2020年もありがとうございました!

こんにちは!

Yukikoでございます。


今日で一応、通常業務は仕事納めということにしています!気分はもう年末!!!

先ほども高校留学のお手続きを進めている親御様より「年末のご挨拶」のお電話いただきました。うれしい。ほこり。


ただ明後日イレギュラーで経理スタッフと軽くひと仕事しますし、カナダは結構クリスマス明けは動くので、学校側から何か来たら結局仕事をしてしまう予感。

カナダは年末年始の感覚が12月31日~1月1日のみなので、日本が年末年始休暇に入るとカナダがじわじわ動き出すんですよねー

毎年そういうわけで、なんやかんややりながら年を越す留学エージェントは多いような気がします。


それも学生さんのため!がんばろう!!!(誰への声かけ)


さて、本年のご挨拶ということで、最後にブログを書かせていただきました。

なのでとくにテーマがない、つれづれ型ブログ。


今年は一言でいうと、本当に「コロナ」でした。

もう、こんなに心が痛む年はもうしばらくないんじゃないか、というかあってほしくない、と強く思います。


留学エージェントや旅行会社は本当に大変でしたよね~みたいに言われますし、実際大変ですが、ナデシコはもともと何千とかいう案件を扱っているわけではなかったので、売り上げがとか経営がとか言うよりも、本当にひとりひとりの学生さんに寄り添ったときの気持ちを思うことのほうが「大変」だったように思います。

もはや売り上げとかそういうのは結果論でしかないので、それよりも十代の学生さんの人生がめちゃめちゃにならないように、どうやってセーフティネットを敷くか、その案内やリサーチに時間を費やしました。


学生さんの中には、やはり留学を断念された方もいますし、「がんばりましょうね!」と言って手続きを進めてきた中、本当にやるせなくなりました。

親御さんから「本人は断念するのを最後まで嫌がっていた」と聞くと、胸がぎゅっとなりました。


でもギリギリまで学生ビザはどうなるかわからなかったし、光が見えない時間は長く続きました。

その判断は仕方のないことだったとも思います。


断念された方には、「留学は何歳で行ってもその時だからこその楽しみや得られるものがあります。何かを失ったと思わないでほしい。」とお伝えしました。

これは本当にそうで、今回の断念で失ったものは何もないのです。


今年留学に行かなかった学生さんは、日本での学校生活や家族と過ごせる安心感が得られたと思います。

高校で留学しなかったのならば、代わりに大学で留学できるチャンスを得られた。


今年ワーホリが年齢的にギリギリで、もう来年はワーホリは使えないとなる方は、ワーホリでは行けないかもしれませんが、その代わり悔しさをばねにして一生懸命英語力を伸ばしてCoop留学をするかもしれません。思い切って短期に絞って、滞在型の観光をたくさんの予算で楽しめるかもしれません。

コロナで止まっていた時間に働いて貯金ができたことで、自由度の高い留学が次にできるかもしれません。


命があるなら、失ったものなんてないと考えてほしいと思うのです。

きっと考えてみたら、得たもの結構あると思うんですよ。


というわけで、ここから得たもの大会兼、今年の振り返りナデシコ留学編(/・ω・)/

ナデシコはおそらく結構な売り上げと代わりに、以下のものを得ました!!


‐留学エージェントの存在意義の再確認

‐学生さんの留学への思いの再確認

‐法人初年度の「売り上げ出さないと…」という焦りからの解放(コロナで途中からあきらめた)

‐オンラインで問題なくスタッフと働ける環境と心持ち

‐ナデシコの新しいコンセプトの練り上げ

‐それにともなう新しいサポートの模索

‐名古屋市のビジネス創造事業への参加

‐学生さんとのコラボ動画アップ

‐学生ボランティアさんとのオンラインイベント開催

‐インターン採用

‐新スタッフ採用


列挙すると結構ありますね!!!


やはり新規手続きなどの通常業務が少なくなったぶんの圧倒的な「考える時間」がありました。

それが上記すべてにつながったと思います。

インターンや新スタッフが採用できたのも、教える余裕が時間的に結構あったからだと思います。


結果には大きくまだ現れていないですが、自分の中ではかなり大きな変化を得られた年であり、自信のついた年になりました。


ナデシコは7年目になり、始めた当初は「起業」とかいうのも恥ずかしかったし、経営をしている感覚はなかなかつかず、やみくもにやるべきことをやっているだけでした。

でも今はナデシコの5年先、10年先をよく考えます。

そういう自分の成長も感じられた1年であり、改めてナデシコ留学をもっと大切に育てたいと強く思った1年でした。


また今年はたくさんの外部ブレーンの方とも接点が持てた年でした。

来年は、そのコネクションをもっと深くしつつ、ナデシコ留学が一人でも多くの女の子の役に立つように、サポートを考えて実行していきたいなと思います。


結果、私はコロナにより失ったものよりも得たもののほうがはるかに多いと判断し、この結果に大満足です!


みなさま、今年もありがとうございました!!

みなさまに支えられて2020年も乗り越えることができました。

いつもいつも、ブログの向こう側のみなさんに感謝しています。


来年もよろしくお願いいたします!

それでは良いお年をお過ごしください(∩´∀`)∩


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です