君はこの英会話本を知っているか

こんにちは~毎度毎度Yukikoですー(・ω・)

日本からです。ろんもち。


今日は読書の秋ということで、おすすめ英会話本のお話ですよ。…とその前に。


また次回の相談会の告知でございまーす(∩´∀`)∩

東京留学相談会が終わったと思いきや!




来る11月6日(金)7日(土)はカナダ大使館留学フェア!

ということで、6日~7日(14時ごろまで)は会場におりますので、もし留学情報収集のヘルプが必要な場合、一緒に回りたい!という場合、質問したいことがある!場合、現地でもお気軽にメールやTwitterでのご連絡をお待ちしております!事前にご連絡いただければ、現地にて待ち合わせで一緒に回りますよ(^^)/

さらに7日(土)14時~、8日(日)終日は個別相談会として、お近くのカフェで収集した情報をもとに個別のご相談にのります。

こちらだけのご参加ももちろんOKです!ご予約はこちらのお問い合わせフォームよりご希望のお時間とご連絡先を書いて送ってくださいね。



THE告知ですね!


さてさて、今日の本題。

あなたはこの書を知っているでしょうか。


image


Da-Dah—!

(英語で「じゃじゃーん」って「ダダー」って言います。)


バンクーバー発!とありますが、実はこの本の著者、ナデシコ留学の運営元COSカナダ留学サポートデスクをお手伝いしてくれていたスタッフでもあるQなんです!!

ナデシコ留学で留学された方は、もれなく空港お出迎えでQに会っているはず。気のいいお兄さんでございます。


Qとか呼んでいますが、実際は私はQさんと呼んでいます。呼び捨てなんてそんな大そうなことはできないお人です。


Qさんはもともとイラストレーター。「バンクーバーな僕ら」というバンクーバーでの生活を4コマにしたウェブサイトで活躍している方です。(でも最近イラストや本のお仕事で忙しくなって更新ストップしています)

ナデシコでも使っているフライヤーなどをデザインしてくれたり、各種資料を作ってくれたりと、クリエイティブなお仕事も担当しておりました。


とくにこれまで「すごい人なんだぜ!」アピールをしてこなかったのですが、実はすごい人だったのです!


というわけで、もうお気づきの方もいるかもしれませんが…

そう…

実は…

このブログも…


THE告知!!!!


Qさんの2冊目の本が出ましたー(*´Д`)!!


image


Da-Dah—!!!


この前発売されたばかり!!

なんとナデシコへのサイン付きでいただきました~\(^o^)/

オフィスに来た方はおっしゃっていただければ手に取ってじっくり見てもらえますよ~でも本屋さんに行ったほうが早いです~。


image


1冊目がかなり好評で、の2冊目のお話だったようですが、とにかくこの英会話本のいいところは飽きないこと。

Qさん本人も含む3人の個性ある登場人物(Q、David、Shino)がストーリー仕立ててで本を進めるので、本当にマンガを読むようにさくっといってしまえます。


マンガのようにさくっといくのがまず1周目。

そして合間合間のブレーク記事などを読みこんでいくのが2周目。

音声付き(ダウンロードできるようになってます。)で聞くのが3周目。

実際に使う場面をイメージしてシャドウイングして使うのが4周目。


と、段階を踏んでいける楽しさがあります。

字ばかりの本って何周もする気失せるんですよね。とくに英語本。。


ダウンロード音声を通学通勤中に聞くのもいいですよね~。


内容は極めて「英会話」!

2冊目にはリアルなSh*tやF*ck使いも出てくるほど。。でも本当に聞かない日はないですから、この言葉たち。

毎日この本に出てくる表現は必ずどこかで聞きます。そのまま「あーまるっきりこの会話したことある!」っていう感じです。


私がこの2冊目で素敵!と思うのは、後半になると、どのようにして日本を紹介すればよいかを中心にお話が進むところ。東京オリンピックを意識した内容にもなります。さすがです!!

東京オリンピックはさておき、留学に行く人にとっても日本をどのように紹介するかはその表現ともに押さえておきたいところ。


前回書いたブログでも、日本を海外の人に紹介することってとっても大事で、できないと一番悔しさがこみ上げるところというのはお話しましたが。


あと、途中のコーヒーブレークのページでは、分かりづらかった前置詞をイラストで表現してくれていたり、時間の「4時まで15分前だよ」とかいうちょっと小粋な表現を紹介してくれているところ。

いいです。


Qさんは英語ぺらっぺらです。

初めてカナダで会った時は、正直彼のことをジャパニーズカナディアン(カナダで生まれ育った日系人)だと思っていました。


でも誰かに「Qさんってジャパカナでしょ?」と聞いたら「違うよ、確か日本で普通に育って高校のときに1年カナダに留学してるだけだったと思うよ。基本私たちと同じベースの日本人。」と言われて「えー!!!!」と思った記憶があります。


いくら高校1年をカナダで過ごしたとはいえ、あれだけの英語力を維持し会得するにはかなりの努力をされたんだろうと思います。しかもQさんは日本語能力も非常に高い。メールのやり取りをしていても、敬語や熟語の使い方が美しいんです。

そんな言語に対して努力をしたQさんだからこそ、教えられるものがあるんだろうなーとこの本を眺めていると思います。


とくに途中で出てくる、「英語力の成長の仕方」についての考え方もまさに!

努力や苦節をした人だから見いだせるところなんだと思います。


高校留学を目指しているナデシコたちにも、ぜひぜひ伝えたい「例」の一人でもあるQさんです。

高校留学したらみなさんも本出せるかもですよ(‘ω’)ノ ←安易。


1冊目と2冊目、並べるとちょうどクリスマスカラー!!!ということで、クリスマスギフトにもおすすめ♡


…こういうふざけた宣伝の仕方をしているとQさんに怒られるかもなのでほどほどにします。


でも百聞は一見に如かず!本屋さんでそろそろ並んでいると思うので、ぜひ手に取って見てみてくださいね(*´ω`)

そしてお気に召したらご購入をお願いいたします~(∩´∀`)∩


と、今日はモロ告知&宣伝でした(´・ω・`)

皆さま、今週も張り切って頑張りましょう!


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です