インターネットが留学中の英語の成長を妨げる?

こんにちは~梅雨明けしてミンミン蝉が鳴いている名古屋からYukikoですー(*‘∀‘)


もうすぐ学生さんは夏休みですね!!

うらやましー宿題やるから代わってほしー


さてさて、夏休み中にも東京出張することにしました!なんとなく、2ヶ月に1回は出張しないとソワソワするようになってきました。

すでに出発を決めている方で9月に留学をスタートさせる方も多いので、出発前のオリエンもします!


夏休みのおしゃべり池袋留学相談会!
8月27日(土)~28日(日)にておしゃべり留学相談会を開催します!夏休みの最後の土日、新学期の新しいモチベーションを探しに留学について聞いてみませんか?
2017年度の高校留学や4月からの専門学校進学留学また冬休みの短期留学などなど、個別制なのでじっくりお話ができますよ。ご予約はコチラの専用ページよりどうぞ!


告知もばっちりできたので、本題に。

前回書いたブログ(ムダ毛の回)に、ちらっと前置きトークでお話しました。


私がこのテーマで考えるきっかけになったのは、とある女の子の留学相談からです。

高校留学をご検討中の女の子、お父様がストイックな方で

「スマホ、PCの使用を禁ずる!LINEも禁止!」

と、留学をするにあたって今どきなかなか珍しく厳しい条件を出されたのです。

ただそもそもPCは課題などでも使うことがあるので、持参いただいております。PCは勘弁してください。


でも、要はいつでも日本語にアクセスできてしまう「インターネット」「Wi-fi」という存在が問題視されているということ。

きっと今どきの10代の方(もしや20代も!?)にとってインターネットがそこらじゅうに飛んでいることは当たり前でしょう。


なので、留学先でも簡単に日本のお友達の顔を見て電話できるし、カナダの学校の教室にいながら日本の家族ともメールやLINEが出来てしまえます。

そして見逃した日本のドラマもアニメも、インターネットで今や簡単に視聴することができるし、日本語の歌もダウンロードできるし、ゲームもニュースも、何もかも日本の情報をそのまま海外に持ち込めます。


問題なのが、英語ができなくても留学先では、それだけで結構幸せに生きていけてしまえること。


寂しくなったらとにかくすぐに誰かに連絡できます。日本語で。

退屈だったらすぐに日本のドラマやアニメを観られます。日本語で。

最近の話題や流行を知りたければ、ググればすぐに情報が得られます。日本語で。


英語が必要な場面は、学校の授業とたまに出る買い物、あとはホストファミリーとの会話です。

たぶん、生活の半分を海外にいながら日本語に囲まれて過ごすことも可能になります。


そんなものがなかった時代の留学を想像できますか?


私が大学生のころ短期留学したときには、ネットはあれどもWi-fiという存在はまだメジャーではありませんでした。

もちろんまだまだガラケーの時代。

日本との接触は週一でコーリングカード(先払いの国際電話カード)を使ってお母さんと1時間くらい。

携帯にかけると高かったので、友達とは一切連絡を取りませんでした。

またブログやTwitterでなく、メモ帳に日記をつけていました。誰も見ないので英語日記です。


私の場合は短期だったのでさして問題ではありませんが、考えてみてください。

これが半年、1年、2年となったときの、最終的な差を…。


留学をお手伝いしてくれている外部スタッフに、現在40代前半ほどの女性がいます。

彼女はバンクーバーに2年ほど大学留学していたそう。

そして彼女は言いました。


「今どきの子の留学は過保護!私のときなんて安否確認は文通だったから!すぐ繋がれるから、本人だけでなくて親御さんもすぐに連絡を取ってしまうのよね。昔の留学生は子どもも親もタフでないとやっていけなかった。」


と。


確かに、繋がれることが当たり前すぎて、学生さんだけでなく親御様もかなり神経過敏に監視の目を光らせるようになった気がします。

ときどき学生さんが「心配なのは分かるけど重荷に感じる」と言っていることもあるので、親の心子知らずですが、これもネットの影響かなぁと。


ここは賛否両論ですよね。

何より大事なのは安全ですから。たくましいことだけがすべてではない気もします。


また、今の時代のネットが当たり前の学生たちに「ネットなし留学」を強いるのはかなり勇気がいることです。

精神のバランスが崩れやすい留学中、間違いなくお友達や親御さんと繋がっているという安心感が心の負荷を取り払ってくれるときがあるからです。

ただでさえ留学序盤は孤独を感じやすいのに、日本でのそういった環境に完全に慣れてしまっている学生さんから急にそれを取り上げるのは、少し怖いことでもある気がします。


親御様の方針によって、またその学生さんのタイプによって、そのあたりは慎重になってもらいたいと感じますね(´・ω・`)


個人的には留学中のネット制限は部分的に賛成です!

禁止すべきは友達や親御さんとの交流ではなく、「日本語サイト閲覧」「動画鑑賞」かなと思います。

その時間を、現地でのお友達やファミリーとの時間に充ててほしいです。


ネットにはいいところも悪いところもあります。

でもついつい頼ってしまう、甘えてしまう場所になりがちで。


我慢と制限、忍耐力など強い心が必要ですが、いいところだけを利用できるようになるといいですね。

やっぱり安否確認のことを考えると、これ以上のものはありませんから。


ただ、本当にカナダでの生活を楽しむようになった子は、自然とネットでの日本との繋がりから離れていきます。

よく現地生活をエンジョイしている子で

「Twitterログインするの久しぶり!」とか「LINE全然見てないから急ぎのときはメールください」みたいなことを書いている留学生がいます。

現地の生活が楽しい証拠ですね~。すてき。

外国人はあまりLINE使わないですからね。


と、今日はわりと熱く語ってしまいました!

でも留学を考えている方にはぜひ知っておいてもらいたいことだと思います。

親御様とよく話合っておいてほしいトピックです。


ではでは、今週もあとわずか!
がんばりましょう~(∩´∀`)∩

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です