だからカナダが好き!カナダのゆるさをとくと見よ!!

こんにちは~TGIF~(∩´∀`)∩


先ほどツイートでも「今日はTGIFの日ですね。みなさまよい金曜日のウキウキを♡」とつぶやきました。


が、ナデシコは土日関係なく営業中なのでハナキンでもないです!可哀想と同情するならどしどし問い合わせてください!

同情するなら問い合わせくれ!!(年齢がばれるやつ)


とテンションだけは高めの金曜日です。

今日はもうすぐバンクーバーのステキ語学学校CCELさんからやってきたステキカウンセラーのArisaさんがご来社するのです(*´ω`)いつもさもしく地味に仕事をしている私にキラキラとしたステキな風が吹くわ~

このお話はまた別の回に。


さて、くだらない話もそこそこに、本題に入る前に告知させてください(^^)/


【6月11日(土)12日(日)に池袋でのおしゃべり留学相談会を開催します!】
 
毎度好評の「おしゃべり」な留学相談会を6月11~12日で開催します。
場所は東京池袋駅より徒歩ですぐの個室にて。個別予約制なので、お好みの留学についてゆっくりお話できますよ(*´ω`)

夏休み留学、高校留学、保育留学などなど、お気軽にこちらのリンク先のお申込みページよりお気軽にご予約下さいませー!



というわけで本題いきます!!

今日は カナダのすばらしさを語ります。


まずこれから見てください。

mean1


Meanwhile in Canadaという結構有名な画像集からの1枚ですが、まさにカナダ人ってこんな感じです。


とりあえずSorry。

腰が低い!!!


こんな写真も。。

mean10


「この施設はソリは許可されていません。」

Sorry。



そしてお次はこちら。

mean9


カナダでは中でも大きな暴動でのおばさんのプラカードに注目。

「私、ちょっとだけ怒ってますから。」


控えめー!!!


mean7


「カナダ人の器物損壊」

-HAVE A NICE DAY


気持ちいい挨拶!!!


そうなんです。こういうカナダの控えめで腰が低いところはアメリカ人とよく並べて比べられます。


なんというか、気持ちが優しいんですよね。ちょっとだけ日本人やアジア人にも通じるところがあるかもしれません。


それでも北米なので、黙っていると気が付いたら通りこされてスルーされてしまう風潮が濃くはあります。でもアメリカほど強靭でなくてもそれなりにやっていけるし、そうあるからといって反感を買うこともなく「控えめ」であることを尊重してくれる雰囲気があります。

アメリカだと「控えめ」であることでかなり不利益を被ったりもしますし、反感すら買うことも。。


私は個人留学でオーストラリアにも訪れたことがありますが、オーストラリアもアメリカと違ってまだソフト。でも。どこか、なにかが違う。。


なんでしょうね?

オープンな感じ?陽気な感じ?


ただアメリカとカナダ、だいぶ違います!!これはハッキリ分かります。


アメリカでは英語が話せないともう決定的弱者なんですが 、カナダの方はそういったディスアドバンテージのある人たちにも平等に優しいと思います。

とくにバンクーバーのような留学生が多い都市だとみんな留学生慣れしているので、レストランの注文でまごついていても優しいまなざしで見ていてくれます。
(アメリカでは「はぁ???」みたいな目で見られた過去があります。)


こういうソフトな感じが私はとっても好きです。ガラスのハートの留学生にはピッタリ(*’▽’)


そして極めつけはこれ!

最近、LifeVancouverでも記事になっていたのですが、


カナダ政府がポケモンについてツイート。市民に怒られている件がなんかカナダ。


こちらの記事で取り上げられていたのは、カナダ政府の公式Twitterアカウントでのとある数日前のつぶやきについて。


いつもは真面目なツイートばかりのようですが、突然こんなツイートを投下。


pokemon-canada


「ポケモンはカナダに1998年にやって来たんだ!君はどのポケモンが一番カナダっぽいと思う?」


と。。。


ゆるーーーーーい\(^o^)/


市民は「ポケモンなら○○ね!」と乗り気だったり、「どうしたジャスティントルドー?」と首相を心配したり(もちろんTwitterは首相が管理しているわけではないけど)、さすがのカナディアンも様々な反応(笑)

ポケモンは日本発祥なので日本人の私たちはちょっとうれしい気持ちになりますが、市民までもを困惑させていしまうゆるさにはやや心配してしまいます。


でもこんなカナダ、本当すきです。


イベントも茶目っ気たっぷりでおふざけしてみたり、それでいて国のことも大事に思って。


最近はアジア系の富豪移民がカナダの一部の土地や不動産を買い上げることで、国民が手を出せないほど地価が上がってしまっている問題で、ちょっと移民に対しての風当たりが強いですが、それでもほかの先進国に比べたらかなり移民フレンドリーなカナダです。

外からの文化に柔軟に迎合していく姿は、これから日本も見習っていくべきポイントかもしれませんね。


と、最後はちょっと真面目になりましたが、ぜひみなさんもカナダを訪れてみたら感じることだと思います!

「カナダのこんなところが好き!」というエピソードのシェアもお待ちしておりますよ~(∩´∀`)∩


ではではみなさま、素敵な週末をお過ごしくださいませー(*^_^*)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です