カナダに短期3か月留学したYさんのその後

こんにちは~昨日、駅の階段ですっころんで落ちて服が破れ膝から血を垂れ流したまま強がっておすまし顔で電車に乗ったYukikoでーす(´◉◞౪◟◉)←最近の流行り顔文字


最近3年であったもっとも恥ずかしい出来事でした。

足がいかつめの青あざだらけ。来年の本厄に向かうにつれて最近ひどく厄づいている気がします。


(・∀・)


さてさて、ユニクロで購入したボトムから血をにじませながら、昨日の夜はある方とご飯を食べに(飲みに)行きました!


お相手はというと…

ナデシコ留学で昨年に3か月留学をしてくれたYさんですー(*´Д`)!

続きを読む

語学留学しながら高校の単位が取れるおいしい話!?代々木高校のご紹介

こんにちは~(・∀・) すっかり冬ですね。


ところで今日はブラックフライデー!といっても本場の北米は時差で明日です。

明日の北米のモールや電器屋さんはたくさんの人でごった返しますよ~


なんと日本もイオンがブラックフライデーに参入し始めました!

昨日、仕事帰りに寄ったらワインがブラックフライデー用に用意されていました。1本300円だった!!ひょー


日本でも定着するんでしょうかね(´◉◞౪◟◉)?


さて本題!


今日はバンクーバーへ語学留学しながら高校の単位が取れてしまう、一石二鳥のプログラムを提供している通信制高校の代々木高校をご紹介いたします~


これもやはり、営業に来ていただいたので感謝の気持ちを込めて(笑)

代々木高校さんとInlinguaさんの担当さんが一緒に来てくれました、Inlinguaの金太郎飴くれました(∩´∀`)∩


さてさて、端的に言いますと。

このプログラムでは、バンクーバーの語学学校の「inlingua」(インリングア)で英語を学びながら、通信制で日本の高校卒業資格が取得できます。


これにより、海外への進学と日本での進学の両方に備えることが出来るわけです!

inlingua-396

続きを読む

留学生にやさしい!?公立Camosun College(カモーソン・カレッジ)

こんにちはー(∩´∀`)∩

そろそろ寒くなってきましたね~街もイルミネーションが点灯して、昨日は生放送の歌番組もやっていたし年末感…。

年末わくわく感!!


さてさて、今日はカナダのブリティッシュコロンビア州のビクトリアにある公立コミュニティカレッジCamosun College

カモーソン・カレッジをご紹介いたしまーす(*’▽’)


interurban-campus


というのも、カモーソンカレッジの方がオフィスに学校の案内をしに来てくださったのです~

まつ毛がバッサバサのBrendanさん(男性)。長い巡業(エージェント回り)でお疲れの様子でしたが、Brendanさん自身がカモーソンカレッジ卒ということもあって、かなり説得力のあるお話でした。


img_0350

お土産にくれたゆるキャラのカムちゃん(本当はもっとカッコいい名前だったしゆるキャラ設定でもない)となんとペナント!!

北海道か!!

あとパンフ。


さて紹介に戻ります。


そもそも大学・カレッジ留学は高校留学とは似ているようでまったく異なります。

まず


1、高い英語力が必要

2、英語力がなければ語学学校で就学をする必要があるため留学総費用が高くつく

3、アルバイトができる!(週20時間まで)

4、卒業後に就職活動用のビザであるポストグラデュエーションビザがもらえる!

5、勉強は日本の大学生を想像してのんびりやっていると地獄に落ちる(単位を落とす)


の5つがどの公立大学・カレッジにも言えることです。

そう、高校留学で必要のなかった英語力が必要なのです。しかも結構なレベルでTOEICでいうと850~900くらいでしょうか。とにかく生活英語くらいはできないとお話にならないのがカレッジ・大学留学。


でも3、4に記載のあるように、ビザに対しての許容範囲が広いため、もちろん大学卒業後のそのまま現地での就職に挑戦することも可能で、実際に就職を決めている留学生もたくさんいます。

こんなところが大学・カレッジ留学の基礎知識でしょうか(・∀・)


カモーソンカレッジのあるビクトリアは年間を通じて穏やかな気候に恵まれた自然豊かな町で、アウトドアとアーバンライフの両方が楽しめるロケーションです。


camosun


田舎過ぎず、都会過ぎないといったところでしょうか。


カモーソンカレッジには12000名の学生が在籍しており、うち1600名の留学生がいます。

ただいま在籍している日本からの留学生は82人だそうです。


lansdowne-campus


カモーソンではビジネス、ホスピタリティ、保育士、看護師などなどさまざまな実務的なプログラムが用意されています。


カモーソンは1年就学のサティフィケイト(証明書)が得られるプログラム、2年のディプロマ(卒業証)、4年のBA(バチェラー・学士号)までと様々なレベルで150のプログラムから受講したい内容を選ぶことができるのです。


そして気持ちの変わりやすいデリケートでセンシティブな留学生にはうれしいお話で、プログラムの変更にも柔軟に対応してくれます。


例えば、一年のサティフィケイトの予定で留学しても、予定を変更してやっぱり2年のディプロマ、いやいややっぱり4年でバチェラー、と滞在中にどんどん延長していくことも可能です。

