【Global College発】2021年冬のキッズプログラム


定期的に東京・大阪にて、対面の留学相談会を開催しています。次回は2021年11月です。個別制で行いますので、語学留学、高校留学、専門学校、大学、ワーホリなんでもOKです。完全予約制となりますので、スケジュールはコチラのリンクからご確認ください。名古屋では随時ご予約を受け付け中です!

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

お久しぶりのMinamiです。相変わらず、元気にナデシコでお手続きや渡航後の日本でのサポートをしております。


さて、新型コロナの影響により、観光ビザでの入国ができなかったカナダですが、先月完全にワクチン接種を終えている方(12歳以上)はその規制が緩和されたので、短期語学留学が可能になりました。


というわけで、今年の冬休みにお勧めのキッズプログラムのご紹介です!

バンクーバーの語学学校Global College(グローバルカレッジ)では、2021年冬、English for Young Learners(EYL) の開催が決定したそうです。


語学学校Global Collegeとは?

Global Collegeはバンクーバーを拠点とした語学学校で、ダウンタウンにあります。


ダウンタウンのウォーターフロント駅から徒歩圏内にある、大きめのビルの数フロアがGlobal Collegeのキャンパスで、学校規模としては小規模なほうに入ると思います。

そのぶん、学校内で見る人はみんな顔見知り、といった感じで、とてもアットホームです。


大人のクラスは、ほかの語学学校ではクラスサイズが15名ほどなところを、GCでは8名程度です。

Yukikoが実際にバンクーバーで模擬授業に参加したときには、一人ひとりにきちんと先生が質問をしてくれて、まんべんなく発言機会ももらえるようになっていたそうです。「まさに目が届く感じ」だったそう。


Global Collegeは一般プログラムではPower SpeakingとIELTSの勉強を合わせたPiELTSというコースが人気ですが、Global Collegeの一番の特徴は「キッズプログラム」を持っているところです!

バンクーバーにはあまたの語学学校がありますが、実は5歳~のキッズを受け入れている学校は数校だったりします。

Global Collegeはキッズ層の受け入れをずっとしており、そのノウハウにも信頼感があります。なので、親子留学の留学先としても人気です。


2021年冬のキッズプログラムの内容は?

さて、今年の冬のプログラムは、アクティビティ付きキッズプログラムで、開講期間は 2021年12月20日~2022年1月21日です。

英語の学習だけでなく、子供たちの探求心をくすぐるアクティビティ付きプログラムとなっています。


【プログラムの特徴】

・週に15時間以上の英語学習

・月曜日〜金曜日 9時〜2時30分

・週2回の校外アクティビティー

・受け入れ年齢:7歳〜14歳

・クラス内でのアクティビティー

・1週間単位で受講可能

・毎週月曜日スタート可能


コロナ対策として、1クラス少人数で、マスク着用必須など、感染対策をしっかり行っていきます、ということです。


校外活動・アクティビティにはどんなものがある??

・ダウンタウン、ガスタウンなどの散策
・スタンレーパーク
・グランビルアイランド
・ボーリング
・スケート
・映画
・サイエンスワールド(科学館)
・クリスマスカード作り
・スピーチコンテスト
・ボートゲーム
・工作
・理科の実験

クラスは年齢と英語のレベルに合わせて分けられており、プロフェッショナルの講師が授業を行います。


【プログラム費用】
入学金:$150
教材費:$100
授業料:$1950/ 4週間
$550/週


このほか、エージェントサポート費用、航空券、ホームステイ費用、保険等が必要となります。

Global Collegeによると、現在お問い合わせが多くなっているようですので、気になる方はお早めにお問い合わせくださいね!


ただし!完全接種者はカナダでの隔離は原則なしでも、日本で隔離あり

ここがポイントで、みなさまお忘れなきように。。


10月15日現在では、日本は帰国時に14日間の隔離があります。

10月1日から、完全接種者は10日目の隔離で政府指定のPCR検査を実費で(地味に痛い)受け陰性の結果を得ることで、隔離を10日間に短縮できることになりましたが、いまだ10日間の隔離があります。


このルール、実はトリッキーなのが10日検査時点で「陰性」だったらいいのですが、もし「陽性」だったら、なんとそこからまた14日隔離期間が増えるので、「もはや受けないほうがいいのでは…」とさえ言われています。

というわけで、2週間のプログラム参加だとしても、プラス14日間、つまり4週間は予定をあけておく必要があります。


と、紹介しながらも、冬休みはあまり現実的ではないのかなぁ(涙)と思いつつ、です。

ただ小学校や幼稚園生などは、あまり学校をお休みしても勉強への影響は最小限かもしれませんし、親子留学のお子様のプランとしてはありかもしれませんね。


ではまた次回!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です