英語上達に大事なことって何?〜芸人出川から学ぶこと〜

degawa04

こんにちは〜。バンクーバーからAkimiです!

今年の夏が短かった代わりに秋はいい天気が続き去年より長いです。

でも、これから雨の時期になると思うと憂鬱ですorz ←こんなの使ってる人はもういない!?

負のスパイラル


高校が開始してからもう二ヶ月が経とうとしています。

みんな元気なんだけど、英語の上達が感じられずに落ち込んだり、焦ったりしているようです。

はっきり言いますが、語学はそんな短期間で飛躍的に伸びることはないです。

もちろん少しずつ英語力は伸びますが、実感できるようになるのは一般的にだいたい半年くらい経った頃からです。

しかし、上達スピードは人により異なるので、とにかく人と比べないこと。


あの人英語上手だな → 自分は全然上達しないな → 気分が落ちる → やる気がなくなる → 家にこもる → 誰とも会話しない → 英語が上達しない


と、負のスパイラルにはまってしまいます。


前向きに考えよう


そうではなくて、前向きに考えましょう。


新しい単語を覚えた!

エッセイで文章を長く書けるようになった!

ホストファミリーとの会話が続くようになった!

前は通じなかった発音が通じるようになった!

知らない人に話しかけられた!

スムーズに注文できるようになった!


などなどなんでもいいんです。


小さいことでもいいので、前向きに考えて、成功体験を増やしましょう!!

こういった快感は脳内でドーパミンが分泌され、気持ち良さと同時に「意欲」をもらたします。

この意欲が湧くのもドーパミンの分泌による感情です。


とにかくポジティブに考え、継続することが大事です!!


挑戦し続ける姿勢が大事!!


そこで、今回はみんなも前向きになるテレビ番組を紹介したいと思います!


それは、テレビのバラエティ番組、世界の果てまでイッテQの大人気シリーズ、”出川のはじめてのおつかい”です。

こちらはシリーズ化していて、色んな国で行っているのですが、一年くらい前にバンクーバーでも行っていました。


簡単に説明すると英語圏で日本人の手を借りずに出川がミッションを遂行します。

バンクーバーで最初に出たミッションは、有名な蒸気時計に行くというミッションでした。

この蒸気時計、英語では”Steam Clock”と言います。

しかし、その単語が出ない出川は、「ポッポオクロック」と表現します。


degawa01

おそらく鳩時計から来ているのだと思いますが、複数の人に聞いて最終的に”Steam Clock”を聞いた人から引き出しました。


degawa02


degawa03


私はこの回を観て、バンクーバーの人って本当に優しいなと改めて思いました。

出川の話している英会話は本当に面白くて、謎解きのようで爆笑してしまいますが、彼のハートの強さに感心してしまいます。


完璧な英語でなくてもなんとか通じています。

出川の素晴らしいところは、英単語を知らなくても別の方法で説明したり、置き換えたり、連想できるようなことを言ってみたり、なんとか伝えようとしているところ。想像力も本当に豊かですよね。

そして、間違いを恐れないところ。


とにかく伝わるまで挑戦し続ける姿勢。

一回で聞き取れなければ、何度も聞く。


正しい英語を話していなくても会話が成立しているのです。

バンクーバー編以外にもたくさんあるので、観たことがない人はYouTubeなどで検索して観てみてくださいね。


もちろん番組ですし、出川は芸人なので、ミッションを遂行したり、笑いを誘っているのもありますが、

彼はきっとプライベートでも同じだと思います。


はじめの一歩を踏み出そう!!


始めは何事をするにも勇気がいりますが、留学期間は限られています。

限られた時間で何ができるか、どうしたら英語が上達するか、もう答えは出ていると思います。


行動するのみです!!

