ワーホリを「キャリア」にする条件

こんにちは!

手続き系の作業をMinamiにお任せして、せっせと誰が読んでくれるのかわからない自己満ブログに精を出すのはもちろんYukikoです!!


まだまだ寒いですね~1年で1番寒いのって、2月だと思うのですがそうですよね!?

毎年、1月のセンター入試くらいに「この冬、初の雪!?」みたいになって、そしてそこから徐々に底冷えしていくというサイクルな気がします。


でもこの厳しい寒さを越えれば暖かい春がすぐそこに。。

ちなみにバンクーバーはまだちょっと寒い日は続きますよ。5月くらいまではそれなりの冷えがあります。


先に告知です!


大阪での無料相談会の開催!大阪中心部にておしゃべり留学相談会を開催します!2月25日(日)お昼からの開催です。個別での相談会なので、カナダ留学なら語学留学、短期留学、高校留学、カレッジ、ワーホリなどどんな内容でもOKです。

尚、東京は3月10日(土)11日(日)新宿にて開催予定ですので、すでに予約を受け付け中です!

ご参加ご希望の方はこちらのリンクからご希望の時間帯をフォームにてご予約ください。

必ずPCからのメールが受け取れるアドレスでお願いいたします!



今日は最近あったとある方からのご質問から、こんなことを考えてみました。


「ワーホリって、帰国後にキャリアとして見てもらえますか?」


これは、一概には答えられない質問です。キャリアとして持ち帰れる内容の方もいれば、そうでもない方もいる。。。


まだワーホリをしていない”これからワーホリさん”にはYESとかNOでは答えられません。

逆に、帰国して経験談を語ってもらったら、YESとかNOって結構はっきり分かる気がします。


でも、一つ言えるのは「YESと大きな声で言える可能性も大いにある」というのがワーホリの素晴らしいところです。

そして残念ながら「NOとなってしまう可能性と誘惑、自由度があるのもワーホリ」というのが事実!


そう、そもそもワーホリは30歳以下の方の申請で、学校期間は半年まで、1年以内の滞在、という原則3つを満たしていれば、カナダでは何をしていても自由なのです。

一方で学生ビザは年齢や取得期間に制限がない反面、することは「原則勉強のみ」で、自由度は結構低い。


自由度が高いビザほど、帰国後の様子、残してきたものが人によりけりになってしまうのは必然です。


そんな中、私は分かりやすい「キャリアになる」ポイントを見つけました!これを押さえておけば、「キャリアになる」ワーホリとなる…!!かもしれない!!←無責任。


というわけで、私の思う「押さえておきたいポイント」は以下。


1.帰国時の英語力(スコアで証明)

2.就労経験、ただし日本人以外に囲まれた就労経験、もしくは日本人に囲まれていても企業や専門職での就労経験

3.すべての経験をそれらしく語る表現力


まず1はいわずもがな、です。

資格と言うのはある意味その人が成し遂げたものの「形」。高校卒業資格、学士資格、すべてその人が成し遂げてきた勉強や知識を「形」にしたもので、もっとも分かりやすいもの。誰にでも伝わるもの。

正直、1がなかったら2と3があっても説得力はありません!!


日本ではいまだにTOEICが好まれるようです。

私が昔、一時帰国して仕事を探していたときは、指標としてTOEIC730以上(事務レベル)、と860以上(コミュニケーションレベル)、というのが目安になっているようでした。

参考までにもし留学業であるナデシコ留学が新しくスタッフを迎えたいとなると、860以上はほしいな~と思います。730でもすごくいい人ならいいかも。


おそらくコミュニケーションを求められる、また即戦力を欲している会社は、TOEICではなく実際に英会話を見る選考やTOEICのS&WやIELTSやTOEFL iBTなどを求めてくる場合もあります。

私が受けた某大手英会話塾の講師の仕事は、TOEICで書類選考のあと、英語の筆記、英文を実際に読ませるなどの試験がありました。が、そういうところは外資とか意識高い系であって少数かなーとは思いますが。。


と、1=英語力の証明はぜったいに必須です!!

