留学をする大きな一つの意味

こんにちは!


もういくつ寝るとクリスマス&お正月ですね。

BC州では現在は厳しいロックダウンはなく、穏やかな年越しとなりそうですが、オンタリオやケベックのほうでは厳戒態勢が続いているようです


今日はバンクーバー郊外のほうでも雪が降ったと学生さんからお写真をもらいました!



三角屋根がカナダっぽくてかわいいですね。

ていうかやっぱりカナダ、家がでかいですね。


カナダは家を建てられる最少の土地の広さの基準が日本より大きくて、家もそのため大きく、そのため高い。

(カナダで永住権を取った日本人の大人たちの世間話から知りました。)


今日は、ナデシコ留学の初のオンラインイベントを終えて、感じたことをつれづれにつづろうと思います!

続きを読む

私が日本で働くことを決めた理由

こんにちは~Yukikoでございます。


前回からの記事の続きをつづります。

前回は、カナダと日本の労働環境の違いなど、社会人として生きるにあたっての違いを書きました。

カナダと日本の就職と働き方の違い ~Yukikoの昔話を添えて


今回は、その違いを知ってなおなぜ私がの日本で働くことにしたか、を書いてまいりたいと思います!

続きを読む

カナダと日本の就職と働き方の違い ~Yukikoの昔話を添えて

こんにちは!Yukikoです。


学生ビザ、続々と下りておりますが、今日は朝にビザが下りて、明後日(!)に渡航することにされた学生さんのフォローアップなどでバタバタでございます。


昨日まで普通に日本で暮らしてたしどこかに行く予定も(そんな近々には)なかったのに、3日後にもう日本に自分がいないって、どういう気分なんだろう。。

学校側が「この日までに来て!」と言っている日の間際にビザが出るという、強運というのか、何なのか…


もう今回は何もかもイレギュラーすぎて目の前のフォローで精いっぱいです。

でもスタッフたちのがんばりのおかげで、夕方にはひと段落ついて、私はこうしてのうのうとブログを書けるわけですよ。


夜に学生さんの渡航前のおさらいのお電話します。ちゃんと準備できてるか心配。でも人と急な別れを惜しむ時間もほしいだろうし、どれくらいの加減で心配していいのかも難しい。

ここへきてすごく学生さんが嬉しそうなことだけが、本当に救い…!


さて、今日はそんなことに全然関係ない、生き方のお話しです。

私の実体験を添えていたらなんか長くなってしまったので、2部構成として、最初は日本とカナダの働き方の違いです。


留学に出ると日本以外で生きる選択肢が見える

続きを読む

つかめるチャンスは今つかめ

こんにちは!

日本より今日も元気に外出自粛中のYukikoです。

最近、政府の人や偉い人が「この2週間が正念場だ」って言いすぎていて、「正念場」ゲシュタルト崩壊を起こしそう。


さて、ここのところ家にこもって時間を費やすことがほとんどなので、思考の鬼と化しています。なので精神論が多くなる時期。思春期っぽくて少し恥ずかしい。

今日の記事は、これは私自身に言いたいことであり、自戒のためのブログです。


自粛生活ひいてはだらだら生活が性に合いすぎて、このままではむざむざと時間をむさぼり過ごしてしまう!!

自粛生活ももう2か月が過ぎようとしているところで、やっと気が付いたというこの遅さ!!!

自分のこういうところがいつまでも凡人たるゆえんだと思う。凡人上等。


不安になるだけの時は過ぎた

続きを読む

【就活市場で「英語」どれだけ使える?】実際にキャリアカウンセリングに行ってきました


こんにちは!

秋晴れが気持ちいい季節ですね。


今日もYukikoがお届けします!

最近いろいろ頭が忙しいんですが、整理するためにも新しい情報は小出しにしていきます。


そう、忙しいのに、急に思い立って留学帰りの価値を問うべく、キャリアカウンセリングに行きました。

今日はナデシコ留学の代表ではなく、「典型的な留学あがりのいい年の女」代表、Yukikoです。

訪れたのは大手就職エージェント、R社です。

続きを読む

「結婚前の人生の思い出に留学を」と思っているアナタへ

こんにちは!

結構寒さが際立ってきた日本よりYukikoです。


今日は定休日ですが、ナデシコも節目の5年、なにかそろそろしたいなぁと思ってブレストのためにスタバに来てかちゃかちゃしてます。

スタバ…カップ…こわくないすか…

いろんな余計な思考がブレストの邪魔をしますが、

Yukikoの最近の思考関心は「女の人生と留学」。「帰国後のティーン留学生の叫び」。

このふたつです。


二つ目はまた後日書くとして、今日のテーマは「女の人生と留学」です。

続きを読む