「オトナ女子のための留学」まとめました!


第3または第4土曜・日曜日、東京にて、毎月定期でおしゃべり留学相談会を開催します。個別制で行いますので、語学留学、高校留学、専門学校、大学、ワーホリなんでもOKです。完全予約制となりますので、コチラのリンクよりお申し込みをお待ちしています!

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!名古屋よりYukikoです。

とうとう桜の開花宣言し始めましたね!でも名古屋はまだです!無念!


Facebookを開くと、何年か前の今頃、自分が何していたか、昔の写真が飛び出てくることがあるんです。

5年前の今日の私の写真が出てきました。


バンクーバーファッションウィークという、バンクーバーでのファッションショーのガーラパーティーに参加していました。しゃれたことをしている。


このころ、私は帰国を3か月前に控え、ナデシコ留学を構想しながら、現地の情報ウェブサイトのライターとして働いていました。メディアとしてファッションショーのパーティーに潜入したのです。

5年も経ちすっかり忘れていました。Facebookももうオワコンと言われていますが、ノスタルジックに浸れて好きです。


さて、そんな余談はさておき!!!

今日はど告知なブログです(*´▽`*)

最近そんなんばっかり!!!ふふ!!!


じつは、トップページが最近変わったことにお気づきでしょうか。

お気づきの人はきっとナデシコの相当コアなファンでしょう。



分かる人、いますでしょうかーーーー!?!?!?!


……


いませんよねー(´◉◞౪◟◉)


ピンクの帯の、「オトナ女子に向けたほにゃほにゃほにゃ~」の部分です!


オトナ女子ための6つの留学プラン

↑そのままそれぞれのコンテンツにアクセスできるページになっています。


そう、ナデシコ、最近高校留学に偏ってきたなぁとちょっと反省しました。

私が帰国したてで、ナデシコを立ち上げた際には、むしろ自分のような成人の女性に第二の人生を!と留学をゴリ推ししていたので、その頃こそ今よりも大人の方の留学の方を多くサポートしていました。


しかし、高校留学の方がどちらかというと難しく奥が深く、説明することが多くあるので、次第にブログコンテンツなどがだいぶティーン寄りになってきちゃったんですよね。


でも依然!やっぱりオトナ女子の、これからの人生を変える気持ちで行く留学も、とっても素敵だと思います。

し、見ていて本当に私も励まされます。わくわくします。


オトナ女子はティーン女子と違って、いい意味でも悪い意味でも現実を知っています。

自分に限界を感じることもあり、ティーンに比べ焦ることも多いように見受けます。

でも。

それを越えたところで、花咲く力を持っている女性の多いこと!!!


みなさん、素敵な経験をされて、日本に戻ったり、またカナダでまだがんばっていたりもします。


というわけで、オトナ女子に向けての専用ページを作りました。


オトナ女子が選べる留学


ティーンと大人の大きな違いは、「留学の種類が全然ちがう!!大人の選択肢、多い!!」というところです。


正直、自分に合った留学はどの留学だろう?と迷う方もいると思います。

私は本当は専門留学が合っていたのに、まずそこを間違えました。


そこで、今回はページの中では2つのジャンルに分けています。(スマホブラウザでみたとき↓)


「海外で学ぶ」…語学留学、大学認定留学、現地大学進学

「海外で働く」…ワーキングホリデー、短期ボランティア、専門有給インターン


学ぶ、の方が英語就学の意味あいが強くどちらかというと大学生の方におすすめです。

働く、の方は、キャリアチェンジやワーホリなど、学生ではない大人の方向けなのかなと思っています。


その留学の目的は?行ける期間は?予算は?


上記の3つをクリアにしておくと良いと思います。

今回のページでは、それをもとに考えられるよう、「英語力の伸び」「予算」「(現地での)収入」「ビザの自由度」「期間の自由度」の5つのポイントを数値化して、それぞれの種類で円グラフにしてあります。



こんな感じで。


「英語力の伸び」はもちろん個々により大きな差がありますが、平均として考えて出してあります。

ワーホリは英語が上達しきらないまま、予算の関係で日本語環境がある場所で働き始め、帰国までアルバイトに集中してしまう方が多いため、一般に英語力の伸び(とくに語彙や文法など)は低めだと言われています。

でも、ワーホリでも長く学校に行った方や、働いていた場所が日本語環境ではないネイティブ環境のオフィスであった方などの英語力の伸びは大きいこともあります。


というわけで、独断と偏見の円グラフですが、あながち間違っていないとは思います!


