カナダはバンクーバーへやって参りました


こんにちは、なんと。 なんと!なんと!!

今日はやっとこのフレーズからの脱却、

カナダから

Yukikoです。 これこれ、この「カナダから」っていうのを入れたかったんです。 というか現地スタッフに書いてもらいたいんですけど忙しそうでそれどころじゃなさそうなので、今のうちは自作自演です。

でも本当にカナダにいます。 時差ボケとがんばって戦っています。 現地スタッフと仕事の話をしていながら、ふざけてもいるという…。

やはりスタッフがたくさんいるというのはいいですね! とても楽しくやっています。

とくにコレといったネタがあって書こうと思ったわけではないので… どうしよう

(´・ω・`)

今日は日曜日でございます。 なので、昨日のスローなバンクーバーの休日の過ごし方でも 書こうかな!! 本当は先日に回った学校の話を書くべきなんだろうけど!!

まず時差ボケのため、やけに早い起床です。6時とか。 でも陽が昇るのが早いので、もう6時でも明るいです。

image

カナダで今大ブームのモーニングトップバリューうどんです。 嘘です。

簡単に作れるので持ってきただけです。

宿泊はお言葉に甘えて友人(姉妹)のところでさせてもらっているのですが、この姉妹、つい先日イエールタウンというダウンタウンの高級住宅地にコンドミニアムを購入しました。 なので、真新しいきれーな宿泊施設です。オフィスや駅へのアクセスも素晴らしいです。

美しいキッチンにトップバリューブランドが生えていますね! ホストの姉妹たちに作ってあげようと思ったうどんをいきなり自分の朝食にしてしまうという。

そしてダラダラと過ごしているのもなんだし、と姉妹と素敵カフェが近所にあるというのでお出かけしました!

image image

イエールタウンにある「small victory」といういかしたカフェです。 なんとケーキもラテもまな板に乗ってオシャレに登場します。

姉妹に「このカフェ、まな板何枚くらい持ってるんだろうね」とくだらない話をふっかけてしまいます。

image この水汲み場(?)もオシャレすぎて引きました。 女子度の高さ。

イエールタウンはもともと高級住宅地なので、カナディアンが多い場所です。 このカフェしかり、なんだかしゅっとしていてスタイリッシュで少し値段の高い店がたくさん並んでいて、留学生はあまり見かけません。

でも運が良ければこのあたりでもシェアアパートやコンドミニアムは見つけることが出来ますよ。 私も前に住んでいたのはこのイエールタウンのコンドでした。 シェアで月$650~$800くらいが相場でしょうか。 ちょっとハイクラスかもしれません。

そしてやはり自炊も少しはしないといけないので、Grocery shopping(日用品や食料の買い物)に行きました。

H-martという韓国系のスーパーへ。 image

米!! やはり米がなくては始まりません。 でもコスパと持てる量を考えるといつも7キロくらいを買うことになるので、女子はこの瞬間だけボーイフレンドが欲しくなるでしょう。

image 先日私が文句をたれまくった記事を書いた「北米のシャンプーはどうかしている」件、このように日本のシャンプーも売っています。 でも値段を見てください。 TSUBAKIは安売りされていますが、1本千円ほどです。 高級品!! スーパーマイルドという日本ではいささかマイナーなシャンプーのラインナップにも出会えます。

image

そしてカナディアンなものを購入するならここです。 Nesters Market! そこまで有名なスーパーというわけではありませんが、私はその地味さが好きです。

ここでは野菜を買いました。 H-martが揃えているのは極めてアジアンな野菜なので、少し品揃えと価格帯が違うのです。

image

この野菜たちで5日分のサラダが作れます。 サイズ感をきゅうりに合わせるのではなく、トマトに合わせてくださいね。 こちらのきゅうりは驚くほど太くて長いのです。

日本にはないサラダほうれん草は女子におすすめです。 鉄分を気軽に取れて、本当に癖のない味ですよ~スピナッチサラダはこちらでもポピュラーなサラダです。 洗わずにすぐに皿に盛れるようになっています。 ちなみににんじんは生で食べます。

そして帰宅…さっきケーキを食べたかと思えば、次はディナー!! 次々とおいしいものが現れて、お財布の中身がびっくりするくらい減りました!!

image

近場のイエールタウンの姉妹おすすめのパブレストラン「The Disterilly Bar」でいただきました。

なすとスパイシートマトのパスタ$16です。 高い!と思ったあなた、こちらのレストランでの外食のお値段はこれくらいです(´・ω・`) でもそれなりに出せば、それなりのものが食べられます。やはりおいしいです。 ケチるとケチった味を楽しむことになるのが、北米の分かりやすいところだと思います。

これにドリンク、チップや税を合わせると、大体1回$30~40の出費になります。 おそろしいですね!! 日本がチップなしで、牛丼300円をテーブルまで運んでくれることのありがたみが身に沁みますよ。

後ろにいる妹に「昨日行ったレストラン、何て名前だっけ?」と聞くと「分かんない、調べてあげる」といって調べてくれました。 なんて親切。

そんなこんなで1日が終わります。 あまり移動こそしていませんが、ゆったりおいしい一日でした!

今日もスローでしたよ。 image

ベトナミーズに行きました。 ワンタンフォーのような何かを食べました。 実は昨日飲みすぎたので、こういう優しいものが食べたくなるのです。。

そして夜は姉のほうが帰宅したら韓国料理屋さんに行く予定です! テンジャンチゲを食べたいのです。

今日はほとんど食レポになってしましましたが、これがバンクーバーの魅力の一つです。 ローカルな食べ物を味わうこともできれば、いろいろな種類のアジア食にもすぐに手が届くという、すばらしく生活しやすい環境になっています。 もちろんアジア人に対しての差別もほとんどと言っていいほどなく、コミュニティに入ろうという意思さえ見せれば受け入れてくれる場所です。

しかし食事って大事ですものね。 日本食も実は結構恋しいですが、でも「もうイヤー!!!」とはなったりしません。

「あーまだあれも食べたい、これも試したい」といった感じが3年は持続できると思います。

明日からまた一週間が始まります! 明日は現地スタッフと公立高校を見学して回ります。 疲れ果てず、またコンスタントにレポートを書けたらいいなと思います!

疲れたらおそらく帰国後です!!!

それではみんなさまもよい1週間を~\(^o^)/

 

【夏休みの留学はお早目にご検討を!航空券、どんどんなくなります。。】

夏休みを利用したティーンのための特別プログラムを私の卒業校であるVGC Language Schoolとコラボしました!

世界中のティーンと一緒に午前は勉強、午後は楽しいアクティビティで英会話が自然に生まれる理想的な環境です(*^_^*)

ご興味のあるかたは覗いてみてください~

サマーティーンプログラム

 

 

ポチリおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です