現役高校留学生、S君の留学インタビュー


最近は、すっかりレインクーバー(rain + Vancouver)の季節になりました。

午前中は豪雨かと思いきや、今は小雨が降ってたり、、、どっちにしても雨か(笑)


昨日、日本の友人から「明日から甥っ子くんが短期でバンクーバーの姉妹校に留学兼観光で行くよ〜」と、甥っ子くんがスーツケースを持っている写真と一緒にメッセージがきました。
せっかくバンクーバーに来るのにこんなに毎日雨でもったいない!
もっとバンクーバーの魅力を伝えたい!と観光案内をするわけでもないのに勝手にお節介魂が燃えました(笑)


あんなに楽しかった夏はいずこへ。。。
はい、夏はハイキング、キャンプ、カヌー、ビーチでのんびり、BBQなどなどカナダらしい夏のアクティビティをしまくった現地スタッフのAkimiです。


本題の前に告知だけ入れます!


11月3日(金祝)、4日(土)に東京にて個別相談会を開催!

カナダ大使館留学フェアに合わせ、11月3日4日(金祝、土)池袋にて留学個別相談会を開催します。個別制なので相談内容は中学高校留学、語学留学、ワーホリ、専門学校留学などなんでもOKです。ゼロからお話いたします!ご参加ご希望の方はコチラのリンクからご予約下さい。



さて。今日は、7月末にバンクーバーに渡航しESL終了後、9月よりケロウナに高校留学をしているS君にインタビューをしました。
ナデシコは女の子専門の留学を扱っていますが、ナデシコ留学と提携の現地サポートをしているCOSカナダ留学サポートデスクからの紹介でS君のサポートをしています。

S君は、まだカナダ留学をして3ヶ月ですが、目標を高く持ち、それに向かって頑張っています。留学生とはなるべく固まらずに現地の学生と積極的に接して英語環境を作っています。

インタビューをしていてもS君の頑張りがヒシヒシと伝わり、留学3ヶ月目の今少し辛くも感じるようで、私もカナダに来て頑張っていた頃を思い出しました(´;Д;`)
こればっかりは、必ず気持ちの波があるんですよねー。目標を高く持ち、頑張っているからこそ、そのギャップに焦ってしまい落ち込んでしまう、私もそうでした。


でも、ここを乗り越えられる、そして必ず結果として返ってきて、留学が終わる一年後には成長できるS君だと自信を持って言える生徒さんです(`・ω・´)
私も初心にかえり、頑張ろう!という気持ちにさせられました!!


ではでは、現役留学生のS君のインタビューです。



<プロフィール>
日本で高校二年生の1学期が終了し、夏休みの2017年7月末にバンクーバーに渡航後、3週間ESLに通う。
その後、9月よりケロウナの高校Gr11をスタートし、一年後に帰国予定。


Q. 留学しようと思ったきっかけはなんですか?

去年の夏に1ヶ月だけアメリカに住んでいる叔母さんの家に泊まって、塾に通ったり一緒に買い物に行ったりした時に一度の短期留学では、まだ足りないと思ったので今回の長い一年間の留学にしたのと、高校生の時間がある時に留学したいと思ったからです。

Q. いつ留学したいと思い、いつ決めましたか?

去年のアメリカ短期留学の後の9月ぐらいに決めました。

Q. 留学までどんなことを調べましたか?

インターネットを利用してできるだけの情報を集めたり、1ヶ月ぐらいは留学エージェント探しをしました。留学エージェントが決まってからは、留学した時に備えて留学での辛さが減るように空いた時間に映画を観たりしていました。

Q. 今回の留学以外に海外経験はありますか?

アメリカの叔母さん家に滞在した1ヶ月だけです。

Q. 留学期間はいつからいつまでですか?

2017年7月終わりから2018年6月までです。

Q. バンクーバーに留学してみてどう感じましたか?バンクーバーの魅力はなんですか?

アジア系が多く親近感がありました。街並みがちょっと日本に似てるかなと感じました。
魅力は、美味しいレストランが多いです。ジム、きれいな図書館、映画館、公園などの施設が多いから暇つぶしもできるし、逆に忙しくもあります。また、交通網が発達してるのも魅力です。

