留学してるならこれをしないと損!!なクリスマスイベント


5月27日(日)13時〜Language Lab(名古屋市中区栄)にて英語習得セミナー&留学セミナーを開催することになりました。ご参加ご希望の方はコチラのリンクからご参加ご希望のお申し込みをフォームにてご予約ください。

必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

いよいよ本格的な冬の寒さの到来におびえる名古屋からYukikoです!!


師走って本当に早い。

本当に。この前1日だと思ってたら!もう11日!?は!?!?


信じられないーしかも今年の12月は毎週末、見事に土日にカウンセリングが入っていて、一応定休日の日曜日もフル稼働です。

今日、月曜日も定休日だけどブログは書いてしまいます。


なぜなら告知をしたいから!


2018年1月13日(土)、14日(日)に東京にて個別相談会を開催!

2018年最初の東京出張相談会です!1月13日~14日にて留学個別相談会を開催します。個別制なので相談内容は中学高校留学、語学留学、ワーホリ、専門学校留学などなんでもOKです。ゼロからお話いたします!ご参加ご希望の方はコチラのリンクからご予約下さい。



とは言えども、ちゃんとブログも書きます。


最近の流行り、ネットラジオでまたまたバンクーバーの放送局Virgin radioのJonny, Holly, Nora and Amyのラジオを聞いていたところ、懐かしいイベントのイベント会場からの放送でした。


そのイベントは毎年この季節にあります。

そう。


Toy Mountain!!!!


直訳するとおもちゃの山、ですね。

これは、クリスマスチャリティーイベントの一つで、親のいない子どもや貧しい子どものために、クリスマスプレゼントをみんなで集めるチャリティーイベントです。



これは違う会場のだけど、こんな感じ。

マウンテン!!


Toy Mountainは今年は12月7日(木)8日(金)にSurreyのギルフォードタウンセンターというショッピングモールにて、朝5時半~夜まで行われていました。

昨年?の様子が動画でも。



すごいですよね。


チャリティーは

「包んでいない新品のおもちゃ」または現金、クレジットカード、小切手でも可能です。


おもちゃはクリスマスプレゼントになり、その集まったチャリティー募金は恵まれない子どもたちの教育や生活のために使われることになっています。


先ほどラジオで昨年の集まったプレゼントはおよそ12000個だったけど、今年は2日目の朝ですでに9000個まで行っている、ということで、毎年イベント規模としては大きくなっているようです。


そしてただ会場でおもちゃの山が見られるわけではない!!

実はこのイベントでは朝5時半~10時に寄付しに行くことで、Triple O’sというバーガーショップの朝ごはんを無料でいただけるのです!!


さすが、このへんが北米企業の心意気。


もちろんほかの企業も多くの寄付金を寄せていたり、おもちゃを100~300個寄付していたりと、とってもチャリティーに対して思いが厚い。


さて、「でももう終わってるじゃん。。」と思ったバンクーバーからこの記事をチェックしているあなた!!

まだ行ける同様のチャリティーイベントがあります!!!


こちらはChistmas Wish Breakfastという名前ですが、趣旨や内容は同じ。

朝ごはん無料も同じ。

実はこっちの方が元祖で、30周年になるっぽいですよ。


12月13日(水)朝6時~9時で、バンクーバーダウンタウンのPan Pacific Hotelというところで行われます。

詳しくはこちら。


ちなみにこちらは実は私も留学生だったときに友達と参加もしたんです。

楽しかったですよ~ゴスペルとか中継のイベントもあって、朝食もおいしかった!

そのときの様子については、2年前のブログに書いたので、こちらをチェック(朝ごはんから始めるクリスマスチャリティー)。



食べた朝ごはん。

もりもり!


チャリティーイベントって、日本ではなんだか近いようで遠い話な気がします。一番身近なのは、某テレビ局の24時間テレビですかね。

気軽にできることなんて募金くらい。

でも設置された募金箱に募金することだけでは、なかなかチャリティーの何たるかを感じることはできないかもしれません。


このクリスマスチャリティーイベントでは、どのカナディアンも大きなおもちゃを持ち込んでにこにこしています。会場の雰囲気はとっても温かいんです。

私は当時、おもちゃを買わずに現金10ドルくらいを募金したのみでしたが、おもちゃをじっくり選んで、おもちゃでチャリティーすればよかった!と悔やみました。


顔の見えない、イベントのその向こうにいる子どものことを思い、心を馳せているその時間こそが、本当のチャリティーだと、おもちゃを小脇に抱えるカナディアンで大半だった会場で痛感したからです。

日本でも募金箱にお金を入れたことはあるものの、果たしてどれくらい、それが届く人に思いを寄せただろうか、と思いました。


このイベントに参加することで、チャリティーをしようとする多くの人の温かさに触れ、笑顔に触れ、そうしていることでどこか自分も救われたような気持になるんです。

それはおいしい朝ごはんよりプライスレスなものでした。


チャリティーに対して日本人よりも北米人の方が意識が高いと言いますが、これは本当に本当です。

肌で感じますよ。

なので、これぞ日本ではなかなかできない経験!!なぜみんながチャリティーをするのか、分からせてくれるイベントです。


私はさほどチャリティーやボランティアなどに対して興味関心が強いタイプではないですが、それでも強く心打たれるものがあり、できることはしたいと思うようになりました。

持ちつもたれつです。


こんな私も気軽に参加できたイベントなので、ぜひ留学を控えているあなた、今そちらにいるあなたにも参加してみてもらいたいです(∩´∀`)∩

ちなみにカナダではバンクーバーだけでなく各都市で同じようなチャリティーイベントが開催されているようです。


という、クリスマス前にほっこりな冬の風物詩のお話でした。

ではまた次回(^^)/!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です