誰しもはじめの一歩は怖いですが、その一歩を踏み出さなければ何も始まりません。


クラスで日本人以外の隣に座ってみる。

カナダ人クラスメイトに”Hi”と言ってみる。

言っていることがわからなかったら流さずに”Pardon?”と言ってみる。

買い物中のレジでお会計をする時に自分から”How are you?”と聞いてみる。

ボランティアを始めてみる。


なんでもいいので、一歩を踏み出してください。

そして、それを継続してください。

必ず結果としてついてきます。


ある生徒さんが「いきなり”Hi”って言ったら迷惑に思われるし、変な人に思われませんか?」と言っていました。

そんなことありません!!

日本人は空気が読めるのがいいところではありますが、時にそれが妨げになってしまいます。

カナダで空気を読むのは15%くらいでいいです笑。


とにかく皆さんもはじめの一歩を踏み出してくださいね!


と今日は珍しくいっちょまえなことを書いてみましたヾ(・ω・o)


カナダのスタバはこんなにも充実している!!〜プログラム内容編〜

starbucks001

みなさん、こんにちは〜!

バンクーバーからAkimiです( ´ ▽ ` )


サンクスギビングも終わり、もうすぐハロウィンですね〜。

こちらの仮装は顔に血糊をつけたり、家の飾り付けをホーンテッドハウスのようにしたりとかなり本格的です。


さてさて、Yukikoが以前、「カナダのスタバと日本のスタバはこうも違う」について記事を書きましたが、あれから数年経ち、スタバのプログラムも大幅にアップデートされたので、


スタバについて記事を書こう!と思った次第ですᕦ(ò_óˇ)ᕤ ←はりきってるけど、誰も求めてない!?


カナダのスタバと日本のスタバはこうも違う


カナダのスタバと日本のスタバはこうも違う2


カナダのスタバは、会員登録することで日本のスタバ会員と比べて、お得な特典がいっっっっっぱい!!

カナダのコーヒー文化は日本以上なので、特典内容もそこから来ているのではないかと思いますね〜。


本日は、その特典を一挙大公開!!

スタバの回し者ではないですよw


Starbucksrewards


購入金額に応じてスター(ポイント)を貯められる


$1 に付き、2スター獲得!


因みに一年前半くらい前は、購入金額に関わらず、一回の購入で1スターが貯まるプログラムでした。


125スターで無料特典がもらえる


125スターが貯まり次第、好きなドリンク、または、食べ物一つを無料で注文できます。


この最大の魅力は、料金に関係なく、一品無料で注文ができるのです。

つまり、おそらく最安値のコーヒー、トールサイズ$1.85を注文しても$15くらいの食べ物を注文しても無料です。

ガメツイ私は(笑)こういう時に高い商品を注文します( ̄∇ ̄) ←なぜにドヤ顔…。


因みにトールサイズは、350 mlで、カナダではトールサイズからしかメニューにありません。

ショートも言えば、店舗によっては注文できますが。


単純に計算すると$62.50分購入すると、125スターが貯まります。


誕生日には一品無料で注文できる


こちらは125スター特典と同じように誕生日当日のみ有効で上限なしに好きな物を一品無料で注文できます。


以前は、前後一日あったので当日でなくてもよかったんですが、当日のみとなってしまいました。

私は残念ながら今年の誕生日当日はこの特典をすっかり忘れてしまい、逃してしまいました。。


一回の滞在中にコーヒー、または紅茶のおかわりが自由


通常のコーヒーと紅茶に限りますが、滞在中は何度でもおかわりが自由なんです。

つまり、滞在中に一回コーヒー・紅茶を購入し、その後、おしゃべり・読書・仕事・勉強などで長時間滞在する場合、おかわりを何度でもできます。


日本で長居したら周りに白い目で見られそうですが…、カナダはカフェ文化が浸透していて、カフェで勉強や仕事を長時間する人がたくさんいます!


