カード社会!カナダ -デビットカードは宝物

こんばんは!今日も名古屋からYukikoがぼんやりとお届けです!!


今日こそ更新するぞ!と朝から息巻いていたのに、気づけばもうこんな時間…。

しかも仕事ももう終わりの時間なのでぼんやり…帰りたい…。


ぼんやりして居眠りしてしまう前に今日は早速本題に入ります!

珍しく告知なしです。巻きでいきます(・ω・)

でも次回くらいにします。大阪相談会を12月に検討中なのです(*´ω`)


swipe-fees


先日、ショッピングを楽しんでいました。全然寒くならないのに、とりあえず冬物がかわいいから冬物を買い漁り…。


で、いざ支払い。私は大きな買い物はカナダに留学して以来、カードを使うようになりました。ポイント貯まってTポイントに換えるときの喜びハンパないです。

でも、そこで聞かれる質問「お支払いはご一括で?」の一言にいつまでも慣れません…。


カナダで聞かれたことない!!!!!


リボ払いとかあるのかなぁ…。これ、カナダクレジットカードあるあるです。


そしてあるあるその2。JCBは使えない。


JCBカードって結構日本人は持っている方多いですよね。カナダではあまり使えるお店がありません。ホテルや百貨店くらいかなぁ?

カナダはVISAまたはMASTER、ときどきAMEX(アメリカンエクスプレス)という感じなので、もしこれからカードを留学用に作られる方は上記のどちらかにしてくださいね。


カナダでは、2ドルのスタバでのコーヒー購入時でも当たり前にクレジットカードを使います。みんな全然気にせず、本当に当たり前です。電車の券売機でもクレジットカードは使えますし、自動販売機も使えるものは多いはずです。


使えるお店も本当に多く、飲食店なんかだと逆に使えないお店の方が探すのが大変なくらい。


また、クレジットカードのほかによく使われているものとして、デビットカードというものがあります。

デビットは、クレジットカードと異なりカードをきるとその場で口座から現金が落ちます。なので銀行口座残高が0円だと使えません。


このデビットを日本で用意されてくる方は、日本の口座と紐づいています。日本ではよくクレジットカードを作るときに付帯機能として付けるかどうか選択できます。デビットカードだけのカードでも作れるみたいですが。


こんな感じでDebitとクレジットカードのキャリアが並んでいます。


New-bank-fees-on-horizon-after-debit-fee-cap-JV6UFF5-x-large


カナダでは銀行口座を開くとその口座のキャッシュカード(ATMで現金を下ろすカード)をもらえますが、それがデビットカードになっている機能付帯のパターンが当たり前です。要はキャッシュカードとデビットカードは1枚になっていて、申し込みなどもする必要なく、無条件にそのキャッシュカード&デビットカードをもらうことができます。

carousel


これんな感じのチップ入りのカード。何も書いてませんが、これ、キャッシュカード&デビットカードです。


そして、日本と大きく違うところは、クレジットカード同様にデビットカードが使えるお店がかなり多いこと。むしろクレジットカードが使えるお店より多いと思います。

Interac


このマークがあれば使えます。ときどきDebitをInteracと呼ぶ人もいます。


日本ってデビットカード使えるところ、本当に少ないんですよ~シンプルでいいシステムだと思うんですけどね。

私の知る限り、ドン・キホーテくらいしかないです。


デビットカードがあれば、「あっ現金がお財布にない!ATMで下ろさなきゃ!」ということがありません。デビットカードをきればいいだけなので。使いすぎることも、基本的には口座にある分しか使えないので、クレジットカードよりはないかと思います。


口座を開けた銀行によっては、ひと月のカードをきる無料の回数に限度があり、その後は1ドルとか2ドルとかチャージされますが、結構無制限で無料の銀行も多いです。限度があっても、まずまずひと月なら十分な回数であったり。


と、カナダではクレジットカード、デビットカードと2種類のカードがかなり普遍的に使用できるため、多額の現金を持ち歩くことがほぼありません!!!

よくあるのが、「あ、今日現金3ドルしかないや」みたいな会話です。


私も留学から帰ってきてこの癖が抜けず、平気で現金500円くらいしか持たずに旅行に(!)行ったことすらあります。

最近でも出張なんか、1000円くらいの所持金で行ってしまいます…。

もちろんクレジットカードは持ってますけどね!


そして何より、クレジットカードやデビットカードなどの自分の名前がローマ字で表記されているカードは自分のID(身分証明書)として機能します。

ただ、写真入りではないので、あくまで便宜的な位置づけです。


たとえばカナダではアルコールの購入、また居酒屋さんやパブなどで2つのIDの提示が求められます。1つはパスポートなどの写真入りのもの、2つめがローマ字の名前の印字があるカードです。

このときクレジットカードやデビットカードを利用できます。


クレジットカードは長期滞在の方も短期滞在の方も1枚持っておくことをおすすめします。

学生さんなら学生さん用のカードがありますよ。年会費無料のものもありますので、検索してみてくださいね。


デビットカードは日本で作っていったものは時々カナダで機能しないことがある(使えるとうたっていても実際使えないことも…)ので、お守り程度にお持ちいただくといいですね。


そして半年以上滞在の方は口座も開いて、カナダメイドのキャッシュカード&デビットカードを持ってください。

ナデシコ留学では、到着後の銀行口座開設のサポートもあります!怖いことなんてなにもない!!


というわけで、今日はちょっと役に立つ、カードのお話でした\(^o^)/


今週もがんばりましょう~!!!


2 返信
    • YUKIKO
      YUKIKO says:

      >はるみさん
      お返事が遅くなってごめんなさい…!!
      デビットカードはカナダ現地で作りました。クレジットカードは日本でマスターとVISAを一枚ずつ作りましたよ(^^)/

      返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です