Q. 高校開始前のESLはどうでしたか?高校入学後にESLの経験を活かせましたか?

ESLは、カルチャーに慣れたことは良かったが、アジア人だらけだったので思った以上の英語力がつかなかったです。でも、少人数クラスだったから先生と距離が近くて、わからないところがあったらすぐ聞けました。
ESLに色んな人種がいたから、いきなり高校に入る前に他国の文化を尊重できるようになりました。

Q. ケロウナに留学してみてどう感じましたか?ケロウナの魅力はなんですか?

自然がきれいで全員がフレンドリーに感じました。移民が少なくて、ネイティブが多いので英語が勉強できる点が魅力です。

Q. 留学をして楽しいことはなんですか?

一日一単語でも覚えて、日に日に英語ができてきたなと感じれて、毎日勉強できてることが楽しいです。最初は簡単なwordしか理解できなくて10,20%しか理解できていなかった英語が60,70%理解できるようになって、きちんと応えられるようになったことが楽しいです。

Q. 留学をして辛いことはなんですか?

留学前の自分の理想とカナダに来てからの現実の違いが見えて辛いです。
カナダに来れば英語がすぐ身に付くし、すぐ友達ができると思ってたらそこまで簡単ではなかった。友達を作るのも自分の努力次第です。英語力がまだまだなので、話の輪にそこまで入れなかったり、ホームステイでご飯を食べていることに集中してて、突然ファミリーに話しかけられた時にすぐ反応ができないことなどが辛いです。また、他人と比べたりとネガティブになってしまうのでメンタルを強くしたいです。

Q. 今幸せに感じることはなんですか?

Fitness&Weightsの授業で自分の好きな共通の話をカナダ人と話したり、日本では経験できないような悩みができることです。友達作りに苦労したことがなかったけど、日本に帰ったら友達作りがもっと楽にできると思います。辛いこと以外全部楽しいです。

Q. 留学してよかった!と思うことは何ですか?

360度、どこからもカナダの文化、食事、風呂、寝る時間、気温、雨でもなんでも勉強になることです。ホストファミリーにカナダのご飯のマナーとかも教えてもらいました。遊んでいても全てが勉強になるので留学して良かったです。

Q. 日本の高校とカナダの高校比べて好きなところ、嫌いなところはありますか?

良いところは、変に厳しくないし、自分の好きなクラスを取れるところです。授業も座学だけというのがなく、グループワークが多いため、授業中でのコミュニケーションが多いところが好きです。
何年何組というように固定のクラスがないから友達が作りにくく、団結するような行事がないところは残念です。

Q. もし日本にずっといたら…と想像してみた時、今現在とどう違っていたと思いますか?

自分にもっともっと甘くなっていたと思います。友達作りや自分を変えないと、という意識がないまま目標もなく平凡な毎日を過ごしていただろうなと思います。

Q. 自分の中で今一番自信があるのはどんなところですか?

カナダに来てアクセントなど英語の失敗をすることを恐れずに向かっていくことに自信があり、恥ずかしさはありません。

Q. 海外に行って困った事、またどのように乗り越えましたか?

バンクーバーでバスの仕組みがわからなくて夜の11時半に逆方向に行って迷子になってしまいました。終点で降ろされて真っ暗で誰もいないし雰囲気も違うし、怖かったです。今より英語がわからなかったが喋らなきゃいけない状況だったので、勇気を出して自分の殻を破り、つたない英語で外で休憩していたバスの運転手に聞いて、なんとか辿りつけました。

Q. 来る前に心配だったことは何かありますか?

ホストファミリーがどういう感じかなと思うぐらいで特に心配はありませんでした。

Q. 来る前に日本でできることって今思うと何だったと思いますか?

学校にいるALTの先生ともう少し話していたらもっと違っていただろうなと思います。

Q. 残りの海外生活の目標はなんですか?

毎月小さい目標を何個か立てて、そこに向かってまずは頑張ること。とりあえず留学前に思ってた自分の姿にできる限り近づけるように頑張りたいです。

Q. 最後に、留学を考えているナデシコにメッセージを!

絶対に留学に来た方が良い、来るべきです。良くも悪くも経験になります。迷ってるなら来るべきです!



現役留学生の生の声はとても参考になるので有難いですね!!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です