カナダ国内からのビザ申請もバイオメトリクスが必要に


定期的に東京・大阪にて、おしゃべり留学相談会を開催しています。個別制で行いますので、語学留学、高校留学、専門学校、大学、ワーホリなんでもOKです。完全予約制となりますので、スケジュールはコチラのリンクからご確認ください。名古屋では随時ご予約を受け付け中です!

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!



こんにちは、Yukikoです!

もうあっという間に師走ですよね、そういえば。。

もう2019年も終了か~~~~~


はやーーーーーーーーーー


もう25歳からの人生の時間の流れが滝に落ちるような速さですよね。

そしておそらく65歳くらいに滝つぼにおちて、そこからゆーらゆーらとゆっくり過ごすんでしょうね。


人生は滝下り。


さて、今日は最近また発表されたビザの新しいルールについての発表です。



カナダの国内からの学生ビザ申請にもバイオメトリクスが必要に


2019年1月1日より、日本からのカナダの学生ビザ、ワーホリビザなどにバイオメトリクス認証が必要になりました。

ちなみにバイオメトリクスというのは指紋認証と顔写真認証のこと。

手続き自体は15分くらいで終わる、なんてことないものですが、日本にはその採取ができるセンターが東京1か所にしかありません。

沖縄在住でも、北海道在住でも、だれでももれなく学生ビザやワーホリビザを申請する人であれば、必ず東京に出向かなければならないことになり、大変面倒なことに。


そして2019年12月3日から。。

カナダ国内でたとえばワーホリを申請する場合では、日本と同じくバイオメトリクスが必要でしたが、不要であった学生ビザ延長やワーホリから学生ビザへの切り替えでも、カナダ現地でバイオメトリクスを採取する必要があるというルールに変更されました。


でもこれまではたとえばバンクーバーにいる学生は、もっとも最寄のバイオメトリクスセンターはシアトルだったので、なんとシアトルに小旅行しがてら手続きをしなくてはならなかったのです。

日本から申請の人は、日本国内の東京なんてまだいい方だったことが分かります。


バンクーバーにバイオメトリクス採取センターがオープン!


さすがにこの変更に際し、シアトルに全員国を越えていかなければならないのは批難轟轟でしょう。。

というわけで、バンクーバーにバイオメトリクス採取センターがオープンしました!


新しくそういった場所が設けられたというよりは、これまでバンクーバー、バーナビー、トロントなどカナダのいたるところにあったService Canadaというビザの事務所で採取することができるようになったとのことです。これらの拠点をSCOと呼ぶそうです。

しかし予約が必要なのは日本もアメリカもカナダもどのセンターも同じ。


日本のVACが増える可能性も?


カナダに滞在中の学生さんにはとても朗報だと思います。

実際にかなりの時間と費用の節約になりますよね。


しかし!!形勢逆転。

日本の方がカナダよりましだった、と気づいた瞬間に形勢逆転。

SCOはカナダに結構たくさんありますからね。


12月3日をもって日本の学生さんの方が完全に不利です。東京にしかないなんて…。


新しいVACができる可能性はないのか?と思いいろいろ調べてみたのですが、今のところはっきりとした情報は得られませんでした。

噂では来年に関西拠点ができる、というのも聞いているのですが、定かではなく。


ただ、日本のVACはVFS Globalという民間会社が代行運営しており、カナダ以外のバイオメトリクスが必要な国のバイオメトリクス採取も取り扱っています。

そのVFS Globalは実は大阪にも名古屋にも、結構たくさんあります。

なので、VFSのほかの支店をカナダが契約してくれたら、地方にもいくつかVACがオープンすると言えますね。


いくつかの国のビザ手続きはそうなっているようなので、カナダもがんばって追随してほしいところです…!!


日本の手続きにも希望をもって2020年を迎えましょう!!


という今日はお知らせブログでした(‘ω’)ノ

また次回~!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です