もちろん逆に予定を短くすることもあり。ただ授業取りの非効率は生まれる可能性があるので、できれば先に固定したプランで行かれるのがベストです。


カナダは2年以上、公立大学に通学すると、卒業後に3年のポストグラデュエーションビザという就職活動用の就労ビザがもらえます。

ちなみに1年のプログラム通学すれば1年のポストグラデュエーションビザです。2年以上なら3年でも3年、4年でも3年のポストグラデュエーションビザです。


就職活動の期間は長い方がよいという留学生は多いので、1年のつもりでもやっぱり2年に!という方は実際に多いそうですよ。


カモーソンでは専門家による実地トレーニングを実施しているので、実際の就業経験として雇用主が求める内容と合致しており、それが高い就職率につながっているようです。

近年は大学(ユニバーシティー)卒の学生が実務経験が乏しいということで、大学卒業後にカレッジに入学するという珍事すらも起こっているそうです。

ユニバーシティーはカレッジに比べて実務トレーニングが少なく、勉学という感じなんですよね。なので実力重視のカナダ社会では即戦力にならない、と、「学歴がある=就職率が良い」という日本とは違うんですって。「即戦力になる=就職率が良い」という感覚です。


カモーソンには他にもこんな魅力があります。


学費が抑えられる・・・他のバンクーバー近郊の一般的なカレッジ$17000(¥1411000)に対してカモーソンは$14000(¥1162000)と25万円ほど(2016年11月の現在レートで)抑えられます。


少人数クラス・・・約30-40人のクラスなので、先生も名前を覚えてくれる(・∀・)普通は100人程度のクラスサイズだそう。


学内の治安が良い・・・ユニバーシティーのように広いキャンパスだと構内にパブがあったり…でもカモーソンはないので、校内でばか騒ぎになったりせず穏やかに過ごせる。


ESL・・・入学にはIELTS6.0の英語力が必要ですが、足りていない留学生に対して付属のESLを設置しているなど英語のサポートもあります。


カモーソン・インターナショナルオフィス(留学生の為のオフィス)・・・プログラムや生活等のアドバイス、手続きなどのサービスを提供しています。


pictures-camosun-and-victoria


こんな素敵カレッジ、どうやって入学するんでしょうね(´◉◞౪◟◉)


入学するには?

カモーソンの入学資格


・高等学校卒業、または19歳以上であること。

・英語力(いずれかひとつ)

①BC English 12(BC州の高校の科目の一つ)のC+以上の成績

②IELTS オーバーオールスコア6.0以上で各セクション5.5未満がないこと

③TOEFL83以上



と、ちょっと英語力設定がほかのカレッジよりも低め!!

※しかしコースにより他科目のGPAも問われます。


通常IELTS6.5(セクション6.0以上)は求められます。BC English 12もB以上、とか言われますがC+なら高校留学中の留学生でも可能性は十分!!


実はカナダの高校留学をしていてそこからの大学進学でも、英語の成績によっては別途IELTSなどを提出しなくてはいけなかったりするのです。

留学生にとってEnglishでB以上を取るのはとても難しいことなので、そういった点でもうれしいですね。


実際の日本人留学生のインタビューもあります。チャンネルもあるので他にもカレッジの雰囲気を見られますよ。

学費しかり、入学レベルしかり、「ちょっとだけ最初に甘やかしてくれる」って感じがいいですね。

勉強はもちろん真面目に!!ですよ。


ただアルバイトの掛け持ちを結構している学生さんもいるということでした。うまくやれば両立もできるものなのかもしれませんね(∩´∀`)∩


というわけでカモーソンカレッジにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください~


あ~こんなことを書いているとモーレツにカレッジ留学したくなりますーひー若くて自由なみなさんにジェラシィー!!(*´Д`)


と、もう週末ですね。

みなさん、よい週末を~(・∀・)唐突に終わる~(・∀・)

国際ニュースが他人事でなくなるとき


こんにちは~お久しぶりのYukikoです(・∀・)

今日はポッキーの日ですね!!


でもポッキーの日なのは日本だけで、カナダではリメンバランスデーという祝日です!

リメンバランスデーというのは歴史的に、そして私が思う祝日のなかでももっとも重要な日で、過去にもブログ書いています。

よかったらチェックしてみてくださいませ~(*’ω’*)

「11月11日はリメンバランスデー」


これでブログ終わらせようと、アメリカの大統領選がなければ思っていたかもーふふ(´◉◞౪◟◉)


そう、大統領選!日本でもカナダでも、もはや世界各国でも!センセーショナルな結果に数日経った今でもニュースはトランプの文字でいっぱいです。

続きを読む

「トビタテ!JAPAN -高校生コース」丸わかり解説!

一段と寒くなりましたね。名古屋は雨です。(書いてるとき)


憂鬱な天気ですが…今日もナデシコでは、YukikoとMinamiの二人はお仕事がんばっています(^0^)


さて、今日は2013年から始まった、官民協働の次世代のグローバルリーダーを育てる取り組みである、

留学生支援プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」についてお話させていただきます。

通称「トビタテ」です。


このプロジェクト、は2020年までに200億円を目標に企業等から寄附を募り、1万人の意欲と能力ある若者を選び、育て上げ、社会の空気を変えていこうというすばらしい取り組みです。


この制度は高校生以上の学生ならだれもが応募できる返済不要の奨学金制度です。


今日は高校生コースのご紹介します。

続きを読む