平野 瑞穂さん

  • どこで、どのような職業に就いていますか?後、その職に至った経緯など教えてください。

    バンクーバーのダウンタウンにて、建設業(施工管理)の仕事に就いています。英語で言うと、Construction Project Managementです。簡単に言うと、デザイナーと下請け会社との橋渡しをして、いかに工事をスムーズに進められるかを考える仕事です。ポジションはProject Coordinatorで、主に書類のハンドリング、図面のアップデート等を担当しています。学生のころからアルバイトをしていて、卒業を期に本採用されました。

  • 今でも留学経験を活かしていると感じるか、またはやりがい

    こちらの学校(高校、大学)ではプレゼンテーション能力が嫌でも鍛えられます。私は昔から「発表会」と名のつくものは大嫌いでしたが、鍛えられたおかげで少しは人前で話すことになれました。これは、社会人になってからも大いに役立つスキルのひとつです。

  • 今幸せに感じることはなんですか?

    仕事の間に友達とランチにいったり、仕事の後に習い事をしたり・・・日本の一般企業とは違い、個人の時間が尊重されるので、人間らしい生活ができることが幸せです。いわゆる「社畜」のような人はあまりいない気がします。

  • 日本にもしずっといたら…の自分を想像してみて、今現在とどう違ってたか。

    きっと、普通に学校に行って就職して結婚して・・・。それが不幸せだとは言いませんが、今よりも狭い世界で生きていたと思います。

  • 自分の中で今一番自信があるのはどんなところか

    海外で培ったものももちろん大切ですが、日本人らしさを失わないように努力しています。些細なことですが、時間を守ったり与えられた仕事をきっちりとこなしたり。「空気を読む」能力は思った以上に使えます。

  • 何歳の時に留学、または2年以上の長期滞在されましたか

    三歳以降はほとんど海外で過ごしていますが、中学二年の時にバンクーバーに来るまで英語はほとんど話せませんでした。

  • 期間

    上記参照。

  • 留学/海外に住むきっかけ(簡潔に)

    親の仕事の都合。

  • あなたが思うバンクーバーの魅力は何だと思いますか?

    北米の中では治安がよく、自然が豊かなところ。

  • 海外に行ってよかったと思う事

    英語が話せず、自分の思ったことを相手に伝えられなかったこと。学校から帰って泣いて過ごす日も多かったです。私は内向的なので言語の壁を乗り越えるのも遅く、苦労しました。今でも正直乗り越えられているのか不安ですが、自分の得意なことを伸ばすことで自信につなげました。私の場合は数学が得意だったので、一生懸命勉強して積極的に模試にも参加しました。そうこうしているうちに、「すごいねー、教えてー」と回りに人が集まってきました。全力でドヤ顔でしたね、そういう時は。

  • 海外に行って困った事、またどのように乗り越えたか

    留学に渡ってすぐの頃、自分の伝えたいことがうまく伝わらなくてもどかしいような悔しい気持ちになりました。また、耳も全然聞こえない時、聞き取ろうと必死でしたね。もともとはっきり言えない日本人独特のイエスマンだったので、欲しいものが伝わらず間違った買い物をしても指摘する事なく買ってしまったりしていました(笑)。英語はYESとNOがはっきりしているので、時間が過ぎると、気づいたらははっきりと相手に伝えられるようになっていたのは自分でも驚きでした。ただニュアンスなどの言い方を勉強したりして毎日の会話で実践して使えるように努力はしました。
    あとは、当たり前ですが、親への感謝を実感しました。毎日のお弁当、洗濯、掃除、心の支えなど日本では当たり前すぎて気づかなかったことに、離れて初めて気が付きました。

  • 来る前に心配だったことは何か

    楽天的なのでとくになにも考えていなかったかもしれません。

  • 来る前に日本でできることって今思うと何だったか

    言語は付け焼刃で磨いてもどうしようもないので、どちらかというとその国の文化や流行をリサーチしておくことが大事だと思います。特に女の子はおしゃべりが好きなので、話題についていけるとつたない英語でも友達の輪に入っていきやすいです。男の子の場合は「サッカーやろうぜ!」「お前サッカーうまいな!友達になるわ!」みたいなノリでも結構いけますが、女の子は複雑なのです笑

  • 将来、自分の子供に留学を進めるか、なぜ

    子供の意思を尊重しますが、海外にでることは勧めます。世界はこんなに広いんだということを知ってもらいたいです。

  • 最後に、これから来る留学ナデシコにメッセージを

    「日本が好きだから留学はしない」という意見をよく聞きます。でも、日本が好きだからこそ、海外に出て欲しい。国内からの視点では気づかないこと、たくさんあります。日本のいいところ、悪いところ、自分ってどんな人間なのか、世界にはどんな人間がいるのか。外国人になる必要なんてないんです。自分らしさを大切に、色々なことを吸収して日本に持ち帰ってほしいです。 色々書きましたが、Have tons of fun!!これに尽きますね。