Nagoya Women’s Startup Labにナデシコ留学として参加!

こんにちは!Yukikoです。

相変わらず愛知は名古屋からYukikoです。


先日、ナデシコで1年間の留学をされていた元学生さんから


・ICUと一橋大学に合格しました!

・某国立大学の医学部に合格しました!


とうれしいご報告をいただき、みんな連絡くれることに感動するとともに、ナデシコの学生さんの能力の高さに尊敬の念があふれて仕方ない。

もちろん大学だけではなく、本当にナデシコはいい子たちばかりなので、「なんで私みたいなものがこんなに素晴らしい学生さんたちと関わり合えてるんだ?」と一瞬混乱します。


それと同時に、そんなやり取りをしているとナデシコも学生さんたちに負けないようにさらに頑張らなくては!!

と熱が入ります。

それに関連して、今日は「これからのナデシコ留学」について書こうと思います。


女の子のキャリアメイキングプログラム


ナデシコはただ女の子の留学のサポートをするだけではなく、キャリアメイキングプログラムが提供できる留学エージェントになっていきたいと考えています。

今はどのようなプログラムを作っていくのがよいのかを構築しているところで、留学業界の中でも海外のキャリアコンサルティングに強い方とコンタクトを取ったり、十代など若年層の女の子のキャリアを考えられるキャリコンの方を探したり活動中です。


また文科省推奨のキャリア教育のガイドラインを読み込み、どのようなプログラムが効率的なのか、カナダの高校の必須科目にもあるキャリア教育の授業内容なども参考にして考えています。


留学をすると、一気に視野が広がって、また将来自分が活躍する場所も日本だけではないということに気が付くことができます。

そのタイミングで、女の子たちに改めて自分のこれからを、真剣に考えてもらう機会を提供することができたらと考えています。


プログラムをつくるためNagoya Women’s Startup Labに参加


実はこちらは2020年、昨年の6月ごろから始動していました。

まったくゼロベースで事業を行いたいという人や、すでに事業をしているけれど新しいことをしたいと思っている女性の起業家に向けた、名古屋市が企画したプログラムです。


1期と2期があり、応募者の中から審査制でそれぞれ15名ほどの参加者が選ばれ、さらに何回かのセミナー後に選抜の5名ずつが選ばれて、実際の起業家からの伴走支援やサポートが受けられます。

私は1期も2期も参加して、2期には選抜に入ることができました。


ジュエリーブランドHASUNAを立ち上げた起業家の白木夏子さんも伴走支援してくださって、界隈ではとても有名で、私などという下賤なものが接してはいけないようなきらきらした感じのかたなので、お近づきになれただけでもうれPのに、直接事業へのアドバイスなどいろいろいただきました。

そもそもナデシコ留学の存在を知ってもらえただけでうれしい。


そうこうしつつ、8か月を通してこのキャリアメイキングプログラムの部分をできるだけ固めていきました。


こちらが中間報告会の様子。

1分間に自分の考えている新しい事業のピッチなるものを行ったのですが、数十年内で一番緊張しました。。

偉い人の視線が…。



スタートアップとは、各所から資金援助などを受けて初段階からめちゃくちゃ事業に投資して、マイナスから一気にプラスに転じて大きく事業を広げるビジネススタイルです。

日本ではメルカリなどが有名で、最近話題のClubhouseなどもスタートアップ。スタートアップは大なり小なりいろいろな企業がトライしています。


ナデシコは起業家さんやサポーターさんと話した末、そういうやり方はしない(し、する必要がない)と決めたのですが、ほかの選抜者さんの事業は最初に資金が必要な感じでした。

なので、銀行の方とかも来てるんですね~


この1分ピッチは、たとえばエレベーターの中などで資金提供してくれそうな投資家に会った時に、さっと自分の事業を紹介できるように、という意図もあるようです。

おもしろいですね。


先日は最終報告会がありました


なんだかんだでキャリアメイキングプログラムもいい感じに考えられて、今後すべきことも整ってきました。


先日2月15日、幸いナデシコの定休日には、名古屋で最終報告会があり、また緊張しに行きました。

ただ一般参加はオンラインであったようで今回は定員100名程度を見込んだYoutube Liveなどでの放送もあるとのこと。

それはそれで緊張。


中間報告では1分だったのが、3分間くらいという時間を与えられました。

スライドを7~8枚くらい用意して、事前にサポーターさんにも見てもらって、人前に出すのに恥ずかしくないかんじには仕上げられたと思います。



こんな感じで音響やカメラがすごい感じなところ(語彙)で行いました。

中央の島に座っているのがサポーターのお二人。白木さんも東京から駆けつけてくれました。



発表中のYukikoです。目が死んでいますね。

緊張でしょうか…。


3分の発表は動画でアーカイブを載せたいとプログラム側に言われましたが、それはちょっとお断りしました。企業秘密で!!


選抜に選ばれた女性起業家たち、またサポーターのかたとみんなで撮った集合写真。

みんな緊張から解き放たれてリラックスな笑顔



各専門家のかたからのフィードバックをいただく


終わった後には各業界の方からのありがたいフィードバックをいただくことができました。

新生ナデシコを応援してくれる人がこんなにいるんだ!

とうれしくなりました。


なかでも

「10代の女性のキャリコンは、ひょっとしたら新美さん自身がパイオニアかもしれません。それほど新しい領域ではないでしょうか。~(具体的なアドバイス)~」

というコメントが嬉しかったです。


新しいことをするわくわくと、楽しみで胸がいっぱいです。


もちろん難しさに悩む時間が実際は大半ですが、もしそれでも女の子たちに「参加できてよかった!」と思ってもらえるものができたなら、本当にうれしいし、それが第一歩だと思います。

とにかく、何か悩める女子たちにしたい思いでいっぱいなのです。


まぁそんなこんなやってきていたわけですが、これから、まだスタートを切ったばかりなので、今後のナデシコ留学にぜひ期待していてほしいなと思います。


しかし!今日も新しいカナダの渡航制限のアップデートがあり、サポート中の学生さんのことなどでも大変中の大変…

それでも少しずつ前に進んでいきたいですね。


なかなかタフな日々とあれど、誰かのためになっている仕事はどこからともなくパワーが出てきます。

それが、これからの世界を担う若い子たちのためと思うとなおさら!!


さ、今日はあと「進路と将来についてのナデシコセミナー」のスライドつくろ。。


また引き続きがんばります!!!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です