間違った留学を選んでほしくない


大人の留学は、先にも言ったように、種類が多いだけあって間違えることもあります。

とくによく間違って使ってしまうのはワーホリ。


ワーホリは人生で一度しか使えないのですが、実は自由に1年間、働く経験を積むことができるとても貴重なビザです。

もし、この先ずっとカナダで過ごしたい=永住権を取りたい、と思うなら、ワーホリの使用の有無が死活問題です。永住権の申請では、1年相当分の時間、カナダで働いたことがあると、有利になるからです。


そうでなくても、大学を休学したり、仕事を辞めて長期で留学する場合は、大きな額のお金を使います。

せっかくお金を使うのに、結果、思っていた留学と違っていたり、思ったほど英語力が伸びなかったり、もっとたくさんの経験がしたかったのにビザの制限でできなかったり…

では、もったいないことこの上ない。


そういうために、私たちの案内が必要だと思っています。

私が間違えた人なので。切に伝えたい…!


まずは自分の留学になにを求めるのか、明確にしてもらうこと、そこから始めてくださいね!


というわけで、オトナ女子はぜひこちらのページ「オトナ女子に向けた6つの留学の提案」

をチェックしてみてくださいね(*´▽`*)


というわけで、だいぶ告知でした!!!

次は何をネタにしようかな~~~


ではまた次回(‘◇’)ゞ

大学を留年せずに留学したい!大学認定留学とは?


第3または第4土曜・日曜日、東京にて、毎月定期でおしゃべり留学相談会を開催します。個別制で行いますので、語学留学、高校留学、専門学校、大学、ワーホリなんでもOKです。完全予約制となりますので、コチラのリンクよりお申し込みをお待ちしています!

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!



こんにちは!

毎度、名古屋よりYukikoです~


昨日、カナダのナナイモ(松田龍平&翔太の妹さんが高校留学していたところ)にあるVIUことVancouver Island Universityから、Amiさんが営業にオフィスに来てくださいました!

Amiさんは愛知県出身の方らしく、なにかとちょうどよかったそうです(・∀・)



VIUさんだけでなく、春と秋ごろにはおなじみの学校さんが日本中のエージェントを営業回りするんですが、そうすると大体お土産をくれます。

カナダ人のゲストだと、大体メープル系をくれます。

日本人のしかも若い女性のゲストだと、ちょっとおしゃれなものをくれます。


今回はDAVIDs TEAというカナダの有名なおしゃれお茶屋さんのお茶!シナモンルイボスチャイ!おしゃれか!!!

VIUのリボンも巻かれててかわいい。ありがとうございます。おいしくいただきます(∩´∀`)∩


さて、今日はそんなVIUさんにも関係するお話。大学認定留学についてです!


大学を「休学=留年」せずに留学したい!


VIUのAmiさんもおっしゃっていましたが、最近は日本の大学を休学扱いにせず、出席扱いのまま留学できる、「単位認定留学」のお問い合わせが多いようです。

先日、私も名古屋の某大学に通われている大学生さんのカウンセリングを受けました。


その某大学では、「1セメスター(学期)または複数セメスター、カナダの大学に付属している大学内の語学学校での英語就学をすることで、日本の大学を欠席しても英語の単位を認定する」という条件となっていたそうで、大学付属ESL(語学学校)を探しているということでした。


通常、たとえば1年留学したい!となると、多くの場合で大学を休学して、たとえば大学2年生終了後の3月から留学し、翌年3月に戻ってくる場合、大学3年生は「出席・履修していなかった」扱いになりもちろん大学3年の最初からに戻ります。

卒業までに5年かかるわけです。

しかし!この認定留学システムが大学にあり、大学の条件に沿う留学の内容にまとめ上げられるなら、戻ってきたときに大学4年に進級して予定通り4年で卒業できるわけですね。