まず履歴書上で帰国前と何も変わらないなら、ワーホリはキャリアにはなっていない、くらいの心持でお願いします。


そして2。海外での就労経験。これはあると目立つと思います。

なぜなら1はたくさんいます。新卒の学生さんにもたくさーーーんいます!

でも2は学生ビザ、つまり勉強メインだった人は意外となかったりします。そもそも働けなかったり、そんな時間がなかったり…でもワーホリで行くと、就労ビザがもらえるため、アルバイトなどの就労が自由にできるというのは本当に貴重なんです。

外国人環境で働いた経験はもちろん、日系企業でもツアコンや営業などは専門職な分、見る目が変わってきます。


ここには落とし穴があります。。。キャリアとしては

「日本人ばかりの職場で単純作業に従事してしまうのは評価が低め」

なことです。


これは、まだ英語力が上がらないうちから、予算の関係で働かざるをえなくなった日本食レストランなどで働くワーホリさんに結構見られます。

日本人に囲まれたキッチンで、とか、サーバー(ウェイトレス)でもすぐに助けてくれる日本人がたくさんいる職場など。

スタッフ大半が日本人を占めている場合、職場でのしきたりは「日本式」であることが多く、新しい経験やぶつかる壁が極端に少ないのです。そして遊ぶ仲間も日本人メインとなり、1のことも考えるとあまりいいことがありません。。


ただ、救いがあるのは3。

もし、その方に自分の経験を豊かに伝えるものすごい表現力があれば、2のような職場でも、数少ないぶち当たった壁や試行錯誤した話、価値観が変わった海外ならではの話をして、面接官を驚かすようなことができます。

そうすれば、2で日本人環境で働いていた人のエピソードも生きてくるわけです。

決して日本人環境で働くことに価値がない、と言ってるわけではなく、「自分はこんなことを成し遂げた」エピソードを捻出しづらいところが問題なんです。


当然、ネイティブだけの環境で、すごく苦労してそれでもがんばった仕事というのは、それだけ語れることも増えますし、意識しない自信も出ていると思います。

そもそもネイティブの環境で働く資格をもらえたということは、その時点で結構高いコミュニケーション能力がある証拠ですからね。

なので面接官の心を揺さぶるいい話ができるはずなのですが、逆に表現力があまりに乏しいと、そのせっかくの経験も映えないことも出てきてしまうので、すでに経験値が高い人も3は要注意です!


という私の独断と偏見で定めたポイント3点でした。


ワーホリ帰りの方のキャリアを見るとしたら、個人的には2は重要視します。

実をいうと、ナデシコの事務スタッフさんを募集したときも、2がいないか探しました。でもなかなかいない…!

いきなり海外の人とビジネスメールや正しい丁寧な英語ができる人がもしいたら、かなり人材として魅力的でした。


でもワーホリではそこまでの経験を積める人はごく少数というところが現実です。自分で勉強したり、意識を高く持つことが本当に重要だなと思います。


という私は、ワーホリではたまたまカナディアンなサンドイッチ屋で雇ってもらえて英語力がワーホリにしてはそこそこになりました。そして帰国後に某大手英会話講師の選考に合格し鬼教官のもとでトレーニングを完遂するも、燃え尽きてしまい、研修後に辞退するというわけの分からないことをしました。

そしてなぜかもっと英語を勉強したいと2年目の留学に突入しました。


こういう何も考えていない人もいるので、ワーホリを人生のスパイスとして楽しむ前提で全然アリだと思います!!

でも、もし帰国してからのことを考えて焦る真面目な方なら、ぜひ先に知っておいてください。


英語力はなんとなくでは突然伸びません、意識があって初めて伸びるし、勉強して初めてスコアも取れるものです。

胸を張ってワーホリをキャリアとして帰国したいという気持ちがあれば、ぜひまずは1を目指してがんばってくださいね(^^)/!!


とくに美しいキャリアを築けたでもないのに、ちゃっかり先輩面したYukikoからの応援ブログでしたー(∩´∀`)∩

ではまた次回!

