就職が先か、留学が先か?

こんにちは!名古屋からYukikoです。


もうだいぶ秋が深まって、そろそろ冬のにおいもしますね。

でもまだ日本は上着もいらないので過ごしやすさ抜群です。来週くらいから寒くなるみたいですね(*´Д`)


先日、カナダの友人と東京で会ってお話ししましたが、バンクーバーも今年はいつもより遅めの秋だと言っていました。

世界的になんとか現象ですかね~エルニーニョ?


さて、今日はまたTwitterで「留学」ワードパトロールをしていたときに発見した以下のツイートでもの思いにふけりました。


「今やりたいことが将来できる企業に就職する」か「今やりたいことをやってから就活するか」。

これは就活生だったら悩みどころ!!


すでに社会に出た人の客観的意見がほしい、とのことですが、これは結構割れるんじゃないかな?

すでに社会に出た方、どう思います?

もちろん、ここでは「やりたいこと」を留学とします。


私は正直、「どっちでもいいと思う。」

ちなみに隣にいるMinamiは「我慢できない、今すぐ行きたい。」


私がどっちでもいいと思うのは、自分自身が社会人になって就職した後に留学をしたからです。わりと常に留学はなんとなくしてみたくて、でもそこまで急いでもなく。そもそもお金もなく(笑)私はのんきなので「留学はできるときにしたらいい」くらいで思っていました。


でも今したい!という気持ちもわかりますし、多くの留学を希望されている方の相談を受けてきて、中には2年も3年も我慢して留学の夢を追うことが出来る人もいますが、大体の方は社会に出た後の数年にいろいろなことが周りで起こり、その間に気持ちが冷めてしまったり、ほかに大事なことができたり、日常にただ埋もれてしまったり…。

今したい!という気持ちは何年も持続しないことが多いのです。


Minamiの「鉄は熱いうちに打て!」的な意見もありですよね。そちらの方が叶えるとしたら正直、現実的です。


ただし、Minamiと話していて、「資金がじゅうぶんにあるのかどうか、がポイントかもね。」となりました。

そう、これは大きな問題です。留学資金。


もし今すぐ行けても、予算がカツカツで、そのせいでしたい留学に妥協が入るなら、ちょっと待った方がいい気がします。

お金がないせいで、現地での精神状態が不安定になったり、したくもないようなことをしなくてはいけなかったり、望んでいない状態を受け入れなければならなくなることもあります。

(お金がないからとりあえず日本人環境の日本食レストランで働いて時間を貪ったりなど…)


少し待って、お金に余裕を持つことができて、それでしっかりと準備し理想の留学ができるなら、それに越したことはありません。

もし留学先で、先立つものがあればつかめるチャンスが現れたときにも、そのチャンスをつかみにいくことができます。

(もっと勉強したいことができたり、ビザコンサルを付ける必要がある就労ビザや永住権などにチャレンジしたりなど…)


衝動的に動くことはその強さもありますが、それがときに無計画という名のもと、後悔を発動することもあるので、その点は要注意です。


しかし結局「一長一短だよね~」となったので、その一長一短をまとめてみました。資金はある前提。


【就活前に留学する】

-メリット

・年齢的に若いので、柔軟で英語力も身に付きやすい

・帰国後の就活で留学経験を生かしたアピールができる

・帰国後の就活の選択肢ははるかに広がる(英語力の面でも、価値観の面でも)

・日本にしがらみがあまりない

・新しいチャンスに比較的気軽に飛びついてその後の人生をフットワーク軽く変えていける

・もしかしたら資金は親御さんがサポートしてくれるかもしれない


-デメリット

・外国で就労する際にこれと言ってスキルがない

・社会人経験がないのは外国での就職には一般的に不利、永住権申請でも不利

・やや世間知らずなため騙されたりトラブルに巻き込まれる恐れがある

・自己資金で行く場合アルバイトで稼ぐためお金があまりない


【一度就職してから留学する】

-メリット

・外国で就労する際に日本での社会経験が強みになる、永住権申請でも有利

・日本と外国の労働環境の違いが体感レベルで判断できる

・日本でのキャリアと留学経験をミックスし具体的な帰国後の進路を描くことができるため目標が明確になりやすい

・トラブルに巻き込まれることが少ない、または自分で解決できる範囲にとどまる

・資金を比較的早く貯められる


-デメリット

・英語力の伸びがやや鈍い、または勉強の仕方を忘れている

・留学で成果(スコアなど)を残せない場合は、留学に行ったことが帰国後の履歴書で̠マイナスポイントになってしまう可能性がある

・日本でのしがらみが多い

(彼氏が日本で結婚を見据えて待っている、友達の昇進や結婚に焦る、出席しないといけない結婚式が多いなど)

・↑そうこうしているうちに機動力がなくなり留学したい気持ちが薄れてなくなる


こんな感じでしょうか。


ただし、上記はあくまで一般論で、人によってはそれぞれの条件を消していくことができます。

自分に当てはまらないな、と思うものは消していってもらえると、本当のメリットデメリットが見えますよ。


たとえば【就職前】でも、すでに結婚を見据えた恋人がいる人は「日本にしがらみがない」わけでもなくなりますし、親御さんにサポートしてもらえない場合はそれらのメリットは消えます。

いっぽう、【就職後】のデメリットにある「留学の成果(スコアなど)」を残すことができれば、それは帰国後の就職においてこれまでのキャリアに+αできるので、大きな強みになります。


いろいろ考えてみて、自分にとってのタイミングはいつがベストなのかを見定めてみてくださいね!!

ただし、いつ挑戦したとしても、事前にしっかりプランと目標設定ができていれば、必ず「意味の大きな留学」になりますよ。無計画で行って「意味の大きな留学」ができる人はそういう才能のある特別な人です(笑)。

自分は凡人だと思っている方、計画は常に慎重に(∩´∀`)∩


そんな感じで秋のつれづれごとでした。


また次回(´◉◞౪◟◉)!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です