まぁ便利(∩´∀`)∩


私も大学生のとき、休学覚悟で留学したいと親に言ったのですが、休学よりも何よりも、休学の間の学費の問題(休学でも学費の半分を支払わないといけなかった)があり、断念しました。

卒業する年が遅れることはどうでもよかったらしいです。私も正直どうでもよかったです。


 

認定の条件あるある


この留学における単位認定のシステム、学校によりいろいろあるようです。


1.日本の在籍の大学が指定する「海外提携大学」にのみ認定留学可能。

→大学で定められた英語力や参加条件を満たすことが必要な場合が多い。費用は日本の大学の学費のみで良かったり、完全個人負担だったりまちまち。

2.海外の大学は指定はないが、カレッジではなくユニバーシティ(4年制総合大学)であること。またその大学において単位が出ること(つまり付属の語学学校はNG)

→語学学校NGなので、大学の本科に参加する英語力が相当必要(IELTS6.0~6.5/TOEFL iBT 80~88ほど)。費用は個人負担が多い。

3.海外の大学は指定はないが、カレッジではなくユニバーシティ(4年制総合大学)であること。その大学内のコースなら何でもOK。

→語学学校OKなので、英語力が問われない。費用は個人負担が多い。

4.海外の学校機関であり、学校機関であることの証明、在学中の成績、在籍/卒業証明が発行されればOK。

→学校に行くなら大学でも語学学校でも専門学校でもなんでもあり。

5.もし在学学年が3年生・4年生であり、授業がゼミしか残っていなかった場合、ゼミの先生の判断で単位をもらえる

→きわめて緩いものの、英語系の専攻でないといけなかったり、論文やレポート提出の義務はあるかも。

※よくある例の一部です。


1に近づくほど条件が高くなり、誰でもチャレンジできるものではなくなりますが、4や5のような大学もインターナショナルにオープンな大学であれば可能性はあります。


でもよく聞くのはやっぱり1~3ですね。

国公立だと1はとても良く聞きます。安く留学できて留年しないし、能力がある人はぜひ探してみてほしいですね。


3のパターン:本科コースで単位履修しないといけない場合に使えるプログラム


こちらが昨日Amiさんにご紹介いただいたプログラム!

VIUは、まだ専攻が決められない学生さんが、いろいろなコースを聴講する、EXPOというプログラムがあるそうで、それを利用したものになるそう。


ちなみにタイトルに「休学留学」と書いてありますが、これなら「認定留学」もいけるかも、と思います。

というのも、このプログラムの良いところは、大学内の付属の語学学校と、本科のコースを英語力に合わせて、オリジナルに組み合わせられるところです。

最終的には本科コースを履修して、単位を取って帰れますが、最初に入るのは語学学校コース。

UP4とかUP5というのが付属語学学校のレベルです。無理なく留学できるプランです。


ただし、一番難易度が低いプランにあるUP4に入るにも、IELTS5.5(TOEIC700前後)が必要なので、やっぱりこのプログラムも英語力はある程度必要です。


ちなみに学費は語学学校のうちは1セメスター(13週、およそ3ヶ月)で45万円弱。

学部聴講は70万円ほど。

そのほか、テキスト代などもかかります。


しかし取れる本科コース、おもしろそうなのが多いですね。役に立ちそう。


認定留学を目指すなら、まずは大学に相談!!


プログラムどうこうよりも、まずは自分の大学に、どんな留学が可能なのか相談してみることからすべて始まります!

どの学校に行ったらいいのか?認定留学できるのかできないのか?

こればかりは三者三葉なので、ぜひ大学の国際教育部門で聞いてみてくださいね。


また、大学で留学したい!と願っている高校生のみなさんも、こういう条件が有利な大学選びをする、というのも大きな着眼点です。

大学はどこへ行っても同じ(同じ偏差値界隈なら)、と日本ではよく言いますが…ならば、こういうところでの違いを見てみるのもいいかなと思います。


私はとてつもなく後悔しましたね!

調べておけばよかったと!!


