こんな大人女子のカナダ留学どうですか?


こんばんは、Yukikoです!

実は今、カナダからパートナーが日本にやってきているので、忙しいんです。 いやそれは嘘です。 今週末くらいから忙しくなるんです、の間違いでした。

なので出来る仕事を今のうちにって思っているので、気が焦りますね~ ブログネタも全然なくて気が焦りますね~

今日のテーマは大人女子の留学!

よいですか、みなさん。

私はカナダでたくさん留学生を見てきました。 そして見事移民を果たした日本人もたくさん見ました。 でも、ふたを開けてみると、移民をされた方、大人になってから留学した方も多いんですよ。 日本にいると、大人になってからの留学に限界をなんとなく感じる人って多いんじゃないでしょうか?

「今さら行ってどうなるのかな?」とか 「英語は上達するのかな?」とか 「一体何のためになるんだろう?遊びに行くだけって思われちゃう?」とかね。

私もかつてはそうでした。 初めての留学は十代でしたが、極めて短期だったので、長期の本気留学は社会人になってからのこと。 それでも、人生をこのように狂おしく愛おしいものにシフトしました。 いくつになっても、留学って人を変えるんです。

というわけで、悩める大人女子の背中を押してみよう企画! もしくは金銭的な事情で大人になってからじゃないと留学に行けない若い女の子の応援企画!

私が今思い描く、 ”大人留学パーフェクトプラン”をご紹介。

残念ながら留学当初は留学カウンセラーではなかったので、これらは叶えられませんでしたが、今もう一度戻れるなら私がやり直したい留学をちょっと妄想してみました~

まず、大事なのは学校。 学校はもちろん、専門学校を選んでいたでしょう!

やっぱり英語の伸びが全然違うし、平均年齢も上めだし、スキルも身に付くし… 私の場合は日本でマーケティングをしていたので、ビジネスコースのマーケティング専攻を選んでいたでしょう。

英語力はおそらくぎりぎりだったので、日本でちょっと勉強したというテイにしておきましょう。 予算も現実的に考えて、6ヶ月勉強+6ヶ月co-opインターンのコースにします。 そしたらアルバイトができるので、最低限の準備金でOK、でも滞在は長めという大人向けの内容です。

そして住まいはダウンタウンのコンドミニアム! …もちろんシェアですが。

これはかつて私がしていた生活に限りなく近いものですが、あれでよかったです。 カナディアンとルームシェアして、たまにお互いに料理を交換したりします。 あと世間話をしたり。

バンクーバーのコンドミニアムは大体の場合でプールやジムがついています。 そんなところで学校の後や休日はエクササイズ…うーん非常にバンクーバーっぽいです。

ちなみに私が住んでいたところもジムありました。サウナもプールもジャグジーもありました。 でもそんなに行きませんでした。 それが現実です。 怠慢はどんなに設備があっても怠慢なのです。

でも一度、仲良しのGirlsで「最近私たち食べすぎよ!エクササイズデーにしましょ!」と集まってジムでみんなで汗を流しました。 女子っぽいですよね。 その後カレーライスとか結局もりもり食べちゃうところも女子っぽかったです。

image

ちなみにこの写真の一番右のコンドミニアムの19階に住んでました。 目の前に大きな公園のあるいい立地でしたね。 学校にも職場にも歩いて20分以内でした。

そんな感じで勉強、アルバイト、遊びに精を出します。

私が「大人女子」といいたかったのはこの遊びの部分! もちろん平日はきちんと勉強やバイトに精を出すということを前提として、こんな楽しみがバンクーバーにはあります(*´▽`*) 写真でご紹介~

image

土日の朝はブランチに出かけるカナディアンがいっぱい! 街にもブランチで有名なおしゃれなお店がいっぱいあるんですよ。

こんなブランチに、+してミモザ(オレンジジュースの爽やかなカクテル)を飲んでみたり…

そして、お昼はイングリッシュベイなどのビーチでのんびり… image

少し遠出してサイクリングなんかもいいですね。 image

そして夜はGirlsや仲良しグループで集まってワインバーへ(>_<) このお店は友人たちが最近見つけた一押しのお店みたいです。 もちろんバンクーバーに出張のときに連れて行ってくれとせがみ済みです。

image image ビール中心のパブでもビールバージョンがあるんですが、このワインバーでも少しずつテイスティングできるメニューがあるんです。 こういうの、女子にうれしいですよね~。

そしてたまにははしゃいでクラブに出かけたりしてもいいですね! party-girls ※イメージです。こんなにキラキラしていません。

正直、クラブには素敵な出会いなど皆無で、若い女子にはおすすめしませんが、酸いも甘いも嚙み分ける大人女子は独自の楽しさを発見できるはずです。 私はひたすら踊り明かすという楽しさを発見しました。

ちなみに日本ではクラブなんてハイカラなところに行けないですが、バンクーバーだと踊る人の割合が多いので行けちゃいます。

そんな休日を楽しみつつ…

平日はおしゃれなカフェで勉強したり image belcafe-392

自炊はこだわって料理してみたり、あちこちにあるホールフーズのようなオーガニック系スーパーでなんとなくふらふらしてみたり image

たまにはカナダらしくジャンキーなものも食べたり(でも外で爽やかに) image

そしてまたあくる休日には、バスで3時間ほどのシアトルに日帰り旅行に出かけてみたり。

image image

日本に似ているんだけど、少し違う、時がゆっくりと穏やかに過ぎるのを楽しんでみるのもおすすめです。 毎日が少しだけ、キラキラしているような気がしちゃいます。

おしゃれなものも、健康的なものも、新しいものも考え方も!

全部が過度すぎずに取り込めるのがバンクーバーです。 そういう生活を一緒に楽しめる、仲良しの友達も留学生またネイティブ問わず作りやすい環境というのがなによりのポイントで、 私は全部が「ちょうどいい」バンクーバーが大好きです。

私のバンクーバー愛を語る回みたいになっちゃいましたが、そんな生活がすぐそこでみなさんを待っていますよ! 本当に、こんな感じの生活です。 嘘偽りはなく、写真も全部自分の写真か友人の写真です。 (クラブのイメージ写真は違います。。)

ぜひぜひ、一歩踏み出して、数か月でもチャレンジしてみてほしいです。 きっとこれまでの価値観も自分の世界も、一新されちゃうような人生の出来事になりますから\(^o^)/

と、そんなこと書いてたら本気でバンクーバー行きたくなっちゃった… もう夏の出張のチケット取っちゃおうかな~( ̄▽ ̄)

 

【告知させてください♡】

夏休みを利用したティーンのための特別プログラムを私の卒業校であるVGC Language Schoolとコラボしました!

世界中のティーンと一緒に午前は勉強、午後は楽しいアクティビティで英会話が自然に生まれる理想的な環境です(*^_^*)

ご興味のあるかたは覗いてみてください~

サマーティーンプログラム

ポチリおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です