高校生、大学生も日本の学生に比べ、日頃からたくさん勉強しなければならないのも理由ですね。

スタバを出る時に再度おかわりをして、並々のコーヒー・紅茶を持って帰宅〜なんてこともできちゃいます( ^-^)_旦””


カフェもそこら中にあり、日本で言うセブ◯とローソ◯が隣合わせのようにたくさんのカフェが競合しています。

ちなみに日本のコンビニは、全国に約55,000店舗あるそうです。

カナダのカフェがカナダ全土に何店舗あるかはわからなかったのですが、面白いデータがありました。


2015年には世界でのコーヒー消費量ナンバー3!!

1位はオランダ、2位はフィンランドです。


2017年のデータでは、62億ドルの市場があり、カフェでは16万以上の求人が発生しているそうです。

ワーホリの学生さんにとっては、それだけカフェで働くチャンスもありますね。


本日はスタバプログラムの基本内容をご紹介しました〜。

留学しているとアンチスタバでない限り行く機会が多いと思うので、せっかくならメンバーシップになった方が何かとお得ですね!!


メンバーシップにはどうやってなるか?


それはとても簡単です。


スタバのウェブサイトやアプリから個人情報などを登録して会員になります。

その時にスタバのギフトカードを登録するかデジタルカードを注文します。

ギフトカードは店頭に売っているのでそれを事前に購入する必要がありますね。


このギフトカードはお誕生日やありがとうを伝えるシーン別用、季節限定、カナダ限定などたくさん売っています。


starbucksgiftcard


はい、これで完了です。


以前、ナデシコの子がスタバのドリンクを持ってオフィスに来ていたので、それを教えるとすぐに会員になり利用していました。

やっぱり私スタバの回し者!?笑


次はお得なプログラム利用方法をシリーズ化してご紹介したいと思います。

きっと。。頑張ります笑。


スタバのPSLから始まる北米の秋


ストライキ、大迷惑!!

こんにちは!

最近は結構爽やかな名古屋からYukikoが今日もお届けです。


今日はちょっと役に立つかもしれない記事。

カナダのストライキについてです。


というのも、先日こんな記事を目にしました。


カナダの郵便局「カナダポスト」がストライキするかも。知っておきたいこと5つ

http://lifevancouver.jp/2018/09/news/145665.html


ちょうど高校留学で学生さんに日本からPCを送ろうとされていた親御さんがいらっしゃったので、すぐに要注意!とメールしました。

今は議論を続ける、という状態が続いていて、ストライキはとりあえず現時点(2018年10月10日現在)で回避できているようです。


それにしても、カナダではストライキがなにかと起こります。


日本も高度経済成長期だったころ、どんどん物価が上がって労働者のお給料がついていかなかった時代には、結構ストライキが起こったんですよね。

でも近年はデフレが続き、物価はそんなに上がらないのでストライキも起きない(というか起こしにくい)ようです。


カナダは場所によっては地価もぐんぐん上がっているし、そういう理由もあるのかもですが、カナダポストは男女差や地域差の問題のようで、理由は様々です。言いたいことは言わせてもらう、という国民性もあるのかなと思ったりします。性差別は日本よりも厳しいですしね。


ちなみに、これまでカナダで起きた迷惑かつ驚きのストライキ、気になりませんか?

特に留学生が迷惑した最近のものを挙げてみました。


2014年 BC州公立学校の先生のストライキ

…バンクーバーのあるBC州の公立の小学校~高校の先生たちが学校に来なくなりました。この件で、高校留学をしていて、受験のために成績が早くほしかった学生たちは大変困りました。


2013年 カナダ国内のCIC(移民局)のスタッフのストライキ

…ビザに関わる審査官たちがストライキに入り、審査がおいつかず、普段審査をしないスタッフも駆り出されたようで審査のミスも多発。ビザが下りるのにもいつも以上に時間がかかる、出たと思ったらミスがある、など留学生泣かせのストライキでした。

