbal-essences-shampoo-conditioner-hydralicious-haircare

でも結構悪名高いというか、あまりいい成分が入っていないという噂を聞いたことがあります…定かではありませんが…。 私も最初は避けていましたが、とにかくリンスを大量に消費するので、予備リンスとしては使っていたことがあります。 あまり違いがよくわからなかったですね。。

私が2年かけて辿り着いた結論は、 moisture と書いてあるシャンプーを選ぶこと。 シャンプー1本に対してリンスは2本用意すること。

それだけです。 もしくはアジア系スーパーで日本のシャンプー(しかも日本ではあまり買わないような銘柄。植物物語とか…)を唇を噛みながら苦い思いで1000円で買うか。

でもまだバンクーバーでは手に入れようと思えば手に入るので良いほうですね。 これはほかの化粧品にも言えます。

クレンジングや化粧水は、日本人の肌には合わないものも多くあります。 基礎化粧品は日本から持ち込むことをおすすめしますよ~。

しかしアイスクリームとかは4リットルのバケツで売ってるくせに、シャンプーの容器は大きくないんですよ!! ポンプで売ってるのは少ないし!! 使いにくいという!! しかもなんかちょっと高い!!

やっぱり日常生活を送る備品?は日本のものが一番です。 安心安全、コストパフォーマンス高し、です。

という、今日は(も)サクっと軽い内容でした\(^o^)/

ではみなさま、よい週末を~♡

 

【告知】

夏休みを利用したティーンのための特別プログラムを私の卒業校であるVGC Language Schoolとコラボしました!

世界中のティーンと一緒に午前は勉強、午後は楽しいアクティビティで英会話が自然に生まれる理想的な環境です(*^_^*)

ご興味のあるかたは覗いてみてください~

サマーティーンプログラム

ポチリおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です