大学で条件を聞いたら、次にナデシコに


条件を合わせて相談してください。

希望のプログラムや、帰国時の理想などを聞いて、おすすめの学校をご提案します(・∀・)


ちなみに、認定留学の話ばかりしていますが、もし休学留学するなら、留学先は自由。ビザも自由。期間も自由です。もちろん費用は個人負担。

ナデシコはやはりビジネスやツーリズム、航空系の専門学校の需要が高いので、休学留学の大学生さんの方が多かったです。

休学留学にするとインターンのプログラムも豊富なので、海外での実務経験がかなり身に付きます。

認定留学だと、学ぶことはあるものの、どうしても座学中心でアカデミックになっちゃうのはもったいないですね。


休学留学して1年遅れるくらい、今どきはなんのデメリットにもならないです。その1年で戦闘力を高くしたほうが、ずっと就職には有利です。


と、こんな感じが認定留学/ちょっと休学留学です。


なんともエージェントっぽい内容で我ながらうれしくなります(*´▽`*)

今日は役立つ記事が書けたぞ!!!

わーいわーい(/>ω<)/


ではまた次回~!

月イチ東京支店オープン!ナデシコ留学の無料定期相談会


第3または第4土曜・日曜日、東京にて、毎月定期でおしゃべり留学相談会を開催します。個別制で行いますので、語学留学、高校留学、専門学校、大学、ワーホリなんでもOKです。完全予約制となりますので、コチラのリンクよりお申し込みをお待ちしています!

お問い合わせの際は、必ずPCからのメールが受け取れるメールアドレスでのご登録をお願いいたします!


こんにちは!

春の匂いがプンプンする名古屋からYukikoです!


もう春ですね~春~最近雨が多いのも春っぽい~

卒業シーズンになると、無性にしっとりした曲が聴きたくなりますよね、なぜでしょうね。

私のアマゾンMusicの履歴はしっとり祭りです。


さて!今日は告知の記事です(∩´∀`)∩

最近、告知とかどうでもいい記事が異様に多いですよね!私もうすうす気づいています!!

なんかネタないかな~こういう記事読みたい!とか、あったら誰か教えて下さい。もれなく私たちにとっての神になれます。


東京支店、月イチOPENのお知らせ


もうそのままですが。

2019年は新しいことをしよう!ということで、月に1回、必ず東京に出向いて、相談会やすでにご利用中のお客様にお会いする時間を作ることにしました。

正直、これまでの感じだと、2~3か月に1回、東京へは出向くだけでも事足りていた気はするんです。

でも、「あ、毎月1回は会えるチャンスがあるんだ」と思ってもらえることで、ちょっとでも安心してもらえるかな、とか、「ちょうど会って聞きたかった!」というタイミングにも出会えるかな、と思って、カナダの代表と決めました!



サムネイルも、久々にイラレを開いて作成してみました。


東京支店(月イチ)の詳細


毎月、第3または第4の土日、11時~18時の間で定期開催しようと思っています!

時間指定は後述の予約リンクから可能です!


ちなみに2019年3月は第4の土日ですが、本当は第3も行きます。

4月は第3の土日。


今後、第3で固定しようとは思っていますが、いろいろ月により事情も変わりそう(学生さんのテスト週間に当たりそう、など)なので、適宜、専用ページでアップしています。


場所は、池袋または渋谷の貸し会議室で、どちらもJRの各駅から徒歩5分程度の場所です。


どうやって申し込めばいい?


お申し込みはこちらのリンク、またはLINE@から!


リンクはこちら【東京定期相談会に参加予約する】


LINE@のQRコードはこちらからお気軽に登録、メッセージください!

(ちなみにこのLINEは予約だけではなくてふつうにここから留学相談も可能ですよ~)



注意点は??


もちろん無料で、初めてのかたもすでにお申し込み後の方、学生さんが現地にいて心配事がある親御様のご参加も大歓迎です!!


ただし、予約制なのでお気をつけてください!


会場を押さえる関係で。。アクセスが良くて落ち着いてお話ができるところ、なかなかないんですよね(・∀・)

あとはせっかく会えても資料を十分に用意できないこともあるので、予約があったほうが充実した時間となります!


でも、当日予約も空いていればお受けできます。その場合もメールかLINEで、お願いします<(_ _)>


東京でみなさんにお会いできることを楽しみにしています!!

ご質問などもお気軽に!ではさくっと告知でした~☆