カナダがいよいよ観光ビザ入国を再開【ただし完全接種者のみ】

こんにちは!

Yukikoです。


最近は後期セメスターの出願~ビザのお手続きをしたり、早い方だと来年度2022年9月入学の準備を進められる方も出てきました。でも9月開始の学生さんたちは、無事に全員入国して、明日から新しい学年の始まりです!

現地学生さん向けには、ナデシコでも利用学生さん(とくに高校生)を対象に、「進路セミナー」を今月~来月くらいに行う予定です。

学校の勉強しかり、英語のスコアリングテストの用意しかり、留学をしたらしたで、やるべきことはたくさんあるのです…!


さて、それはそれとして…いよいよカナダは予告通り、9月7日(現地時間)より観光ビザでの入国を開始します!!

かれこれ1年半ぶりでしょうか…ちょっと感動です。

9月7日より観光ビザでの入国が可能に!ただし完全接種者のみ


もうこの表題がすべてですが、そう、観光ビザでの渡航が許されているのは新型コロナウィルスワクチンの「完全接種者」のみです。

ワクチンも、これまでの渡航者において緩和制限が出されていた条件と同じで、カナダが認可している4種のメーカーのワクチンのみが現在はこの条件に該当します。


・ファイザー

・モデルナ

・アストラゼネカ

・ジョンソンエンドジョンソン


ちなみに、日本で最近ニュースになった「クロス接種」(1回目と2回目が違うメーカー)はカナダはもともとOKにしているので、クロス接種も上記4種であればOK。

でもジョンソンエンドジョンソンは1回で完全接種ということなので、ちょっと特別ですね。


また、接種を完了した日(ジョンソンエンドジョンソン以外は2回目)から14日以降でないと、ワクチンが有効ではないとみなされ、これに該当しません。接種完了日から2週間経ってから、です。


提出する証明書は政府発行のワクチンパスポートでよいとされています。

日本政府のワクチンパスポートのサイトに、認可される国としてカナダがなかったので、しばらく「カナダでワクチンパスポートは使えないのでは?」「認可されない?」「クリニックで別途出してもらう?」などざわつきがありましたが、ワクチンパスポートは英文接種証明書の別名であり、特別カナダは「ワクチンパスポート」としての利用を導入していなかっただけで、接種証明書としては普通に使えます。

そしてやっと、政府のサイトにワクチンパスポートが使用できる国として「カナダ」が最近載ったそうです。


以下はカナダ政府発表の原文

Travel Advisory: REMINDER – On September 7, new measures for fully vaccinated international travellers to Canada will come into force

September 3, 2021 Ottawa, Ontario As was announced on July 19, the Government of Canada will allow fully vaccinated foreign nationals meeting the conditions to enter Canada for discretionary (non-essential) purposes starting on September 7, 2021. This decision is based on the latest available data, scientific evidence and epidemiological situation both in Canada and internationally.


そのほかの観光ビザでの入国条件は?


そのほかの条件として


・渡航72時間以内のPCR検査の陰性証明書を取得

・ArriveCANアプリに情報入力&接種証明書をアップロード

・無症状であること

・通常の入国ルールに従うこと(eTA申請が必要です)

・ランダムに選ばれた場合のみ到着後のPCR検査を行うこと(結構今までの接種済の学生さんもランダムに選ばれています)


という条件があります。


あと、忘れてはならないのが


・日本に帰国したら、最初の空港から国内線乗り換えは不可

・日本では14日間の隔離が義務

・カナダ出発前に渡航72時間以内のPCR検査陰性証明と、日本の空港でのPCR検査あり


と、まだまだ日本側ではルールががちがちにある、ということです。


やはり、まだなかなか「わーい!」と観光に出られるというわけではないですね。

そして当然ながら、接種完了していない方は依然、観光ビザ入国NGです。


そういう私も準備万端


私の地域は人口が少ないので、実はワクチンの進みが速く、私も先月下旬には打ち終えていました。

というわけで、早速ワクチンパスポートを発行してもらいました。



結構簡単に発行してもらえましたが、1週間はかかりました。

必要だったものは


・接種済証明(接種券のはしにある)のコピー

・接種券のコピー

・パスポートのコピー

・市町村向けの申請書

・身分証明書(これはたぶん要らなかった)のコピー


でした。

家でささっとコピーして簡単な申請書を書いて、保健センターに持ち込みました(郵送でもいいらしい)。優しい対応で日本の公務員は素晴らしいなと思いました。


いつもらえるかの話のときに「渡航日はお決まりですか?」と聞かれたので、渡航日が近いと早めにやってくれるのかもしれません。ここは応相談なのだと思います。

ちなみに、本当は私の地域は「渡航の見込みがある方のみの発行」としているようで、私はしっかり渡航の見込みがあるわけではなかったのですが「留学サポートの仕事をしており、万が一に備えすぐに出向けるように」と伝えたところ、発行してもらえました。

なので、親御様でも発行いただけると思います。とくに航空券の予約の確認などは必要ありませんでした。


待ってろよカナダ!!!


と言いたいところですが、私も実は今は珍しく忙しいので、すぐにカナダに行けるわけでもなさそう(;´Д`)

10月末にキャリアコンサルタント資格の試験を控えていて目下勉強中でもあり、かつウェブサイトのリニューアルをしたいとか、なんやかんや仕事以外にも動いていることがあり。


というか、カナダよりも東京や大阪に相談会に行きたい…!!!

ブレイクスルー感染なども言われている中で、私もどれくらい動いてよいのか測りかねるところがあります。

でも10月には行きたいので、間もなく予定立てます!!感染にはくれぐれも気を付けつつ。


日本はまだワクチンの接種率が50%以下とあり、ワクチンパスポートでの制限緩和の動きについてはまだ出ていませんが、接種が進むにつれて日本側のルールも変わっていく可能性はありますね。

どうも日本はワクチンの供給がしばらく止まっていたようで、最近やっと動き出しているとか。少しでも早く進んで、打ちたい人に行きわたるといいなと思います。


ではまた次回!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です