コキットラム学区

カナダのBC(ブリティッシュコロンビア)州の公立学区コキットラムの紹介です。

特徴

コキットラムはバンクーバーから車で40分程度の郊外にある市で、かつては韓国移民の多いエリアでした。しかし近年、EverGreen線というモノレールの線が新しくコキットラムに延び、安価な公共交通機関でバンクーバー中心部に出やすくなったため、非常に注目度の高いエリアとなりました。新しい交通機関ができたため利便性は非常に高く、移民も比較的多く目にします。学校は高校は8校ありますが、どの学校も設備が整っており充実したプログラムが揃っています。学区のスタッフには長年、日本で英会話講師をしていたスタッフもいるため、日本人の気持ちもよく理解してくれるようです。セメスター制で前期と後期でそれぞれ4科目を履修します。

詳細

学校数 高校:8校
日本人学生の多さ やや多め(1校につき10人~13人程度の日本人)
入学時期 9月、2月
費用 http://www.internationaled.com/admissions/tuition/

留学生プログラムについて

学区内の留学生はとくに中国からが多めで、留学生のイベントも参加者が多く盛り上がります。日本人留学生もどちらかというと多めですが、その分、在校生総数も多いのでさほど気にならないという声も聞きます。
利便性が高く、いろいろなことにアンテナを伸ばして積極的にアクティビティに参加できる環境があります。この学区の最大の特徴はホームステイの手配を学区が行っていないということです。BC州では多くの学区が、学区教育委員会の中にホームステイの部署を持ち、自分たちでホームステイの開拓や管理をしています。しかし、コキットラム学区は学生のホームステイをコキットラムのホームステイの外部の会社に任せているため、どのホームステイの会社を使うかによって総費用が異なります。そのため、上記の費用の表記も学費、その他諸費用の表記のみで、滞在にかかる費用は割愛されています。ナデシコ留学では、コキットラム学区を選ぶ場合は外部の会社ではなく、ナデシコ留学で手配したファミリーをご紹介することも可能です。(どちらの場合もホームステイ変更などの希望は相談の上、お受けできます。変更にあたり再手配料がかかることもあります。)

視察コメント

やはり公共交通機関に乏しいバンクーバーの遠方の郊外の学区とは異なり、利便性が高く、快適に過ごせる印象を受けました。人口が多く、街には留学生や移民も多いため、「カナダ=白人ネイティブ」のイメージでいると、少し想像と違うことになりそうです。ホームステイも移民ファミリーがやや多く、移民ファミリーは英語がおぼつかなくても気持ちを理解してくれるなど良いところもありますが、やはり白人ネイティブを期待するのであれば、もう少し郊外の学区をおすすめします。一方、自分で行動範囲を広げられるだけのインフラが整っているので、興味があることに積極的に自分から参加することもできるのではないかなと思います。白人環境にさほどこだわらない、また都会派の留学を希望しているかたにおすすめです。

コキットラム学区をご検討の方は、詳しい資料のご用意もございます。資料郵送をご希望の方はお気軽に以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容(必須)