2020年度からの大学入試が変わる!英語は民間テストを採用

こんにちは~名古屋からYukikoです!

最近私が書いてばっかりですが、下書きにMinamiとAkimiの記事もあったので間もなくリリースされそうです(∩´∀`)∩


私のブログ記事はくだらないことに定評がありますが!今日は違う!かもしれない!!

ちょっと役立つ情報。

でもきっと妙齢のお子様をお持ちの親御様たちはとっくに知っている情報。


2020年度から大学センター入試が廃止になり、新しい試験が導入されるというのは小耳にはさんでおりました。

今の中3生からのお話ですよね?おそらく。


昔(自分の親世代?)は「共通一次試験」呼ばれた試験がありましたが、形を変えて、私たちの世代ではセンター試験になりました。が、また変わるんですね。次のテストは「大学入学共通テスト」と呼ばれるようです。

続きを読む

元ナデシコ発!グローバルなお仕事図鑑:ALTコーディネーター

こんにちは!

名古屋からYukikoです~台風が去って、まぁまぁ気持ちいい秋晴れが続いていますね。

今年は早い!!サンマが早めに食べたくなる。


さてさて、今日は掲載の要請(?)を受けてはっとひらめいたアイディア!


留学から帰国し活躍している人って世界中にたくさんいるんです。

とくに私や現地代表の知り合いだけでも、カナダ、アメリカ、日本を中心に本当にたくさん。


それぞれどんなところで、どんな風に活躍しているのか、お仕事図鑑として紹介していくシリーズを作ろうと思いまして!

本当は、今日の回の方が働いている団体さんが求人したいから告知を、ってことが始まりなのですが(笑)


今日、図鑑第1回として、2016年にカナダで留学していたShiomiさんのご紹介、と求人です!!

Shiomiさんは、現在、NPO法人グローバル教育推進機構というところで働かれております。


職種は「ALTコーディネーター」。


続きを読む

必ず就職に役立つ!実践的に学べるEton Collegeのご紹介!!


先日、大学を一年休学し、ナデシコ留学を通してESLへ留学しているMちゃんが、ESL終了後のステップアップにEton Collegeへの入学を決めて入学しましたー!

日本へ帰国すると就職活動が始まるMちゃん。
その就職活動・また就職後に必ず役立てることと信じています!

本日は、そのEton Collegeの主にMちゃんが入学する“Travel and Tourism Manegement Diploma”について皆さんにプログラムを紹介したいと思います!


バンクーバーは年々観光客が増加しているため、観光業がとっても盛んです。そういったことからバンクーバーでは、特に観光・航空・ホスピタリティーの需要がどんどん増えています。
その需要を満たすべく、主にその3つに特化している政府指定の私立のカレッジ、Eton Collegeはもってこいですね!!

続きを読む

留学ってどれくらいの期間行けば就活で使えるの?

こんにちは!

ちょっとお久しぶりのYukikoです。


最近はMinamiやAkimiに「ブログ書いてくださいよ~ブログブログ!」とせがんでいるので、人任せがばれてきたころと思います。

私も書きますぜ!!でも私はリサーチ系はあまり得意でないので、そのあたりはお二人に任せて(結局人任せ)、つれづれ留学トークを。


おせっかいな私は学生さんの留学についての質問を受けることが大好きなので、ときどき学生さんばかりが集まるQ&Aサイトのようなところに出没して時間があればよく回答をしています。

最近は答えすぎててカテゴリの「マスター」的な称号までもらいました。


さて、そこでたまに出る質問なのですが、いい質問だな!と思ったものがあります。

それが今日のお題。

「留学ってどれくらいの期間行けば就活に使えますか?」というもの。これは英語力はおいておいて、です。


確かに!どれくらいなのだろうか、と考えてみました。友人に大手企業の採用などをしている人もいるので、そのあたりにも聞きながら。
ネットで調べた認識で言えば、世間では「履歴書に書くなら1年以上、語学学校ではなく専門学校以上の学校が好ましい」と言われているようです。

続きを読む

国際バカロレア(IB)とは、どんなプログラム?