ちなみに日本から申請する場合はカナダ国内ではなくフィリピンにある査証部で審査がなされるので、問題は少なかったようです。現地申請が大変でした。


2011年 バンクーバーアイランド大学(VIU)の教授たちのストライキ

…大学休講だらけ。高い学費払っている留学生は授業が受けられませんでした。


2001年 バンクーバーエリアの公共交通機関を運営するTranslinkの子会社で、中でもバスを運営するCoast Mountain Bus Companyのストライキ

…4月1日~8月1日まで123日に及ぶストライキで、バス路線や本数は少なくなり通勤や通学が相当大変だったと聞きました。


などなど。


カナダポストは2011年にもカナダ全土でストライキをしていて、ストライキで多いのはエアライン。とくにエアカナダはしょっちゅうストライキして飛行機を遅延させたりしています。。

これらも留学生には大迷惑です(・∀・)


そして地味に迷惑だったのか、現地の代表に聞いて一番に挙げてきたのが、2013年から2014年にかけての家具屋さん、IKEAのストライキ

なんと17か月もの間、バンクーバーのIKEAをクローズしていて、営業がまったくできてなかったのです。


私もこの期間はカナダにいたのですが、ちょうど17か月を経てオープンする!というタイミングにIKEAに行きました。普通のIKEAでしたが、現地の方にとっては地味に迷惑だったのでしょう。

ちなみにCICのストライキのときもカナダにいて現地申請などがあったのですが、私は幸い影響は受けませんでした。学校から「ストライキだから早め早めに申請しておけ!」と言われて、早めにしたのも良かったのかも。


カナダは日本よりも大胆かつ、混乱と迷惑をあまり顧みないストライキが勃発します。

経済のこととかおかまいなし。

でもだからこそ意味のあるストライキであり、主張ということになるんでしょうね。


カナダ人はゆるいので、ストライキでたとえば授業に遅れたり、約束が果たせなかったり、何か都合が悪いことがあったら、大体許してくれます。

でも日本人は許さないので、例えば一番上の成績が出なくて日本の大学受験の書類が間に合わなかった、というのは大変なことです。(まぁそれなりの配慮がなされたとは思いますが…)


ストライキは起きるときは起きてしまうので、その情報をいかに早くつかみ、自分への影響を考え対策が取れるかがポイントです!

現地にいる学生さんは、ニュースはつまらないからYoutube見る、という気持ちも分かりますが、ちょっと世間のことにアンテナを張ってみるのも自己防衛手段として有効です。


平和に過ごせるのが一番ですが、こんなお国の違いも知っておくとよいかなと思います(∩´∀`)∩


今日はまぁまぁ役立ったかしら。

ではまた次回~(*’ω’*)


ナデシコ学生の帰国生枠の大学受験、うれしい報告

おはこんばんちは、Yukikoです。

↑この挨拶が分かる人ってもう地球上にそんなにいないのかな。

出だしですべることができる魔法の言葉ですね。


さて、今日は、前回のAkimiの現地高校生レポートに続き、またまたナデシコのことについて!


今回は現地学生ではなく、6月に卒業高校留学を終え、日本に帰国した高3生の帰国後の活躍のうれしい報告です(*´▽`*)

ナデシコの学生たちはこうしてLINEをしてきてくれる!どんな近況報告でも、それだけで心が躍りますね。


先日もらったLINEはBC州のとある高校に通っていたKちゃん。

Kちゃんは高1でアルバータ州の高校に通い、想像とちょっと違う生活…そこで変化を求め、ナデシコの扉をたたいて、改めてBC州留学に高2からチャレンジしました。そしてそのままこの6月にめでたく卒業したのです。

でもBC州に来てからも、アルバータ州でのホストに会いに行ったりしていました。とっても前向きで活動的な学生さん。


サポートらしいサポートが必要だったのは大学受験時の書類集めのときくらいで、在学中はサポートというほどのものが必要だった記憶がありません。

成績を親御様に送っていたくらいで。。でも時々LINEしては近況を教えてくれて、いつも私たちと仲良くしてくれました。


そんなKちゃん。

続きを読む