高校留学中の恋のお話 ~国際恋愛ってどんな感じ?


こんにちは、MOEKOです!


どんなブログ記事みたいですかと聞いた時に一番多かった国際恋愛♡

やっぱりみんな好きですよね。私も恋バナ好きです☺️

今日は私が高校留学の時から3年ほどしていた国際恋愛について書いていこうかなと思います。

まず高校留学中の恋愛って


高校留学中なので、ホストファミリーも心配していて、門限までに帰る、どこに行くか言うなど決まりがたくさんありました。親元を離れているので、それは当たり前で、それはそれで良かったかなと思っています。

エージェントのナデシコさんと話す時はこの話は両親には秘密で、、と言って報告していました(笑)なので、カナダにいる周囲の大人たちは最初から知っていた感じです。

半年後ぐらいに関係が落ち着いたあとに、両親には彼氏ができたと報告しました。


彼と一緒に遊びすぎて、友達とあまり遊ばなかったのは後悔しています。留学中は特に彼氏といった存在に依存しがちだと思いますが、程よいバランスで依存しないのが大事だと思います。

あとは、カナダは日本よりも声をかけてくる人が多いのですが、ジムとかで電話番号を聞かれれたりして、自分も気になるなと思ったら電話番号は怖いので毎回Snapchatを教えてました。

私が今まで出会ってきた人は大丈夫でしたが、危ない人も中にはいるのでほんとに気をつけてください。


高校留学、まだまだ世間知らずな年なので、信頼できる誰かに相談しながら慎重にすることは絶対です!


どうやって出会ったのか?


彼は、メキシコとカナダのハーフで2歳年上でした。

友達とバンクーバーに出て遊んでいる時に彼に声をかけられて、電話番号ではなく、とりあえずSnapchatを交換しました。

あまり覚えていませんが、「綺麗だと思ったから話してみたいと思った」みたいなことを言われたと思います。

あまりこうして(ナンパっぽく)出会ったとはなんとなくやましい出会いな気がして、最初は人には言えなかったので、マックスという男友達に頼んで、ホストママや学校にはマックスの友達ってことにしていました…(笑)

出会ってからはしばらくずっとチャットをしていて、そのあと遊びに誘われました。彼はバンクーバーに住んでいたので、「私に会いたいならミッションに来てくれないと」と伝えつつも、車で2時間ぐらいかかるので来ないだろうなーと思っていたら、本当に来ました!

毎回花束を持ってきてくれて、カナディアンらしいなぁと思っていました。最初の日は、私も警戒していたので、友達にもついてきてもらい、複数人でショッピングモールでご飯を食べて解散しました。

そしてそこから毎週末車で2時間かけて私に会いに来てくれていました。その時一緒にいて楽しかったし、好きな気持ちはありましたが、留学終わったら日本に帰るし、ちょっと仲良くなれたらいいな~ぐらいに思っていました。


カナダはSeeing(Dating)期間みたいなのがあって、「正式には付き合ってはないけどデートはする」みたいな友達以上恋人未満のような期間があります。

その間、他の人ともデートしたりする?人もいるし、一般的にはそれもOKみたいなのですが、何回かデートした後に彼が「そういうのはしないでおこう」と伝えてきました。そこからは真剣に?なったのかなと思います。

そして彼の家族とご飯行くことになり、彼女って紹介されたので、私彼女なんだ!とその時に改めて思いました。

Seeing期間が終わって正式な恋人同士になるのは、こうして双方の家族や大事な友人などに紹介されたとき、というのはよく聞きます。


日本のように、「付き合ってください」みたいな告白は本当に無かったです。

私はそれまで日本でも彼氏ができたことがなかったので、彼が初めての彼氏でした。


カナダ人と付き合ってみて


☆良かったこと

3年間ほど付き合っていたのですが、ずっと優しかったです。尽くされすぎたと思います。

そして何をしても、顔がむくんでいても、「可愛い」「綺麗」って言ってくれます(笑)

自己肯定感がめっちゃ上がりました!!そして英語力は一気に上がりました。毎日話すってやっぱり大事ですね。間違っていたら直してくれるし、何より私の英語を理解しようとしてくれているのでいっぱい話すようになりました。

あとは、バレンタインがとても豪華でした。

バレンタインにサプライズで旅行に連れて行ってもらい、ディナーを食べてリラックスできるようにとスパまで予約してくれていました。(もちろん高校在学中の旅行は親と学校の許可を取ってちゃんとした手続きをふんでました)

あと家族ぐるみで仲良くしてくれました。

彼は実家暮らしだったので、高校を卒業したあとに2ヶ月ほどお家に泊まらせてもらったこともありました。彼のお姉ちゃんとはすごく気があったので、買い物に行ったり服を貸しあったりしていました。

私の家族も大事にしてくれました。私の家族がカナダに遊びにきた時、車を出してくれて色々なところに連れて行ってくれたり、弟がカナダに旅行した時も彼のお家に2週間ほど泊めてくれました。

デートはハイキングに行ったり海やジムに行き体を動かすことが多かったです。


カナダで色々な経験をさせてくれた彼には感謝しています。


☆大変だったこと

恋人同士だと、お互いのコミュニティに参加するのはカナダは結構当たり前なので、友達の遊びもパーティも全部誘ってくれるのですが、会話についていくのが大変だし、アジア人があまりいる集まりじゃなかったので、居心地は正直良くなかったです。

あとは、本当に時間にルーズで何度もそのことで喧嘩になりました。時間通りに来たことがないレベルです。

コミュニケーションの面でも、私もネイティブじゃないので、言いたいことが言えなかったり、伝え方の違いで苦しい時がありました。

一番辛いのは帰国後の遠距離でした。毎日ビデオ通話していましたがやっぱり寂しかったです。でもお互いに休みのたびに日本とカナダを行き来出来たのは良かったのかなと思っています。


☆付き合って知ったこと

これはカナダの方と付き合って初めて知ったんですが、I LOVE YOU の重み!

ずっとI LIKE you とか「好きだよ」みたいなのは言ってくれていたのですが、I LOVE youは全然言ってくれなかったなぁと振り返ってみると思います。

「いつ彼がI love youを言ってくれたか」みたいな恋バナをソフトボールの友達がしていて初めて知りました。

そんな簡単には言わない言葉なんだと、、、1年経ったぐらいの時にやっとI love youと言ってくれました。なので言われた時めっちゃ嬉しかったです。


ところで今の関係ですが、友達に戻りました。今でも何かあればお互い近況報告したり、バレンタインの時日本にプレゼントを送ってくれたりしています。



彼のお姉ちゃんやお母さんもたまに元気と気にかけてテキスト(メール)してきてくれます。本当にいい家族です😭


彼との出会いは私の留学にとって大きなものになりました。

親元を離れているときの恋愛はきっと日本の家族からしたらとても心配だと思います。でも、ホストや友達、学校やエージェントなど信頼できる人に相談したり共有しながら、慎重にコマを進めていくなら、本当にいい経験になると思います。

急ぐ必要はないので、相手が本当にいい人かどうか、じっくり見極めてほしいなと思います。自分がカナダに親がいない留学生であることを理解してオープンにゆっくり付き合ってくれたり、気を使ってくれる人だと一番いいのではと思います。


以上、私の体験した国際恋愛についてでした!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です