見えないものに怯えることこそ怖い!話。

こんばんは~日本から~3連休の最終日から~Yukikoですー(*´ω`)


今日は早速告知しますぜー!!!



12月5日(土)に大阪梅田にて留学相談会を開催します!個別制なので、ゆったりお話できますよ。

とくに高校留学は今がシーズン!!資料もたんとありますので、ぜひお気軽にいらしてくださいね(^^)/

ご予約はコチラのお問い合わせフォームより、ご希望のお時間とご相談内容をざっくりと明記の上、ご予約ください~。場所は未定ですが、梅田駅近くを予定しています。



さてさて!


今日はちょっと意味深なタイトルですよね~。


そう、ちょっと私も考えちゃう出来事があったのです。


つい先日、フランスで凄惨なテロが起こりましたね。ISが仕掛けた同時テロで、同じ先進国という意味で親近感のあるフランスで起きたテロなので、衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。


個人的にはテロは許せませんが、人の命を奪うどころか、人の希望まで奪うという点で許せません。


というのも、テロが起きて数日後、春からの留学の準備を進めていた方からこんなメールが届きました。


「フランスでテロが起きて、海外に出ることを親が心配している。親は改めて考え直す機会なのではないかといい、安全そうなニュージーランドも勧められた。でもいいと思うプログラムがないので…。カナダ現地はどのような状況でしょうか?」


と。

この方はすでに学校へのお申込みを済ませている方だったので、キャンセルするとキャンセル料が数万円発生してしまいます。


これは…!!

もったいない…!!!!


人をこういう閉鎖的な気持ちにさせてしまうテロが許せません。

そして親御さんが心配される気持ちもとっても分かるんです。


私が留学に出ていたときには東北3.11の地震がありました。


家族はしきりに「カナダは地震あるの!?」と聞いてきましたし、世間で起こる物騒なことに呼応して、留学の気持ちが閉じこもっていく風潮は身近なところでも見て取れます。

ツイッターなんかでも、今は「フランス留学したい」とつぶやく人がかなり少なくなりました。


でも、果たして本当に海外留学は危険?カナダは危険なのでしょうか??

そしてニュージーランドは安全な場所??


テロに限って言えば、カナダは新首相のジャスティントルドー氏を迎え、「イスラム国からの空爆撤退」を表明しました。

これまでターゲットとなったトルコ、フランス、オーストラリアなどは空爆実施国であり、イスラム国はテロを「空爆への報復」と明言しています。


撤退を表明したばかりのカナダはテロの危険性にあふれた国なのでしょうか?

軍事的協力は示しており、人道的支援である難民受け入れはともにしているので、ニュージーランドとカナダは現在では同じ立ち位置です。同じ条件下において、せっかく準備してきた、行きたいプログラムを見えない「何か」に怯えてあきらめる…。

もったいない気がしてしまいます。


よく言われるのが、

留学先でテロに遭わなくても日本で地震に遭うかもしれない

日本で地震に遭わなくても外で交通事故に遭うかもしれない

外で交通事故に遭わなくても家の中で大怪我をするかもしれない


という精神論です。


親御さんたちの心配がこの精神論で払拭されるものではないことは重々理解しているのですが…一定の平穏と治安を保った国への留学は、端的に言えばそういうことです。

何かが起こる可能性は、日本と同じ。

極端に危険な地域に行くのではない限り、そういうことなのです。


私は正直、日本とカナダだとカナダの方が安全に感じるときもあります。

近隣諸国との軋轢にきしむ日本、安保法案を成立させイケイケの日本、地震大国日本…。


とくに地震に関していえば、カナダに住むことは逃亡に近いです。


どこが安全、危険、というのは一定の平穏な環境下では到底予測できないものです。

目に見えないというのは、そういうことなのです。


でも、ただ悲惨なフランスの状況をテレビで見るだけでなく、何が原因で、何がこれを引き起こし、それから自分たちは遠いのか近いのか、正しい専門的な情報から位置関係を把握することはできます。

これが私が思う、私たちに今問われている能力です。


それをせずに見えないものに怯えて閉じこもることこそ、テロよりも地震よりも怖いことだと感じます。

だって終わりが来ないですよね。


ここで本質を探らずにやみくもに閉じこもっていくのか、本質を探ったうえで今は身を潜めるのか…


そして自分が一体何に怯えているのかを明確にして、事実をきちんとつかむ。恐怖を終わらせる。

治安を不安に思うことも、どんな不安や心配があり、それをどのように避けられるのか、もしくは避けられない場所なのか。それを明確にさせることで、見えない不安が少しずつ見えるようになります。


本当に後悔しない、タイミングを逃さないようにするには、奥の奥まで考えることが必要なのでは、とちょっと思ったりします。

タイミングって本当に大事ですから。一生の出会いになるものも、タイミングがずれるとなくなってしまったり。


その方がどのようにされるのか、まだ分からないのですが、どうかどうか、本当の核の部分を知った上で決めていただけることを願います。

大学を休学するために、先生たちに会議も開いてもらって決めたことなんですって。


でもこういうことって、結局他人が言っても仕方なかったりしますよねー(´・ω・`)

私は他人にどうこう言われても、結局自分のしたいようにしちゃうタイプ。


「今留学したいんだからテロで死んでも後悔しない!!」とか啖呵きっちゃいそうなタイプ(´・ω・`)


でも、そこが一番大事なところな気が!!死ぬときに後悔しないように!

親側からしたら不安な生き方ですよね(笑)


私の両親、本当によく理解してくれて見守ってくれてるなぁって思いますー(*´ω`)

はぁ~ありがたや~


私は大人なのでいいのですが、まだ学生さんだとある程度親御さんが守ってあげないといけないので、こういう心配や恐怖も出てきてしまいますよね。うんうん。


というわけで、今日はちょっとシリアスな話題でしたー!

そしてあくまで持論ですので、No Offenseでお願いします!!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です