こんにちは、日本のオフィスからMinamiです!


英語を身に付け、海外の大学へ進学する…今や珍しい話ではありませんが、私が高校を卒業した頃は(うん十年前ですが…)、とても珍しかったのは間違いありません。

私が留学している間、私の母は知人たちに「青い目の人連れて帰ってくるんじゃない?」と散々言われたそうです。笑

今は留学が身近になり、英会話教室が街の至る所にあり、自宅でオンライン英会話のレッスンが受けられる時代になりました。

最近、「グローバル教育」という言葉をよく耳にしますね。

「国際バカロレア International Baccalaureate」という言葉はどうでしょうか?

グローバル教育のひとつである国際バカロレア(IB)は、スイス発祥の教育プログラムで、このプログラムを修了することで海外の一流大学へも進学出来る道が開けるという、なんとも魅力的なプログラムです。

続きを読む

高校留学生、Kちゃんからの手紙

こんにちは!

はっきりしない天気の夏が続く名古屋からYukikoです~。


本当、今年ははっきりしないですね!!

さて、そんなこんなで告知。

大阪9月18日と東京23~24日にて留学個別相談会を開催します。個別制なので相談内容は中学高校留学、語学留学、ワーホリ、専門学校留学などなんでもOKです。ゼロからお話いたします!ご参加ご希望の方はコチラのリンクからご予約下さい。


現状、午前中の枠と夕方の枠がちらほら空いている感じですよ。お早めにお申し込みくださいね(∩´∀`)∩


さて、カナダのとある学区に高校留学に行きこの夏に1年を終えて帰国したKちゃんから、LINEをいただき、その内容がいい意味で生々しくリアルだったのでKちゃんにブログでご紹介してもよいかと許可をもらいました!

カナダ留学を通して学び感じたことを、赤裸々に綴ってくれています。



こんばんは😃

カナダに出発した日から今日でちょうど1年になります。

帰国したらまたすぐに報告のLINEをしようと思っていたのですが、中々時間が取れず、だいぶ時間がたってしまいました。。。

最近ようやく落ち着いてきたような気がします。
前回報告できたのは、クリスマスの頃でしたよね?

そう考えると随分時間が経って、その間に自分の英語だけでなく、考え方や自分の将来についての考えもかなり変わったと思います。

一番大きいのが、その前までは、自分の英語ばかり気にして、何か不都合なことがあっても「あたし英語下手だから…」で片付いたのが、英語が上達するにつれ、それが少しずつ無くなっていったということです。

続きを読む

短期留学の衝撃的な重み

こんにちはー(´◉◞౪◟◉)

このふざけたゆるーい顔文字使いがやめられないYukikoです!!


もう冬も本番ですね!


カナダでは年末の風物詩、クリスマスマーケットも始まりました。

クリスマスマーケットについてはこちらのブログでも書いていますよ(*´▽`*)


また昨日はバンクーバーの現地オフィスから初雪のニュースが届きました。東京でも先日かなり早い初雪が観測できましたが、バンクーバーも今年は早いです。


img_0449


スタッフAyakaからお写真。こちらはダウンタウン。ランチのフォー待ちだったようです。

img_0450


住宅地のほうではこんな感じ。しかしやはりカナダは雪が似合いますね~。

続きを読む

カナダに短期3か月留学したYさんのその後

こんにちは~昨日、駅の階段ですっころんで落ちて服が破れ膝から血を垂れ流したまま強がっておすまし顔で電車に乗ったYukikoでーす(´◉◞౪◟◉)←最近の流行り顔文字


最近3年であったもっとも恥ずかしい出来事でした。

足がいかつめの青あざだらけ。来年の本厄に向かうにつれて最近ひどく厄づいている気がします。


(・∀・)


さてさて、ユニクロで購入したボトムから血をにじませながら、昨日の夜はある方とご飯を食べに(飲みに)行きました!


お相手はというと…

ナデシコ留学で昨年に3か月留学をしてくれたYさんですー(*´Д`)!

続きを読む