留学で太った諸君、案ずることなかれ


第3または第4土曜・日曜日、東京にて、毎月定期でおしゃべり留学相談会を開催します。個別制で行いますので、語学留学、高校留学、専門学校、大学、ワーホリなんでもOKです。完全予約制となりますので、コチラのリンクよりお申し込みをお待ちしています!

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは(・∀・)


夏休みの留学がひと段落ついて最近暇です。

とくにティーンの留学業界の流れなのか、私たちの努力不足なのか(濃厚)、毎年夏になるにつれて留学の希望は秋くらいまで少なくなりシーズンオフになります。暇なにおいがしますな。


というわけでブログに精を出したいと思います。


先日、高校留学中のナデシコと毎月のレポートのためのスカイプをしました。

普段は現地スタッフがサポートやレポートのスカイプもしているのですが、今月はリクエストもあり、私が出動することになり、渡航前の約9か月ぶり?くらいにスカイプしたのです。


彼女は高校1年生で、1年だけの高校留学をしています。今年の6月には留学を終え、帰国します。大変優秀な学生さんで、持ち前のコミュニケーション能力でカナダ人のお友達もたくさん作りました。

通っていた日本の私立女子校とはずいぶん違う、田舎のワイルドなカナダの公立でSurviveできたその順応性も大人顔負けです。


で、彼女とお話していると…


「太ったんですよ!!!ダイエットだけはしっかりできない~~(ノД`)・゜・。」


と、イチローが好きでかなりストイックに見える彼女も、女子の留学のあるある「体重増加」は免れなかったようで。ただただほほえましい。かわいい。


ちなみに私は食べても太らない方ですが、それでもカナダにいたときは今よりも3~5キロくらいは太ってました。

しかしなんで留学に行くと太るんでしょう?

すべてはカナダでの食事の量のせい


まずは見てください、この写真を。すべて私の留学中の写真です。



いいですか。


モリモリなのです。


ファストフードでヘルシーめなサラダ屋(最後の写真)ですらモリモリ。超重いですからね、このサラダとスープ。


最初は半分しか食べられなかったカナダのファストフード、レストランでの食事が、なんと帰国するころには、見事に全部食べられるようになるのです…!!!!

恐怖!!!


そう、カナダに留学に行って太るのは、胃袋が膨張し、入る量が増えてしまうことが一番の問題なのです。



カナダ人はジュースも牛乳もガロン(約3785ml)で買う。

胃袋のでかさがまず違うんですね。


食事の内容にも注意

量だけでなく、内容にも注意です。

カナダはポテトがどこに行ってもある。どこで食べてもおいしい。

なんならほとんど名物はないけど、プーティーン(ポテトの一種)が唯一の名物。


そして、ピザが大きくて安くておいしくて最高なんです。

日本の牛丼的な立ち位置にいると思います。とにかくピザ屋も多いし、なにかとピザを注文し、ランチもディナーもおやつもピザ。当然パーティーもピザ。


そして飲み物!何を飲んでも甘い。緑茶すら甘いのです…!!

コーヒーか紅茶くらいだろうか、甘くないのは。。

自炊が一番のダイエットに


私の体重が安定しだしたのは、自炊を始めるようになってからでした。

とくに私は超貧乏な時期もあったので、米とわずかな肉と野菜で毎日を過ごしていました。さすがに自分で作る時にはカナダ人サイズで作ったりしないので、食卓はちゃんとした日本人サイズ。

そうして胃袋のサイズは元に戻っていきました。


上記のようなモリモリが外食で出たとしても、カナダはレストランでも食べ残しのお持ち帰りがわりと気軽にできるので、いつもパックしてもらって家で食べたり翌日のご飯にしていました。

Could you pack them?

というと、残ったご飯のお皿を下げて、上手にいい感じに持ち帰り容器に入れてくれるんですよ。


ティーンの留学で太るのはしょうがない

私たちは多くの高校生たちをサポートしているので、到着3か月くらいすると「8キロ太りました…」とか、ザラに聞きます。

そして帰国前にもはやほぼ全員から聞くのが「帰国までに必ず体をもとに戻す!!」

…完全に戻った学生さんを知りません。


でもそれは仕方ないよ!!!

だって、日本にいて何もしてなくても太るのが第二次性徴期。

女の子が、女性らしい丸みのある体になる時期なのです。


でもカナダの食事で丸みに拍車がかかるという…

日本で4キロで済んでいたのが、おそらくカナダだから8キロになるんだと思います。


ティーンの留学で太ったと悩んでいる学生さんは、まず太った分の半分のダイエットを目指してみて、それができたら大成功ですよ。


帰国したら戻る!!!

でも大丈夫。

帰国するとティーンでも結構もとに戻るみたいです。


というのも、やはり胃袋が日本サイズに戻るから。

食事の内容も、野菜や魚、バランスの良い食事に戻り、徐々に日本でのあるべき姿に戻っていくんです。


唯一心配なのは、本当に何も危機感を感じずに、やみくもに胃袋を膨張させて、そのサイズのまま、入るだけ胃袋に詰める生活を日本でも続けた場合。

やばいと思います。

でも、これを続けるには、日本のレストランやファストフードで1.5人前は注文しないと維持できないので、現実的には難しいんではないかなと思います。

1.5人前注文してたらやばい。


というわけで、留学中に太るのはわりと仕方ないことだと思います。


最初に繰り出した食事の量が元凶であることは間違いないと思います。

運動に関しては、逆に結構日本よりもするのではないかな?と思います。歩くことが多いし、体を動かすアクティビティも多いですし、だからこそおなかが減るというお話も聞いたことがありますが、食べた分の消費も結構していると思います。


でも結局、食べる量、飲む量、つまり摂取量がいちいち多いのかなと。

とくにホームステイでカナダ人と合わせた生活をしている人は、コントロールが難しく、無意識に染まっていくこともあります。

本当は自炊が一番です。


というわけで、痩せるコツは「日本人の食事1人前を思い出すこと」。

リメンバージャパニーズディッシュ。

思い出すときは、ガストの和定食なんかがいいでしょう。



少なっっっっっ!!!!!!!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です