学生ビザ渡航制限の緩和対象校リスト発表


定期的に東京・大阪にて、おしゃべり留学相談会を開催しています。個別制で行いますので、語学留学、高校留学、専門学校、大学、ワーホリなんでもOKです。完全予約制となりますので、スケジュールはコチラのリンクからご確認ください。名古屋では随時ご予約を受け付け中です!

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!



こんにちは!

Yukikoです。


今日はバンクーバーのあるBC州、かなり冷えたようですよ。まだ10月なのに、バンクーバーの気温は4度…

そしてうちの学生さんも多いKelownaはなんと初雪!びくりつ。



もう冬じゃあないですかこれは。


そしてコロナ関連のニュースもひとつ。



SNS用で写真なので記事はググっていただければと思いますが、概要はこんな感じ。


・アルバータ州の2か所のポートオブエントリー(入国ポイント)から入国する外国人にその場でのコロナの検査を行うパイロットプログラムが11月2日~開始

・その場での陰性かつ、1週間後の再度の検査を約束した場合、14日間の自己隔離を免除


これはカルガリー空港と、もう一つ陸路でのポイントで行われるテストのようです。

日本も空港でPCR検査を行い、「罰則のない」14日間の自己隔離をルールとしていますが、カナダは2度検査を行ったら自己隔離を外していきたいんですね。

これは観光ビザの方への大きな一歩となるかも。。


パイロットプログラムなので、成功してほしいなと思います(*’▽’)


さて、本題に行きます!


Xデーとされていた10月20日の発表やいかに


前回の記事

【渡航制限一部緩和!】カナダの学生ビザについての続報

で、Xデーは10月20日、と書きましたが、20日を先日迎えました。


10月21日に、期待に胸を膨らませて朝起きるともうカナダはお昼過ぎ。

きっと発表がすでにあった!と思ってサイトを見ましたが、その時はまだ発表がなく、夕方になっても、夜になっても、一向にリストの発表はなく…。


「あーカナダーーー」


という気持ちでおりました。


でもカナダ時間20日を終わろうかという頃に確認すると、ちゃんとアップされていました。

20日だけどさ…夜も結構もう遅い20日…


こちらがそのリストです!

Coronavirus disease (COVID-19): Designated learning institutions reopening to international students

As of October 20, 2020, some designated learning institutions (DLIs) are now able to reopen to international students who aren’t currently in Canada and who To be able to reopen to international students who aren’t currently in Canada, DLIs must have a COVID-19 readiness plan approved by their province or


ここで、渡航制限の緩和対象になっている学校のリストを確認できます!


そして20日から学生ビザも動き出した!


私がリストを食い入るように見ていたちょうどそのころ、SNSではビザが下りだした!という情報を入手しました。

そして翌日には、私たちの学生さんにも待望の学生ビザが!!!


本当にうれしかったです。


しかし移民局のオフィサーも相当忙しいのか、アカウントはApproved(ビザ認可)となっているのに、届いているはずの書類が届いておらず…問い合わせから丁重に「もしかしたら忘れちゃってるのかな…!」みたいな連絡を学生さんの代わりに行いました。

(無事に翌日発行されました)


その学生さんは申請は3月で、バイオメトリクスも3月でした。

もし学生ビザが下りるならこの学生さんから頼む…!(ずっと早くから待ってくれていたので)と思っていたので、順番通りに下りたことに安心しました。

これがランダムだったら本当に胸が痛みすぎる。


SNSなどでビザが下りた方の申請日などを見聞きするも、たまに6月などもいらっしゃるようですが、基本3月申請の方が中心のようでした。

おおかた、順々に処理がなされているようですね。


リストに載らなかった学校たち


リストに載らなかった学校は、Safety Planなるものの提出が遅かったようですが、今回のリストに載っていなくても政府から認可の連絡が来ているところもあるとのことで、次の更新で掲載されるのでは、ということでした。

ただ、次のリストに載せる、とはっきりとは言われていないそうなので、不明、ということにされている学校さんがまだ多いです。


リストは2週間ごとに更新されるという噂で、次は11月初旬になるということです。


公立中高などは州によって明暗が分かれる結果に


次のリスト更新でどうなるかは分かりませんが、初回のリスト掲載で、公立学区(小中高の公立留学はここが管轄)は州でまとめて掲載となっていました。

学校ごとや学区ごとの認可というわけではなく、「〇〇州の公立(私立)校は全部OK」みたいな感じです。


高校でいうと、BC州、マニトバ州、NB州などでは全域で認可OKでした。ほっ。

ていうか雑ーーー


ただ、高校留学生がBCの次に多い、アルバータ州やオンタリオ州、ノバスコシア州はまだNGということでした。

同じ高校留学生でも、州によってまだ引き続きドキドキが続く方もいるというのは、胸が痛みます。


次の更新に期待ですね。


要注意!リスト掲載のない未認可の学校でもビザは下りる


私の勝手な推測では、そのリスト掲載の学校で申請した方を中心にビザが下りだすのかと思っていました。

が、どうも違う様子です。


リスト未掲載で未認可になっている学校でもビザは下りているそう。


なので、学生ビザが下りた=入国できる、ということではないので要注意です!!

多くの留学生さんはエージェントさんが付いていると思うので、エージェントさんが教えてくれるかと思いますが、個人手配の場合はちゃんとリストチェックしてからの出発でお願いします( ゚Д゚)


ここ前のめりになると危険だなと思いました。


ナデシコでも続々と出発希望のお知らせをいただいており、出発に向けての準備を超特急で行っています。

こんなこと本当に初めてというくらい、出発がいきなりな感じ。


コロナのために気を付けることも多い(しかも情報アップデートも多い)ので、オリエンテーションや事前準備について何度も確認できるように動画を用意したり、書類を大量に確認したり…。

うれしい準備ですが!!!!!


長く待っていてくれた学生さんがいよいよ渡航できるというのは、喜びしかありません。

意外と現地では高校生のみなさん、コロナ禍でもそうストレスなくいい感じでお過ごしいただいているようですし、新入生も頑張ってほしいですね。


ということで、引き続き出発準備を整えます!

みなさんも出発はぬかりなく、到着までしっかり気張ってくださいね(^^)/


ではまた次回~!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です