海外「留学」をすることと「住む」こと

こんにちは(*´▽`*)

すっかり日本から、ちょっと時差ぼけているYukikoです。


最近ちょっとだけ暖かくないですか?

バンクーバーエリアでは週末にまたもや!?雪の予報の話もありましたが。。


毎年春が来るのは日本の方が早いんですよ。すでに待ち遠しい。

バンクーバーは5月くらいからやっと春っぽくなります。


さて、告知です!!


3月19日(日)新宿にて留学相談会を開催!

上記日程にて、バンクーバーから語学学校Global Collegeのカウンセラーさんを招き、留学相談会を開催します。親子留学、カレッジ進学留学、一般語学留学やワーホリがメインです。詳しくはこちらのページからご確認、ご予約くださいね!



今日はちょっとTwitterを眺めてみて思ったつれづれごとです。


留学したい方のTwitter(フォロー絶賛歓迎中)を見ていると、こんなツイートが。


「留学したい、っていうか住みたい。」


ほうほう。これは奥が深い…。と私は思いました。


留学と住むことって、似てるようでちょっと違うんですよね。留学するには住む必要があるのですが、留学っていつも常に「暫時」的なことなんです。

なので、たとえば家具を買ったりはしません。長期的にその場所でのことを考えません。基本的にはビザが出ている期間だけ生き延びれれば大丈夫。なのでニュースも国政も気にならない。

留学は「住む体験」に近いような気がします。

かく言う私も2年バンクーバーにいましたが、これを「住んでいた」と表現することはあまりありません。留学していた、とか滞在していた、とか言います。2年でも、なんとなく住むというには短いような。将来ここにあらず、的な気持ちで過ごしていました。

心の中では第二の故郷なのですが、なんだか「住んでいた」というのはちょっと違うような気がします。

何よりニュースを気にしていませんでした!


と、上記のような定義はわりとどうでもいいのですが、留学と住むこと、決定的な違いがあります。

それは人間関係です。


留学の人間関係は暫時的なんですよね。本当に。とくにバンクーバーやトロントのような留学生の多い土地では、学生の出入りは行ったり来たり。

他国の学生さんも、やっと友達になったと思ったら帰国してしまい、そうこうしていたらまた新しく来た人と友達になる。。


これを何度も繰り返します。


でも「住む」人たちの人間関係はちょっと違って、基本的には留学生と友達になるよりも永住権を持っている人やネイティブと人間関係を作っていくんです。あえて選んでいる、というよりは、自然にそうなるんだと思います。話題も目指すところも違いますからね。

これは決定的な違いだと思いました。


私はカナダにいたときに、いつも4人の留学生の女の子(台湾と韓国、各2人)と一緒でした。

今でもカナダに行くと会ってあのときのようにわいわいする仲なのですが、彼女たちは全員、永住権の取得を目指していたんです。


そして、現在4人中2人が永住権を取得し、1人が申請中(もうほぼ取れるくらい)、1人はまだ学生。

2人のうち一人は、5年の「留学」期間を経て、先週やっと永住権が下りました。


いつもビザについての話をしていて、実際にプロセスに入った友達は泣いたり笑ったり怒ったり、ずいぶんとビザ(カナダ移民局)に翻弄されていました。

でも、私はそれを「へ~大変ですな~」と見物するだけで、ちょっと浮いていたと今では思います。


そして彼女たちの口癖は「ここでは一生の友達を見つけるのがすごく難しい」ということ。

留学生は接しやすく友達になりやすいものの、すぐに帰ってしまうから、せっかく仲良しを見つけても悲しい結末になるんですよねー。


もちろん彼女たちは今ではネイティブのお友達や同僚、そして恋人と新しい人間関係に進んでいるようですが、やはり「最終的にどこに安住するのか」によって人間関係は大きく左右されるように思います。


どちらの方が良い、ということではなく、自然とそうなるようです、ということ(・∀・)

どうしても語学学校へ行く語学留学やワーホリは、留学生ばかりのグループになりがちで、一歩進むことはできません。上記のような理由もあり、学外で友達を作ろうとしても、そのような見えない線が引かれているところもあります。


高校留学と大学留学について前回書きましたが、この留学のいいところはここにあると思います。


ネイティブなど「カナダに根を据えている」グループと壁をあまり感じずに付き合えることです。チャンスも豊富!

多くの留学生がネイティブとお友達になるのは難しい…と悩んでいますが、チャンスがあるということがすでに素晴らしいこと。


もちろん、留学生でもネイティブでも、そして同じ日本人でも、留学中に出会う人たちは等しく素晴らしいご縁です。ただどうしても、留学生同士だと英語に甘えが出てしまいます。同じ留学生だから、ちょっと間違っていても汲んでくれるからです。

ネイティブとのコミュニケーションはタフですからね!!通じなければ通じない(笑)


そういった違いを感じたい、タフに修行したい、と思われる方は、高校留学や大学留学など、ネイティブとお付き合いできるチャンスがたくさんあるタイプの留学がおすすめです(*´Д`)


そしてネイティブとの付き合いが中心になる学生さんは、自然と「留学」から「住む」ことを考え始めます。

私は「留学」と「住む」というのは同じカテゴリの種類の違いではなく、ステージの違いだと思います。

もちろん日本に帰国するという別のステージが、「住む」のステージと並列にあるんですが。


「留学」は何もかものスタートだと思います。


でもそれを経て、永住権までたどり着いている友人たちを心から誇りに思い、祝福しています。本当に大変ですからね…。

みんな本当にすごい!!!


そしてそういうグループにいたので「Yukikoも永住権取りなよ!これからもずっと一緒にいよう!」と言われたのに「みんながビザのことで泣いたり怒ったりしてるの見てると、しんどそうだしな~私はいいや~アハハ」と怠慢を理由に日本に帰った私をちょっと恥ずかしく思います(笑)。


そして「住む」ことを最初から目指している人は、その前の留学の仕方からしっかり考えなければいけませんよ!やみくもに好きなことをしていると後から後悔するか、何かとお金がかかります。。

とくにワーホリの使い方は大事です!!


と、本当につれづれたブログになってしまいましたが、先日永住権がやっと取れた友人に思いも馳せながらの記念的記事でした!


それではまた次回~(*´▽`*)


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です