【中高生向け】冬休み&春休みのティーン短期留学プログラム

名古屋から南です^^


こちら名古屋は、随分と肌寒くなって来ました。


さて、ちょっと先になりますが、冬休み、春休みの予定はもうお決まりですか?


冬と春は夏休みのように長くないお休みですが、短期の留学は可能な長さは充分あります!


私も初めて留学に行ったときは、2週間の短期留学でしたが、自分でもびっくりするほど英語力が付きました。


今回のブログは、中高生の学生が出来る留学に着目してみました~!


ティーンみなさん、冬休みと春休みを上手く利用して英語力に磨きをかけましょう☆


とは言え、バンクーバーの語学学校の多くはサマープログラムとして夏季限定でティーンを受け入れています。


そうなんです。。


通年で受け入れている学校は数が少ないんです。。涙


という事で今回のブログは、通年でティーンを受け入れている貴重な語学学校2校と、ウィンターキャンプとしてティーンを受け入れている学校一校をご紹介します。


Global College


グローバルカレッジは,バンクーバーダウンタウンの中心部に位置し、交通の便も良く、安全でおしゃれな町並みの一画にあります。


アットホームな語学学校です。


通年でジュニアの受け入れをしています☆


通常のコースでティーンが受講するのはEnglish for Young Learners(イングリッシュフォアヤングラーナーズ)というコース。


クラスは、最大で8人までという少人数制。


年齢とレベルを考慮してクラス分けがされるので、安心です。


授業は北米スタイルの授業で、理科、社会、数学や読書など様々な方面から英語を学習することが出来ます。


授業は、9時から15時まで。


1週間から受講可能で、学費は1週$340、4週$1360、8週$3840。(カナダドル)


※学費の他に別途、入学金、教材費、ホームステイ費用、航空券、空港出迎え料、保険(任意)とお小遣いが必要です。


12月、1月はウィンターファミリーイングリッシュプログラムが、5歳~13歳を対象に開講されています。(アクティビティーを含むので、お値段はちょっとお高めの1週につき$650です。)


ILSC


サマープログラムについてのブログにもご紹介させて頂いたILSCです。


こちらの学校は規模が大きく、沢山の留学生の中で学習することができます。


ジュニアの受け入れがあるのは、ESLハイスクールブリッジプログラムというコースです。


こちらは、13歳~17歳対象。


パートタイム、フルタイムのコースとインテンシブコース(フルタイムより授業が多い)から選択することが出来ます。


(パートタイムは午前中のみの授業ですので、おすすめしませんが選択することは可能です。)

16,17歳の方は、一般のESLコース(16歳以上のクラス)を選択することも可能で、選択科目も自由に選択が出来る様になっています。


クラスは最大で15人。


スピーキング、リスニングはディスカッションを通してスキルアップを目指します。


リーディング、文法、語彙、エッセイを通してアカデミックな英語に触れることが出来るので、現地の高校に通う予定がある方は、スムーズに学校生活が送れる準備に繋げることが出来ます。


フルタイムコースは9時から14時30分までの授業で、1週$345、4週$1380、8週$2990です。


インテンシブコースは9時から16時までで、1週$405、4週$1620、8週$3240です。(カナダドル)


※学費の他に別途、入学金、教材費、ホームステイ費用、航空券、空港出迎え料、保険(任意)とお小遣いが必要です。


ELS Language Centers


ELSでは、冬季限定のウィンターユースキャンプで英語を学ぶジュニア向けのプログラムを行っています。


カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーで開催されるELSウィンターユースキャンプは、カナダの文化に触れながら英語を学び、世界中から集った友達と楽しく交流するプログラムです。


英語の学習は、 構文練習、カナダの文化、リーディング、スピーキングを主に行っています。


あらゆるレベルに対応した英語のレッスンは、週に25時間。


クラスは最大で15人。


9時から3時半までの授業です。


対象は13~17歳。


オプションで、午後、夜間、週末にはホッケー観戦、スノーボード、アイススケート、ショッピングなどが楽しめます。


週末は引率者付きで安心のヴィクトリア、ウィスラー、シアトルへの小旅行などもあります。


プログラム開始日:2018年1月2日、15日、22日、29日


こちらは2週間からの申し込みが可能です。


費用:1週につき$560。(アクティビティー費も含まれるため、ちょっとお値段はお高めです。)


ちなみに15歳以上になると、受け入れている語学学校は沢山あるので、好みの学校を選ぶ事もできますよ。


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です