高校留学、月次レポートと喜びの日々


こんにちは~(‘◇’)ゞ

今日はYukikoとMinamiの合作です!!


でもその前に告知ー(*’▽’)


東京は11月2日(水)、3日(木)、大阪は11月5日(土)にてカナダ大使館主催の留学フェアが開催されます。多くの学校担当者がカナダから来場していますので、おすすめの学区や学校をカウンセリングの上、ご案内し、必要に応じて通訳もさせて頂きます。無料となっておりますので、お気軽にコチラの専用ページご予約ください。



今日のテーマは私たちの喜びの一つ、「留学生たちの成長を見ること」に直結するものです。

そう…それは…


レポート!!!


ナデシコ留学では、高校留学のサポートとして渡航前の出願サポートだけではなく、留学中のさまざまなトラブルの解決や、誰もが陥りやすい時期を乗り越えて、楽しく有意義な留学生活を送ることが出来るように全力で現地でもサポートしています。

海外へ行くということは行く本人はもちろんのことですが、送り出す家族もいつも不安に思っているのです。。


ナデシコでは、愛するわが子を海外へ送り出している親御さんの不安を少しでも解消するべく、「月次レポート」というものを親御さん宛てにお送りしています。

親御さんからは好評をいただいていて、毎月のレポートを楽しみにされているというお声をよーく聞きます。

そして親御さんみなさんお礼のお返事までくださる!!!


レポートでの学生の成長そのものも励みになりますが、親御さんからの感謝の声も確かな励みです。


レポートは客観的な視線からの学生さんの情報をお伝えするので、お子さんからの直接的な情報だけでは捉えきれない実際の状況が見えて来ます。

ナデシコ留学からの数十名いらっしゃる留学生のなかでの相対的な様子や情報をお伝することにポイントを置いており、とくにこの新学期がスタートした今時期は学生さんみんなが苦労するとき!


きっと親御さんはお子さんから「つらい…ネイティブの友達ができない…授業が大変…」など聞かれると、「えぇ!!どうしよう…!?」と思われると思います。でも大丈夫。みんなそうです。

(中には最初から快調な子もいますが。)


そういったことも、多数のパターンを見ているからこそできる報告で、安心の材料になると思っています。


なお、この月一レポートは、現地スタッフのAyakaが直接学生さんの一人一人に電話をして、ときには直接訪問をして近況を聞いて作成しています。

テストがあったときは成績表も送ります。先生のコメントなどは翻訳してつけています。


SONY DSC


Ayakaは敏腕マネージャーでありながら、中でも若いスタッフなので、学生さんも話しやすいよう。学校であったことやホームステイ先のこと、悩んでいることや困っていることなど色々話をしてくれます。

Ayaka自身も正規大学留学の経験者で、留学当時はやはり同じようにつらい時期もあったりと、留学者の苦労や悩みがよくわかるので、的確なアドバイスをしてくれている様子がレポートから伝わります。


毎月電話が来るので、前のときにお話したことがどのようになっているかの確認をしたり、世間話もしながら学生さんの気持ちの吐きどころにもなっているのかな?と思っています。


せっかくなので、実際のレポートをご紹介したいと思います!!

まずは日本で中2までを修了し、中3課程のGr9から4年制のセカンダリースクールに入学したLちゃん。

report_september2016_lisa-001


Lちゃんはバンクーバーで事前研修したころはとても楽しそうにしていました。やや遊びすぎでは…?と思う時もありましたが、学区に入ってからは、一生懸命学校についていこうと必死になってがんばっている様子です。

これには私たちも感動しました。。


お次に、日本で高1課程を修了し、2年生から2年での卒業を目指し渡航したMちゃんです。

report_august2016_moeko-001


いかがでしょう?


親御さんからの返信もせっかくなのでご紹介。




お世話になります。
いつもきめ細やかな娘のレポートありがとうございます。
 
あんな感じの子なので高校に入っても
楽しく過ごしているようでしたが
やはり友達のことや授業のことで不安な様です。
 
夏まで帰国しない予定でしたが
冬に一時帰国を提案したら
とても表情が明るくなり帰国日を
待ち遠しく感じているようでした。
甘やかすつもりはありませんでしたが
やはり異国で慣れない生活には
しんどいように見受けました。
 
ホストファミリーがとても良い方の様なので
私達は安心しています。


と、本当にレポートは私たちの喜びであり何よりものやりがいです。


何名もの学生に毎月決まった日にちまでに連絡を取り、文章にまとめるAyakaも、通常のカウンセリングと並行して業務を行うのは大変なのですが、それでもしっかりと一人一人の悩みやペースに寄り添い見守りつつ、このレポートを大切にこなしてくれています。


留学生は十人十色、悩みも十人十色です。

でもそれぞれの色のがんばりで、少しでも得るものが多い滞在になるように現地のナデシコたちはもがいています。


こんなにみんなががんばっているのだから、私もがんばらなくては!!!

と、いつも一人一人の顔を思い出して躍起になっているんです。


ナデシコは現状、一人一人を完全に私(日本)とAyaka(カナダ)の対応のみで行っています。(もちろんその裏の事務作業はもっとたくさんのスタッフに支えられています!)

学生の名前を聞いて分からないなんてことはあり得ないし、どの学生さんがどの学校で、どんな生活をしてどんな悩みを持っているかを常に把握しています。


レポートを出している他社さんは少ないと聞きますが、ここまでうっとおしいくらい寄り添おうとしてくるサポート会社はそうそうないのでは、と自負しております…(*’▽’)


がんばってくれるナデシコのみんなにパワーをもらい、本当に出会えたことに感謝しています!!!


今年、9月がスタートしたな!と思ったら、もう来年9月のための出願シーズンです。

また来年も多くの新しい学生さんに会えるといいなと心から願っています(^^)/


ではでは、みなさま、よい週末を~!


3 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です